カフェインが大活躍!コーヒーダイエットまとめ

不調のもとというイメージの強いカフェインの効能が優秀!
やっぱり大好きなコーヒー、美味しく飲んでついでにダイエットしませんか?
ダイエットといっても、沢山じゃなければ砂糖が入ってもOKの説も。

view100

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • コーヒーは、古くは薬として使用されていたという歴史をもち、現在もリラックスや気分転換のために愛用されている飲み物です。
    出典 :コーヒーダイエット効果、方法、メリット、デメリット | DietBH ダイエット効果あるある
     

    外出先でも家にいてもあの匂いがしてくると、
    あー、私も飲みたい!ってなりませんか?
    そして一口飲みこむと期待通り、
    なぜだかほっと一息つけちゃうんです。

  •  

    コーヒーにはダイエットに通じるさまざまな効能があるとのこと。
    美味しく飲んで痩せられるなら嬉しいですよね。

  • カフェインが良い働きをしてくれます!

  • カフェインを摂取すると、交感神経が刺激され、体内にたまった脂肪が分解され、血液中に出てきてくれます。そこで運動をすると、血液中の脂肪(脂肪酸)を効率よく燃やすことができるわけです。
    出典 :コーヒーダイエット - Yahoo! BEAUTY
     

    そして、これがカフェインの主なダイエット効果です!

  • プラス運動で、ダイエット効果は倍増!

  • これらのカフェインやクロロゲン酸には脂肪を分解する働きがあります。これが、コーヒーダイエットで痩せるメカニズムです。しかし!分解された脂肪は、そのままにしておくと、また元に戻ってしまうのです。
    出典 :代謝を高めるだけじゃない! コーヒーのすごいダイエット効果とは | DietBH ダイエット効果あるある
     

    クロロゲン酸とはいったい何のことでしょう?
    これはポリフェノールの1種でコーヒーの色や苦味のもととなっているもので、
    これで分解された脂肪を排出するのに、運動が必要なんだそうです。

  • ダイエット効率が良いコーヒーの飲み方いろいろ。

  • さらに脂肪燃焼効果をあげるための具体的なこと…
    飲む時間、コーヒー豆の選び方などまとめました!

  • 運動を始める20~30分前に、1杯のコーヒーをリラックスして飲むと良いでしょう。
    出典 :飲む時間や量がミソ!本当に痩せる「コーヒーダイエット」の掟5つ
     

    このタイミングを守って、脂肪燃焼効果を高めましょう!

  •  

    ちなみに運動するのに良い時間帯は、
    代謝の活発な午前中だそうです。

  • 缶コーヒーやインスタントコーヒーでもダイエット効果は得られますが、より効果を高めるには、カフェインやクロロゲン酸の含有量が多い、ドリップコーヒーがオススメです。
    出典 :飲む時間や量がミソ!本当に痩せる「コーヒーダイエット」の掟5つ
     

    深煎りの豆よりも浅煎りの豆を選びましょう。クロロゲン酸は熱に弱いため、浅煎り豆のほうにより含まれており、よりダイエット効果も得られるとのこと。

  •  

    ちなみにインスタントコーヒーだと、ドリップ式よりカフェイン量はもうちょっと少ないそうです。

  • カフェインの脂肪分解の効果をよりアップさせるためには、ホットで飲むといいといわれています。真夏の運動前にホットコーヒーを飲むのは難しいですが、暑くない時期はホットで飲むようにしてみましょう。
    出典 :コーヒーダイエット - Yahoo! BEAUTY
  •  

    高いダイエット効果を期待できるのは、アイスコーヒーよりホットコーヒー。
    その方がカロリーが消費されるのだそう。

  • 最初のうちは効果が感じられても、毎日続けていると徐々に効果が感じられなくなってきます。そんな時は、飲まない日を作るようにしましょう。
    出典 :コーヒーダイエット - Yahoo! BEAUTY
     

    週に1度は飲まない日を作ると、効果が戻りやすいのだそうです。
    これはスポーツ選手も取り入れている方法なんですって。

  • 無糖でなければダイエットにならないと思う人も多いかと思います。しかし、脳は、糖分を栄養と感知するため、少し糖分が入ると空腹感を一旦抑える効果があったり、代謝を良くするためには、ある程度の糖分も必要であるとも言われています。
    出典 :飲む時間や量がミソ!本当に痩せる「コーヒーダイエット」の掟5つ
  •  

    普段から砂糖を入れて飲んでいるという方、ダイエットだからといって砂糖を抜かなくてもいいんだそうです。
    かといってたくさん入れるのはNG、あくまで控えめに!

  • カフェインの採り過ぎにはご注意!

  • カフェインを大量に摂取すると、不眠症状のほか、焦燥感、興奮、悪心、頻尿、頻脈など体に良くない症状が出る場合があります。
    出典 :コーヒーでダイエット?賛否両論の方法とは - Yahoo! BEAUTY
  •  

    せっかく優れた効能を持つカフェインですから、
    不調のもとにしないよう、
    採り方に気をつけて上手に付き合いたいですね。