陣痛よ早く来い!!出産したい人におすすめの巷の噂まとめ!!

陣痛はあかちゃんが生まれる準備が出来た時にくる痛みです。
おなかの中にいるあかちゃんが、適正体重を超えるといつ生まれてもおかしくはありません。
予定日を過ぎても中々赤ちゃんが出てくる気配が無くて困ってる人も多いのでは??
おまじないに近い陣痛が来ると噂の出来事をまとめてみました!!

view36715

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 陣痛ってどんな感じなの???

  • 陣痛とは、赤ちゃんを子宮の外に押し出すために、子宮が収縮するときの痛みのことを言います。最初は不規則な痛みやお腹の張りが、徐々に規則的な痛みに変わっていきます。
    出典 :陣痛とは? 妊娠 出産 育児 初めてレッスン - ムーニー ユニ・チャーム
     

    赤ちゃんも頑張ってるのでママも頑張らないといけないですね!!

  • 陣痛の前触れってあるの

     

    初めて出産を迎える方にとっては、陣痛はいったいどんなものなのか、解らない方もいるのではないでしょうか。

    陣痛の前触れは人によって感じ方がさまざまです。
    陣痛が起る前の日に、いつもとは違い胃がスッキリとした感じがあります。
    この胃のスッキリ感は、実はおなかの中にいる赤ちゃんが下がって来たことによるものです。
    胃や腸を圧迫し続けていた赤ちゃんが下がってくることによって、胃もたれなどを感じていた方もなんだか少し、食欲を感じ始める方もいます。

    また臨月に入ってずっと便秘気味だったのに、陣痛の前日は腸を圧迫していたあかちゃんが下に下がって来たため、ものすごく快便になることもあります。

    数週間前から前駆陣痛を感じる方もいます。
    これは、本当の陣痛とは違い、予兆のようなものです。
    これから、本当の陣痛がやってくるぞというのをママにお知らせするための陣痛なのです。

    このように人によって陣痛の前触れはさまざまあります。
    ちょっとした予兆を見逃さずに、出産準備や心構えをしておきましょう。

  • 陣痛には種類があります!!

  • 早く出産したい!!予定日超過!!巷の噂!!

  • 医者や助産師も薦める、割と信憑性の高いもの。
    自然分娩で有名な吉村医院では、薪割りもするし
    股を開く動きや、足腰にくる昔ながらの労働が
    腹緊や子宮の収縮を促すようです。

    たしかに、ものすごく散歩した日や動いて疲れた日だと
    夜中に恥骨と腰が痛くて眠りが浅いことが多いかも。

    バランスボールは効きそうだけど、転倒のおそれもあるので
    産後の骨盤ひきしめに使用するほうが良いと思います。
    出典 :陣痛ジンクスまとめ|ジャバウォッキ革命
     

    自分のペースにあわせて運動するようにしましょう!!

  • 食事!!

     

    焼肉   
    すき焼き 
    カレー  
    うどん  
    ぎょうざ


  • 焼肉やすき焼きのように、「牛肉の赤身が効く」というのは
    良く聞きますが、鉄分豊富だし、貧血になりがちな妊婦が
    積極的に摂取したい食事ではあります。

    臨月以外にも食べる機会がある、食べたことあるものばかり
    なのですが、臨月になって食べるとどう違ってくるのかしら。

    いずれもスタミナ料理ばかりなので、副交感神経が活性化して
    必然的に出産へのやる気が沸いてくるのかもしれないですね。
    出典 :陣痛ジンクスまとめ|ジャバウォッキ革命
     

    お肉が良いと良く聞くけどどうなんだろう???

  • 飲料!!

     

    オロナミンC
    ラズベリーリーフティー 

  • マッサージ

     

    三陰交のつぼ 
    おっぱいマッサージ 
    ジャスミンのアロマオイル

  • 気候!!

     

    満月の前後3日 
    低気圧、台風

  • 気になる人は試してみよう!!

  • ところで陣痛が来なかったら?

  •  

    陣痛が来なかったら?

    いったいどうなるのでしょうか。

  • 予定日を過ぎても陣痛が来なかったら、いったいどうなるのでしょうか。

    病院では予定日を過ぎて陣痛が来なかった場合、自然分娩を進めている病院では、とにかく運動をしてよく歩きまわることを勧められます。

    歩き回ることによって、赤ちゃんが下に降りてきやすくなり、陣痛も始まりやすくなるからです。

    それでも陣痛が来なかったら、陣痛促進剤を使用します。
    陣痛促進剤は、陣痛が来ないケースや、病院によっては計画出産を取り入れているところでは、使用されています。

    陣痛促進剤を使用する他にも、内診で子宮口を刺激することもあります。

    陣痛が始まる前には、破水があります。
    失禁してしまったかと思うほどの、あたたかいものが流れ出てくるのでびっくりしますが、あわてず破水したことを病院に連絡をしましょう。

    破水後は腹部にチクチクとした痛みが走ります。

    定期的におなかの痛みの波がやってくるので、病院が遠い方は早めに病院に移動しておくとよいでしょう。
    また病院によっては、陣痛の波が短時間間隔になってからくるように指導されることもあります。
    自宅で待機後、指示された通りに病院へ向かいましょう。

  • 気になる陣痛の痛みってどの程度のもの?

     

    初めて出産される方にとっては、陣痛の痛みってどんなものか気になりますよね。
    陣痛は、これまで味わったことがない痛みを感じるときでもあります。
    便秘を我慢するような圧迫感のある激しい痛みを感じます。
    この痛みを定期的に、12時間以上は我慢し続けなければならないので、本当に出産は女性にとっては大仕事だと思います。

    死にそうなほどの痛みに耐えながら、また赤ちゃんを産むときには鼻からスイカを出すような苦しい痛みに耐えなければなりません。

    しかしそんな痛みでも報われる瞬間があります。
    それは、生まれた時の赤ちゃんの姿を見たときです。

    出産時のこの感動は、子供が大きくなった時でも、昨日のことのようにいつまでも鮮烈な記憶として残るでしょう。

    うまれたばかりの赤ちゃんを胸に抱いた時が、女性にとっては至福の瞬間ともいえます。

    現在臨月を迎えている方も、出産を不安がらずにドンと構えて頑張ってくださいね。