ピルの避妊効果って実際どのくらいなの??

ピルの避妊効果って実際はどのくらいなのでしょうか?種類にもよると思いますので、検証してみましょう!また、ピルのメリットでメリットもまとめてみました。

  • kei 更新日:2014/09/08

view217

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ピルの種類

  • ピルの種類ってどんなものがあるのでしょうか?改めてみてみましょう!

  • ピルはもともと錠剤という意味ですが、the pill(あの薬)で経口避妊薬を指します。 経口避妊薬の英語を略してOCともいいます。OCは低用量ピルを意味し、中高用量ピルをOCということは通常ありません。
    出典 :ピルの作用と種類
     

    錠剤という意味なんですね。

  •  

    具体的なピルの種類とは?

  • ピルは女性の月経周期に合わせて、「21日間のんで7日間休む」28日周期が基本です。 21日間の服用中、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの配合量が 一定で変わらない「一相性ピル」と、途中何段階かに分けて 配合量が異なるものを服用する「段階型ピル」があります。
    出典 :ピル・わかるページ
  •  

    一相性ピルにはマーベロン等があります。

  • 一相性ピルのメリットは、すべてに同じ割合で成分が含まれているため、どの錠剤を服用しても(ビタミン剤は除く)効果を示します。
    出典 :一相性、二相性、三相性ピルって? - 中用量ピルって効くの?
  •  

    Oilezzオイレズは個人輸入もできる段階型二相性の低用量ピルです。

  • 卵胞ホルモン剤を50μgまで減らすことに、それほど大きな問題はありませんでした。そこで卵胞ホルモン剤の用量が50μgのピルが普及しました。これが中用量ピルです。これ以上の卵胞ホルモンが必要な場合に、まれに高用量ピルも使われました。
    出典 :ピルの作用と種類
     

    ピルに高用量ピル、中用量ピル、低容量ピルがあります。

  • 卵胞ホルモンの用量を50μg未満にしたものが、低用量ピルです。低用量ピルの卵胞ホルモン剤の用量は、20μgから40μg程度になっています。日本で認可されているピルについていえば、30μgから40μgとなっています。卵胞ホルモン剤30μg未満のピルについては特に超低用量ピルといわれることがあります。
    出典 :ピルの作用と種類
     

    今、産婦人科で処方されているのはほぼ低容量ピルだと思います。

  • このように種類があるピルですが、避妊に効果はあるのでしょうか?

  • 日本ではコンドームで避妊している方が多いです。しかしコンドームを“正しく”使用していても、1年間で15%程度が妊娠するということをご存じない方が多いようです。
    出典 :京都府・婦人科「いわたレディースクリニック」|子宮がん検診・避妊・低用量ピル| 避妊と低用量ピル
     

    日本での1番多い避妊グッズですね。コンドームを使用しても妊娠してしまうと言うことをきちんと頭の片隅にいれておきましょう!

  • 低用量ピルの避妊効果はほぼ100%です。しかも、昔のピルとは違って非常に安全な薬です。生理が来なくて不安になったことがあるのでしたら、今のあなたにはOC(低用量ピル)が必要です。
    出典 :京都府・婦人科「いわたレディースクリニック」|子宮がん検診・避妊・低用量ピル| 避妊と低用量ピル
     

    100%とはすごいですね・・・

  • ただし、注意点もあります!!!

  • ピルは、その避妊効果を維持するために、 飲み忘れをしないことが重要です。1日1錠、決められた順番に、ほぼ決まった時間にのんで下さい。 万一、のみ忘れた場合の対応には、のみ忘れが1日の場合は、 気付いた時点ですぐに飲み忘れた分をのんでください。
    出典 :ピル・わかるページ