性器ヘルペスは男性の約2.4倍もかかりやすい!?女性の性病

女性の性病にはいくつかの種類があります。中でも性器ヘルペスは、男性よりも女性の方が約2.4倍も発症しやすいと言われています。男性には症状が出ないままウイルスを保有していて、そこから感染してしまう場合も…。予防するにはどうしたらいいのでしょうか?

view173

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性の性病

  • おもな性感染症(STD)リスト
    性器クラミジア 淋病 性器ヘルペス 尖圭コンジローマ 膣カンジタ トリコモナス 梅毒 毛じらみ HIV・エイズ
    出典 :性病の種類と症状 | アソコが痒い!痛い!まさか性病?3大性病経験者の私が教えてあげる
  • 女性の性感染症の中でクラミジアに次いで多い性器ヘルペス。原因となる単純ヘルペスウイルスに感染しても、はっきりとした症状が出ないまま、相手に感染させる力だけ持っている状態になることがあるために、自分が感染源である自覚がないままにウイルスを蔓延させてしまうことがあります。
    出典 :性器ヘルペスの症状、原因、治療法 [性感染症・STD] All About
  • 性器ヘルペス

  • 報告が義務付けられている性感染症のうち、性器ヘルペスの占める割合は、女性では、性器クラミジア感染症の60%に次いで約20%を占め、男性の約2.4倍と報告されています。また男性では、性器クラミジア、淋菌感染症に次いで約10%と報告されています。
    出典 :日本3大性病 性器ヘルペス!40代以降の女性に多い
  •  

    性器ヘルペスは、このような水泡ができるのが特徴です。かゆみよりも痛みが強くなるようです。女性の方が圧倒的に発症しやすいのですね。

  • 感染部位に最初は水ぶくれができ、間もなくつぶれて、かいよう性の(ただれたようになる)病変がたくさんできます。女性では、とても痛くて排尿ができないほどになります。脚のつけ根のリンパ節(ぐりぐり)がはれて痛くなります。女性の場合、ヘルペスウイルスの冒す範囲は、外陰部だけでなく、膀胱や子宮などにも及びます。
    出典 :どういう症状がでるの?|感染と症状|GH(性器ヘルペス)
  • 初感染者の相手 (セックスパートナー) の70%が無症状という報告があるので無症候性 (症状が出ない) 性器ヘルペス患者が多いことを念頭に置かなければならない。男女比の感染者割合は女性感染者の割合が多い傾向にある。
    出典 :性器ヘルペス - Wikipedia
  • 症状が出ていなくてもウイルスの排泄が起こっている時があるので注意しましょう。性器ヘルペスの徴候が見られる時にはセックスを避け、症状が出ていない時でもコンドームを使用することで、感染リスクを軽減することができます。
    出典 :性器ヘルペスってなに?正しく知って上手につきあおう|滋賀県栗東ふじもと医院
  •  

    コンドームの使用目的は避妊だけではありません。性病予防にも大きく役立つのです。そういった意味も含めての『SAFE SEX』が大切です。

  • 性器ヘルペスは、主にセックスによって感染します。セックス直後からそんな症状が出てきたのですから、その初めてのセックスでウイルス感染を起こしてしまったと考えるのが妥当でしょう。
    出典 :【からだの相談室】花王 ロリエ
     

    男性の場合は、感染していても症状が出ない状態が多いことから、「自分からうつったわけじゃない!」という揉め事に発展してしまうケースがあるようです。

  • 口唇に感染したヘルペスウイルスが、オーラルセックスにより性器に感染することもあります。感染してすぐに症状が出る場合と、感染した時は症状が出ずに潜伏し、しばらく経ってから初めて症状が出る場合があります。
    出典 :性器ヘルペスの症状、原因、治療法 [性感染症・STD] All About
  • また、コンドームにおおわれない部分に性器ヘルペス感染症の病変があるような場合には、予防できません。自分が性器ヘルペス感染症になった場合、性交渉の相手を感染させないためには、水疱(水ぶくれ)や潰瘍といった症状がある間は性交渉を控え、無症状のときでもコンドームを使用するようにしましょう。
    出典 :横浜市衛生研究所:性器ヘルペス感染症について
  • 一度感染すると完治することのない性器ヘルペスですが、性器ヘルペスの症状がでているときにアシクロビルやバラシクロビルを飲んでおけば、再発がだんだんと減っていくことがわかっています。
    出典 :性器ヘルペスの検査と治療、薬 | アポロくん、性病検査を語る
     

    再発が多いと言われている性器ヘルペス。悪化してしまう前に躊躇せず、早めの受診をした方がいいですね!