月経前の2週間を気分よく乗り切るために…PMSについて@まとめ

月経が始まる2週間前になると、どうもカラダの調子が悪くなったり、ココロの状態が不安定になったりすることはありませんか。これはPMSといって、ホルモンのバランスから起こる女性特有の症状です。セルフケアで完全しない場合は、婦人科で診察してもらうといいでしょう。

  • lips 更新日:2013/08/28

view924

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • PMSってなあに?

  • 月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん、英: PMS; Premenstrual Syndrome)または月経前緊張症(げっけいぜんきんちょうしょう)とは、月経の2週間ないし1週間位前からおこり、月経開始とともに消失する、周期性のある一連の身体的、および精神的症状を示す症候群(いろいろな症状の集まり)である。
    出典 :月経前症候群 - Wikipedia
     

    PMSとは、月経前症候群のことです

  •  

    基礎体温をつけておくと分かりやすい

  • 女性特有のPMSとうまく付き合いたい

  • どんな症状がでてくるの(カラダ)

  • ■便秘になる
    ■下痢になる
    ■眠れない
    ■乳頭が張る・痛む
    ■頭痛がする
    ■手足がむくむ
    ■にきびができる

  • にきびができたり・・・

  • どんな症状がでてくるの(ココロ)

  • ■イライラする
    ■集中力がなくなる
    ■無気力になる
    ■孤独感が生まれる
    ■仕事などの効率が落ちる
    ■憂鬱になる
    ■疲れやすい
    ■涙もろくなる

  •  

    涙もろくなったり・・・

  • なぜPMSになるの?

  • 実は詳しい原因はまだはっきりとはわかっていません。
    現在では、下記の3つが要因と考えられています。

  • ① プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響
    排卵〜生理前に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)によって、脳内物質(GABA) や水分代謝に影響し、体調が不安定になるといわれています。
    ② 脳内物質の低下
    排卵後、卵胞ホルモンの分泌が減ることにより、セロトニン (喜びを感じる脳内物質)が急激に低下し、ネガティブな気持ちを引き起こすといわれてます。
    ③ ビタミンやミネラルの欠乏
    PMSの人は、ビタミン・ミネラルの微量栄養素の欠乏状態にあるといわれています。
    出典 :PMSとは? - テルモ|基礎体温でカラダと話そう
  • PMSを乗り切るためのセルフケア

  •  

    足ならば自分でできますよね

  • ■マッサージでカラダをリフレッシュ

  •  

    お気に入りのハーブや香りを見つけてみて

  • ■アロマテラピーでココロをほぐす

  • 婦人科で治療をする

  • 症状がひどく、日常生活にまで影響を及ぼしてしまうような場合は
    婦人科で診てもらうといいでしょう。
    治療には対処療法がとられており、低用量ピルを用いたホルモン療法などが行われています。