きちんと受けていますか?”健康診断”まとめ

健康を管理する上で非常に重要な”健康診断”についてまとめてみました。

  • ATGC 更新日:2013/08/30

view333

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 健康診断とは?

  • 健康診断とは?

     

    基本的な情報について。

  • 健康診断(けんこうしんだん)とは、診察および各種の検査で健康状態を評価することで健康の維持や疾患の予防・早期発見に役立てるものである。健診・健康診査とも呼ばれる。
    出典 :健康診断 - Wikipedia
  • 学校や職場、地方公共団体で行われる法令により実施が義務付けられているものと、受診者の意思で任意に行われる場合がある。任意に行われる健康診断は診断書の発行を目的とした一般的評価のことが多いが、全身的に詳細な検査を行い多種の疾患の早期発見を目的としたサービスも広く普及しており、船舶のオーバーホール施設になぞらえて人間ドックと呼ばれる。
    出典 :健康診断 - Wikipedia
  • 危険物・特定の化学物質などを扱う職業の従事者はそれに応じた健康診断を定期的に受けることが義務づけられており、この健康診断は重大な職業病の発生を未然に防ぐことが目的という点で一般的なものとはやや性格を異にする。
    なお、特定の疾患の発見を目的としたものは検診(たとえばがん検診)とよばれる。
    出典 :健康診断 - Wikipedia
  • 健康診断には、法律で毎年受けることが義務づけられているいわゆる「一般健康診断」(一般健診)と、人間ドックのようにより多くの検査項目を詳しく調べる健康診断があります。「労働安全衛生規則」という法律では事業主に対し、一定の項目の健康診断を年に1回実施することを義務づけています。
     また2008年4月から始まった「特定健康診査」(特定健診)はメタボリックシンドロームに特化した健康診断で、医療保険者(健康保険組合、協会けんぽ、共済組合など)に義務づけられました。特定健診はそれまでの被保険者だけでなく被扶養者も対象となります。
     法律で義務づけられた一般健診や特定健診は会社や自治体、保険者である健康保険組合などが費用を負担するため、無料または比較的低額の料金で受けることができます。これらの健診は、多くの人がかかる代表的な病気である高血圧や糖尿病などの生活習慣病が主体で、働く世代に多いがん検診の項目は含まれていません。
    出典 :賢い健診講座1 一般健診と人間ドック - goo ヘルスケア
     

    健康診断の種類について。

  •  一方、自分の意思で受ける健康診断の代表的なものとして人間ドックがあります。本来「ドック」とは船の修理や建造用の施設「dock(ドック)」のことで、次の航海で事故が起こらないよう、完全な点検・修理をするために入る場所のことです。
    出典 :賢い健診講座1 一般健診と人間ドック - goo ヘルスケア
     

    人間ドックについて。

  • 人間ドックは一般健診より検査項目が多く、腹部超音波検査や内視鏡検査、眼底検査などが含まれています。かつては1日ドックや2日ドックも広く行われていましたが、近年は検査法や診断機器の進歩に伴い、日帰りドックや半日ドックも可能になってきました。ゆっくりと入院して検査を受ける人間ドックからコンパクトに短時間で効率的に検査を受ける総合健診へと変わりつつあります。
     また健康保険組合などの財政状況の悪化に伴い、2日ドックをやめて1日ドックに短縮したり、日帰りドックの検査項目を減らすところも増えています。受診者でもゆったりと時間をかけて健診を受けたいと考える人から、短時間で効率的に質の高い健診を受けたいと考える人までさまざまなニーズがあります。
    出典 :賢い健診講座1 一般健診と人間ドック - goo ヘルスケア
     

    人間ドックについて。

  • 一般健康診断とは?

  • 一般健康診断とは?

     

    どのようなものなのでしょうか。

  • 最近は、高血圧や虚血性心疾患などの生活習慣病をもつ労働者が増加しています。これは、比較的若年者でも同様の傾向にあります。
     このような生活習慣病をもつ労働者が職務上適切な配置をされない場合や適切な健康管理をなされない場合は、その疾病が増悪することがあります。そのような疾病の早期発見や予防のため、また、労働者の適正配置に役立たせるために、労働安全衛生法では、事業者が一般健康診断を行うことを義務づけています。
    出典 :一般健康診断とは of 健康診断のポイント
     

    一般健康診断について。

  • 労働安全衛生法に定められている一般健康診断には、次のものがあります。

    一般健康診断(安衛法第66条第1項)
    1.雇入時の健康診断(安衛則第43条)
    2.定期健康診断(安衛則第44条)
    3.特定業務従事者の健康診断(安衛則第45条)
    4.海外派遣労働者の健康診断(安衛則第45条の2)
    5.給食従事者の検便(安衛則第47条)
    6.自発的健康診断(安衛法第66条の2)

    ※一般健康診断であった結核健康診断の規定は、平成21年4月1日から廃止されました。
    出典 :一般健康診断とは of 健康診断のポイント
     

    一般健康診断の種類について。

  • 1.既往歴、業務歴の調査
    2.自覚症状、他覚症状の有無の検査
    3.身長、体重、腹囲、視力、聴力の検査
    4.胸部エックス線検査、喀痰検査
    5.血圧の測定
    6.貧血検査
    7.肝機能検査
    8.血中脂質検査
    9.血糖検査
    10.尿検査
    11.心電図検査
    出典 :健康診断 - Wikipedia
     

    一般健康診断の検査項目について。

  • 労働者は、事業者が行なう健康診断を受けなければならない義務があります。
     ただし、事業者が指定した医師又は歯科医師が行なう健康診断を受けることを希望しない場合で、他の医師又は歯科医師の行なう労働安全衛生法に基づく健康診断に相当する健康診断を受けて、その結果を証明する書面を事業者に提出したときは、この限りでありません。
    出典 :一般健康診断とは of 健康診断のポイント
     

    一般健康診断の受診義務について。

  • 関連リンク

  • より詳しく知りたい方はこちら