心配!?「ダウン症の胎動」妊娠中の胎動で分かる?

ダウン症の胎動はあるのでしょうか?妊娠中の胎動でわかるのでしょうか?
女性の結婚の高齢化、初出産の高齢化が進んでいます。
出産の高齢化が進むと胎児のダウン症のリスクも大きくなってきます。
最近では、医学の進歩により妊娠中に検査によって調べることができますが、それ以外にダウン症が解る方法があります。

view8194

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日本人女性の初出産年齢が過去最高記録を更新中!?

  • 高齢出産化が進んでいる!?

     

    女性の大学進学率や、社会進出によって、女性の結婚年齢や出産年齢も上昇しつつあります。

    考えてみると、昔は女性は18歳を過ぎると、お見合いなどですぐに結婚をしていましたが、現在では、大学や専門学校、さらに大学院まで進学し卒業すると、22歳から24、25歳ぐらいになってしまいます。

    せっかく身につけた学業の知識を活かすには、さらに就職をし社会で活躍するとなると、当然婚礼年齢も高くなってしまいます。

    高齢出産化は、今や当たり前の社会現象なのかもしれません。

  • 厚生労働省が2012年度に発表した人口動態系統のデーターがあります。
    そのデーターには、日本人女性の初産年齢が、30,1歳と初めて30歳をオーバーすることになったのです。

    ちなみにベビーブームと言われた1975年代の平均は25.7歳でした。

    医学的に、高齢出産年齢は35歳からと言われています。

    女性の社会進出や経済的な自立という社会情勢も手伝ってか、高齢出産は今や当たり前となってきました。

  • 妊娠とダウン症

  • 妊娠とダウン症の関係は、妊娠された方や相手の年齢によって変わってくるきます。妊娠 ダウン症の出生頻度は1000人に1人ですが、高齢出産によって頻度は増すようです。母親の年齢が30歳以上から妊娠 ダウン症が増え、35歳を越えるあたりから妊娠 ダウン症の出生頻度は大きく増加します。
    出典 :妊娠 ダウン症
  • 女性の社会進出に伴い、3~40代で初出産を行う人も少なくありません。高齢出産にあたる35歳以上で出産する事も多くなっておりますが、35歳を境に様々なリスクが生じてきます。妊娠 ダウン症もその1つであり、35歳では発生率が1/400と高くなっており、年を重ねる毎にその確立も高まってくようです。
    出典 :妊娠 ダウン症
  • 妊娠とダウン症は

     

    高齢になればなるほど確率が上がるそうです。染色体の異常なので、いつ起きるか、そして予防なんて事はできませんが発生する事があるので注意が必要ですね。

  • 高齢出産で一番心配なことは、やはりダウン症のリスクを心配しなければなりません。
    年齢とともに卵子は老化してしまうことをご存じでしょうか。
    卵子の老化によって染色体に異常がでてしまう場合もあります。
    若い時の妊娠に比べて、年齢とともに生まれてくる子供がダウン症になってしまう危険も考えなくてはいけません。

  • ダウン症の胎動?

  • ダウン症の子どもは筋力が弱いため、胎動が少ないと一般的には言われています。ところが、実際にはダウン症の赤ちゃんを出産したお母さんたちは、ダウン症だからと言って胎動を少ないと感じたことはないと答えてます。むしろ、胎動が多かったと言う人もいるようです。
    出典 :ダウン症と【胎動の強弱】の関係について | mamari [ママリ]
     

    胎動が多いか少ないかは人によって違いそうですね。

  • これらの声からわかるのは、胎動が多い/少ない、といったことからはダウン症かどうかの判断は難しいということです。 妊娠中の胎動は赤ちゃんからの「元気だよ」というサインになるので、無いとなると問題ですが、強弱はダウン症とは関係がないということになります。
    出典 :ダウン症と【胎動の強弱】の関係について | mamari [ママリ]
     

