飲んではいけない薬が多い妊婦でもOK!?妊娠中にアセトアミノフェン

妊娠中にアセトアミノフェンは妊娠中でも安全に使用できる薬として一般的に知られてきていますが・・・実際、安全とはいえ薬にはかわりありません、量や飲み合わせなど不安を解消するまとめです

view80

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 飲んではいけない頭痛薬を妊娠中に飲んだ場合、赤ちゃんに「胎児毒性」という影響があります。

     

    まだまだ体ができあがっていない赤ちゃんには毒性を自分自身で解毒する力は備わっていません。また、体をつくる際にその成長を妨げる働きをする薬物も存在します。

  • 解熱鎮痛剤「タイレノール」は便利ですが、飲み過ぎると子供の言語などの発達に悪影響を及ぼすことが分かりました。

     

    だんだんと医学が発達してくると、今まで飲めていたものでもあまりよくないということもだんだんわかってくるようになってきました。

  • 妊娠中にアセトアミノフェンって本当にいいの?

  • こちらはNG意見

  • 小児科学会の公式見解として,「妊婦にアセトアミノフェンを投与すると,胎児に動脈管収縮を起こす可能性がある」,そして「動脈管の早期閉鎖が生じると胎児死亡の原因となる」と出されたこともあって,産婦人科医としては妊婦へのアセトアミノフェンが非常に投与しづらい状況となっています.
    出典 :エラー - Fetal skeletal dysplasia forum
     

    一般的にOKと言われていたんですが・・・実際の医学的な見解としてはあまりよいとは言えないような書き方がされています。医学は日進月歩といいますが、昨日OKだったものも今日はNGなんてことだって往々にしてありえるのです。日々、新しい情報を自分で集めるという努力が自分自身、ひいてはお腹の中にいる赤ちゃんを守るためにもなるのです。

  • この研究は、デンマークの周産期母児合併症に関する調査(Danish National Birth Cohort)に参加した合計64,322人の妊婦さんが対象です。妊娠中のアセトアミノフェン内服と、出生児のADHDリスクとの関連性が検討されています。
    出典 :2014年4月4日 妊娠中のアセトアミノフェンがADHDを招く?|大阪・梅田の太融寺町谷口医院 医療ニュース
     

    やっぱり無関係とは言い切れないデータがデンマークでも出ているんですね。風邪をひいたらなら、パパの面倒や家事はもう放棄して自分とお腹の赤ちゃんだけのことを考えてゆっくり寝かせてもらいたいものです。そのためにも、日々パパの躾・・そして誰でもわかるような家事メモを作っておくことをおすすめします。

  • こちらはOK意見

  • 同じように多用される解熱鎮痛薬では、カロナール(アセトアミノフェン)がお腹の赤ちゃんへの影響も報告されておらず、安全だとされています。
    出典 :埼玉県さいたま市見沼区東大宮5-18【東大宮総合病院】
     

    他にもよいとされる薬も、多くありますが、月齢にもよりますし、お母さんの体の状態、お腹の中の赤ちゃんの状態にもよります。特に赤ちゃんができてすぐだとまったくといって影響がないといわれていますが、そうはいっても母体の残るものやまだ現在の医学ではわかっていないことだってないとは言い切れないのです。でも使用するには必ず、かかり付けのお医者様、薬剤師さんの注意、使用方法を守りましょう。

  • 妊娠中でも安全性が確認されているのは「アセトアミノフェン」です。これは胎盤を通過するんですが、通常量の使用なら安全であることが知られています。
    出典 :実はこんなにあった!妊娠中や授乳中でも服用できる市販薬 - M3Q - 女性のためのキュレーションメディア
     

    もちろん、医師や薬剤師が説明してくれる飲み方、量をきちんと守っての飲用に限られます。服用される期間、注意事項は必ず守りましょう。また専門の知識がなくても、長期にわたって飲み続けるということはどう考えても赤ちゃんによい影響を及ぼすとは考えにくいです。

  • 妊婦さんが風邪をひいたら

  • 頭痛が酷い場合

  • 心をゆったりと持って、リラックスし、黙想し、または寝てしまいましょう。ゆっくりとした動作で、新鮮な空気を吸いに散歩に出かけましょう。横になり、夫に、痛い部分の周囲を円を描くようにマッサージしてもらいましょう。専門のマッサージに通うのもいいかもしれません。
    出典 :妊娠4カ月のからだは? - gooベビー
     

    専門のマッサージにかかる場合には「妊婦であること」「月齢」をきちんと伝えましょう。国家資格を持つ鍼灸師や整体師であれば妊娠中でも可能で疾患や痛みをやわらげてくれる施術を行ってくれます。また、アロマオイルを使用して気分をスッキリさせるオイルで痛みを和らげてくれます。

  • 関連リンク集