食中毒が恐ろしい!!食中毒を起こしやすい食べものってどんな物があるの??気になるまとめ☆☆

食中毒を起こしやすい食べものってどんな物があるの??
知ってるようで知らない食中毒を起こしやすい食べものまとめ☆☆

view370

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも食中毒って何???

  • 食中毒とは、有毒な微生物や化学物質を含む飲食物を食べた結果生じる健康障害です。多くは、急性の胃腸障害(おう吐、腹痛、下痢などの症状)をおこします。
    従来、赤痢やコレラなどの感染症は食中毒と区別されてきましたが、1999年4月に施行された「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症新法)において、病因物質の種別にかかわらず飲食に起因する健康障害は食中毒として取り扱われる事となっています。
    出典 :食中毒とは?|食中毒の基礎知識|食中毒予防教室|sanitation|サラヤ株式会社 企業法人向け
  • どんな症状が出てくるの??

  • 食中毒による症状は、下痢、嘔吐、腹痛、発熱の4症状が主症状になります。食中毒の原因物質によって下痢が激しかったり、嘔吐が激しかったりします。原因であろう食事の時間から発症までの時間(潜伏期間)と症状である程度原因物質を特定する事も可能です。
    出典 :食中毒の症状(下痢・嘔吐・腹痛)と食中毒の種類|食中毒大辞典
  • 食中毒を起こしやすい食べものとは???

  • 魚介類、肉やその加工品、卵などが原因
     食中毒を起こしやすい食品としては、生鮮食品が第一にあげられます。肉類や魚介類、卵、およびその加工品などで、とくに加熱していない料理に多くみられます。

    出典 :食あたり・食中毒 | 食中毒ってどんな食べ物が原因で起こるの? : 予防・症状 - セルフドクターネット
  • ノロウィルス(貝類に多い)やロタウイルス(生の魚介類、肉類に多い)などのウイルスが原因で食中毒が起こるケースも注目されています。これらは冬場に多く発生するのが特徴です。
    出典 :食あたり・食中毒 | 食中毒ってどんな食べ物が原因で起こるの? : 予防・症状 - セルフドクターネット
  • カンピロバクター

     

    肉類、生乳、飲料水などに多い。犬や猫、小鳥などの腸管にも存在するので、ペットから感染するケースもある。

  • 腸炎ビブリオ

     

    海水に住む魚介類が原因。生で食べる刺身やすしなどに多い。水温15度以上で増えるため、夏場に起こりやすい。

  • サルモネラ

     

    鶏肉や牛肉のたたき、牛のレバー刺、卵、およびそれらの加工品で加熱をあまりしていない食品などに多い。

  • 腸管出血性大腸菌(O157など)

     

    牛肉、ハンバーガー、ローストビーフ、生乳、サンドイッチ、サラダ、飲料水など。

  • セレウス菌(下痢型)

     

    牛肉、豚肉、鶏肉やその加工品(ハム、ソーセージなど)、スープ類、バニラソースなどに多い。

  • ウェルシュ菌

     

    酸素を嫌うため、加熱調理された後、長時間放置された料理に多く発生する。鶏肉の煮つけやシチューなど

  • ポツリヌス菌

     

    酸素のあるところでは増殖できないため、真空パック入り食品、ビン詰めや缶詰の食品、発酵保存食品などに多い。

  • セレウス菌(嘔吐型)

     

    チャーハン、ピラフ、おにぎり、仕出し弁当、スパゲティなどに多い。

  • ブドウ球菌

     

    人の手指を介して感染するため、おにぎり、すしなどの米飯類やサンドイッチ、和菓子などに多い。

  • 食材に気をつけるようにして食中毒を予防しましょう!!