不安障害にいい薬は一体どれ?

不安障害に使われる薬は多岐にわたりますが、どれが一番良いのでしょうか・・・

view162

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不安障害にいい薬

  • 人は脳内でいろいろな感情を育てる。そのため、心は胸の中ではなく、実際は頭の中に存在する。
    「心の風邪」と言われているうつ病の治療薬は脳内に作用する。同じように、不安障害の治療薬も脳に作用する薬が使用される。
    出典 :不安障害と抗不安薬
     

    使用される薬は症状によって種類を分けてつかわれるそうです

  • 量と回数は

  • 薬の効果は人によって違うため、効果を確認しながら増減したり薬を変更したりする必要があります。正しく効果を確認するためには、医師が定めたとおりの量と回数を守って服用してください。
    出典 :パニック障害・不安障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    医師の指示にしっかりとしたがって、効果がない場合は自分の意見をしっかりいう事も大切といえますね

  • 薬を使用すると

  • この薬は脳の中のセロトニンという物質が減少するのを抑えることで、感情を安定させます。もともとの治療目的のうつ病より、社会不安障害への効果が大きく、八割以上の患者さんに効いています。
    出典 :人が怖い「社会不安障害」は薬で性格まで治せる時代に
     

    結構な確率で効果があるようですね

  • SSRI

     

    これは不安障害に使われる薬の総称ですが、この薬を
    飲む事であまり緊張したり
    ドキドキした場面にでても、かんじなくなり
    神経が太くなるといわれて
    処方している所もあるそうです

  • 抗不安薬

  • 抗不安薬 抗不安作用弱~中
    リーゼ、メレックス、ソラナックス、コンスタン、ホリゾン、セルシン、メイラックスなど特にこの弱~中のもので作用持続時間が短期であるメレックスは頓服として使うことが多い。
    出典 :不安症・不安障害>主に使用される薬について
     

    これらは比較的使われる事がおおいですね

  • 抗うつ薬

  • 抗うつ薬
    トフラニール、アモキサン、リーマス、テトラミド、ドグマチ―ルなど
    時に抗不安薬と同時に処方される事のある抗うつ薬であるが、人によっては吐き気などの副作用を起こす事がある。
    出典 :不安症・不安障害>主に使用される薬について
     

    吐き気が出た場合は医師に相談してくださいね

  • その他にも

  • その他に不安障害に使われることのある薬
    ジプレキサ、セロクエル、ドグマチ―ル
    これらは分類上向精神薬とされる。 いわゆる統合失調症の薬と言われる。 妄想幻覚症状を伴う、重度の不安障害に使用する場合がある。
    出典 :不安症・不安障害>主に使用される薬について
  • 副作用が起こる可能性はどの薬物でも同じことであるが、ジプレキサの副作用例では体重増加があげられ、ひどい時だと1ヶ月で10キロも増加する事がある。この場合は当たり前だがダイエットなどをしても無駄である
    出典 :不安症・不安障害>主に使用される薬について