    胎動ではわからないようですね。

  • 妊娠中に感じる胎動は、妊婦だけにしか分からない不思議な体験です。体内で、命が宿っていることの証明ですから、定期的な胎動は母親になる実感をより高くしてくれます。ところで、ダウン症と胎動は関係ないと言われています。胎動が弱いとその子はダウン症ということはいえないということです。
    出典 :妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法
  • 確かにダウン症のこどもは動きが活発ではないということはありますが、そのことと胎動とは全く関係ないと思っても良いと思います。妊娠中の胎動の有無だけが問題であって、強弱は子供の成長やダウン症とは関係ないということです。
    出典 :妊娠によるダウン症の原因と特徴による検査法
  • 胎動で赤ちゃんをチェックしよう

  • 胎動が活発になる妊娠6~7ヶ月頃から胎動で赤ちゃんの元気な状態をチェックする方法があります。プレママ自身がはっきりと感じることができる胎動を10回カウントする方法ですが、10回カウントするまでに何分かかるか時間をはかります。
    出典 :胎動 -【赤ちゃんBOOK】
  • 平均は20~30分で胎動を10回カウントすることができます。もし、1時間で10回の胎動を感じることができなければ、一度病院で赤ちゃんの状態を確かめてもらいましょう。
    出典 :胎動 -【赤ちゃんBOOK】
     

    カウントをしながら行うのが良いですね。

  • 頻繁だった胎動が急に感じられなくなった、弱くなった場合も1時間は様子を見てください。そして胎動がこれまでと違うようでしたら、病院で受診してくださいね。胎動が弱くても心臓がちゃんと動いていれば、大丈夫ですよ♪
    出典 :胎動 -【赤ちゃんBOOK】
     

    心臓が一番大切ですね。

  • 私の子供はダウン症ですが、胎動は上のお姉ちゃんと同じように、激しく動いていましたよ。
    病院で順調と言われいれば大丈夫だと思います。
    出典 :ダウン症と【胎動の強弱】の関係について | mamari [ママリ]
  • 胎動で

     

    赤ちゃんのダウン症を調べる事は出来ないようですが、やはり胎動があるかないかが心配なお母さんは多いそうですね。一応体験談も一緒にご紹介しておきます。

  • うちの子は胎動は強かったです。健常児の長男より激しく、逆子と言うのもあり、付け根の方はかなり痛かったです。
    出典 :ダウン症と【胎動の強弱】の関係について | mamari [ママリ]
  • 羊水検査でダウン症かどうかを調べる方法があります。

     

    ダウン症の胎動でおなかの中にいる赤ちゃんがダウン症かどうか知る以外にも、妊娠の初期段階でダウン症かどうかを調べる方法があります。

  • 妊娠初期におなかの中の赤ちゃんがダウン症かどうかを調べることができます。
    高齢出産の場合、妊娠が分かった時点で、ダウン症かどうかの検査を任意で受けることができます。
    ただ羊水検査は流産の可能性もあるため、慎重に検査をするかどうかを決めなければなりません。

  • 羊水検査の前に血液検査で予測もできます

  • もっと安全に検査をしたいという方には、妊娠15週から17週の時期に、トリプルマーカースクリーニングという検査を受ければ、血液中の成分から、胎児がダウン症かどうかが完全ではありませんが、確率がわかります。

    母体から採血するだけの方法なので、血液検査でダウン症の可能性が出たら、羊水検査を選択するのも一つの方法でしょう。

    ダウン症児かどうかの基準となるのは、母体の血液にある物質の量を測定することです。

    ①アルファーフェトプロテイン
    ②ヒト絨毛性ゴナドトロピン
    ③エストリオール

    この3つの物質が、ある基準値を超えていた場合にダウン症児の可能性があると判断します。

    ダウン症児の可能性があれば、羊水検査で再検査をする流れとなります。

    初期検査によって、産むかどうかの選択肢があります。
    つらい決断ですが、どちらも難しい判断であるといえるのではないでしょうか。