なると困る?「冬の肌のくすみ」は意外と多い

冬の肌のくすみは以外と多いようなのです。しかし、なるととってもこまりますよね。

view72

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • いくつあてはまる?

  • 見えにくい場合は

     

    クリックして拡大してみてください。これはチェックリストです。どんより冬に起きる肌のくすみはしっかり対処しないといけないのです。

  • 冬ぐすみは血行不良と乾燥、そして夏の間に排出しきれなかったメラニンが原因。その一番の特徴はどんよりグレーがかった肌色になることです。そもそも肌色は、角層の半透明(グレー)、メラニン色素のイエローブラウン、血液の赤という3つのバランスによって決まります。
    出典 :冬の肌のくすみ、原因と対策は!? - 美肌総合研究所
     

    このようなバランスが考えられますね。

  • そこで血行が良ければ、明るくピンクがかった血色のいい肌色に。さらにたっぷり潤いで満たされていれば、光を透過してイキイキとした透明感がが生まれるのです。ところが血行が悪くなって乾燥すると光が十分に透過せず、角層のグレーやメラニンの茶色が濃くなるため、どんよりとした肌色に。
    出典 :冬の肌のくすみ、原因と対策は!? - 美肌総合研究所
     

    こんな事はさけたいですよね。

  • 冬は気温や湿度が下がるため、体の冷えや代謝の衰えで血行が悪くなり、乾燥もしがち。そのためくすんで疲れた顔に見え、若々しい印象も損なわれてしまうのです。
    出典 :冬の肌のくすみ、原因と対策は!? - 美肌総合研究所
     

    こうなってくると悲しいですよね。

  • 冷えと乾燥を防ごう

  • ・身体の内側からも潤いを。1日1~1.5リットルの水分補給(お茶も可)・積極的にビタミン補給を。ビタミンB2(レバー、うなぎ、さんまなど)はメラニン色素排出に有効・肌の乾燥対策には、室温20度くらいが適当。極度に暖めすぎない・加湿器を使って湿度を調節する
    出典 :冬のくすみを徹底オフ! 肌から春を呼び込む3ステップ - キャリア女性に役立つサイト|cafeglobe
     

    ここはしっかりと押さえてほしいですね。

  • ・軽く運動をして、血液の流れをよくする・入浴で血行を促進。パチュリのバスソルトは発汗を促すのでおすすめ・軽くリンパマッサージをする
    出典 :冬のくすみを徹底オフ! 肌から春を呼び込む3ステップ - キャリア女性に役立つサイト|cafeglobe
  • 外出する時は、冷たい風にお肌をさらさないように、マフラーやスカーフで直接肌を守るとよいでしょう。室内の乾燥には加湿器を利用して湿度をあげ、エアコンの温風が直接当たらないようにしましょう。職場など、自由がきかない場所では、卓上のアロマディフューザーやミネラルウォーター、アロマスプレー、フローラルウォーターなどのミストが効果的
    出典 :冬のお肌の守り方|乾燥、肌荒れ、くすみなどの肌トラブル
  • シミやそばかすも注意して

  • 冬に向かって紫外線の量は少なくなるものの、紫外線の強さは10月中旬頃までは油断大敵。さらにこの時期は空気が澄んでいて紫外線が透過しやすいので、夏に増えてしまったメラニンが濃くなってしまうこともあります。
    出典 :秋から冬の肌 Cosmetics Fushimiya
  • こんなアイテムを使ってみて

  • 保湿力に優れたドクターズオーガニックの化粧水と、美容オイルであなたのお肌を冬の乾燥から守ることができます。洗顔後、あるいはお風呂上がりのみずみずしいお肌に、ドクターズオーガニックの化粧水をたっぷりとつけます。たたいたり、こすったりしなくても、お肌にのせるだけでよいのです。お肌が乾いてしまう前につけることがポイント。
    出典 :冬のお肌の守り方|乾燥、肌荒れ、くすみなどの肌トラブル
  • つけてもまだ乾きを感じるときは、化粧水がお肌になじんできたところで、2度、3度重ね付けすることをお勧めします。そして、化粧水が乾ききってしまう前に美容オイルをなじませます。これでお肌の表面に、しっかりと水分を保つことができます。
    出典 :冬のお肌の守り方|乾燥、肌荒れ、くすみなどの肌トラブル
  • このような保湿力がすぐれた

     

    化粧品を選ぶのも大切な事になると思います。しっかりと十分な保湿を心掛けるようにし、化粧水はたっぷりつけた上でオイルで油分を補給という形にしましょう。