関係している?「低血圧と病気」の関係性!

低血圧と病気は関係しているようなのです。原因になる病気と低血圧が起きる病気は何?

view140

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 低血圧と病気が関連しているのは

  • 低血圧症は急性症状と慢性症状の2つに分類でき、それぞれ原因疾患が特定できる症候性(二次性)低血圧と原因が不明確な本態性低血圧があります。急性の本態性低血圧症は、立ちくらみや一時的な精神的ショックなどが原因となって発症しますが、その原因が改善されれば特に問題はありません
    出典 :低血圧の原因 | その症状が出始めたら要注意!!
     

    原因になっている病気がある場合もありますね

  • また急性の症候性低血圧は急性腎不全や急性心筋梗塞などの重篤な病気や薬剤が原因となって発症することがあるので注意が必要です。ちなみに急性の症候性低血圧の多くは糖尿病が原因になっているとされています。
    出典 :低血圧の原因 | その症状が出始めたら要注意!!
     

    このように病気が原因の場合があるのですね

  • 低血圧になると・・・

  • 低血圧になると、失神、心筋梗塞、脳卒中など絶対にかかりたくない病気を引き起こす可能性があります。ですから、「食後低血圧は他人事」と思わずに、しっかり予防に努めましょう!
    出典 :脳卒中や心筋梗塞の原因!?食後低血圧の3つの恐怖と予防法について | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
     

    このような低血圧が起きる場合もあるのです

  • 低血圧は

     

    心筋梗塞や脳卒中の引き金になる可能性があるのです。悪循環が起きる前に原因疾患と低血圧の改善をしておきたいですよね

  • 症候性低血圧

  • 症状としておこっている低血圧で、原因となる病気には、つぎのようなものがあります。心血管(しんけっかん)の病気 心筋梗塞(しんきんこうそく)、心(しん)タンポナーデ、肥大型閉塞性心筋症(ひだいがたへいそくせいしんきんしょう)、不整脈(ふせいみゃく)、大動脈狹窄症(だいどうみゃくきょうさくしょう)など。
    出典 :低血圧(症) とは - コトバンク
     

    まだまだあります

  • 肺の病気 肺塞栓(はいそくせん)、肺性心(はいせいしん)など。ホルモンの病気 甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)、アジソン病など。薬剤の使用 降圧薬、抗不整脈薬、抗アレルギー薬など。その他 がんなどの病気にともなう低栄養状態、寝たきり状態など
    出典 :低血圧(症) とは - コトバンク
     

    このような病気が原因で起きる事もあるのです

  • 病気がない場合は

  • 原因となる病気がないのに血圧が低く、全身の臓器に十分な血液が行き渡らずに症状が現れる本態性低血圧症。主な症状は以下の通り。だるさ、脱力感、疲れやすい頭痛、めまい、耳鳴り動悸、息切れ食欲不振、吐き気、腹痛
    出典 :低血圧症の原因・症状 [生活習慣病] All About
     

    このような状況になやむ事になるのです

  • 遺伝的な要因と神経やホルモンの異常などが絡み合っていると考えられています。しかし、血圧が低くても症状が出るのは約10%程度で、実際は症状のない人がほとんど。そのため本態性低血圧症と診断されることはあまりないようです。
    出典 :低血圧症の原因・症状 [生活習慣病] All About
  • 改善を考えよう

  • 炭水化物を控える

     

    炭水化物を沢山摂取すると血圧が急激に上昇してしまい、低血圧を招いてしまうのです。炭水化物の摂りすぎを考えるのも大切な改善です

  • カフェインは、コーヒーや緑茶に含まれており、覚せい作用がある事で有名ですよね。そのカフェインが、食後低血圧予防にも効果的なのですよ。じつはカフェインには、腸管ペプチド血圧低下を抑制する作用があります。ですから、コーヒーやお茶などカフェイン入りの飲み物を飲むことで、食後低血圧の予防が出来ます
    出典 :脳卒中や心筋梗塞の原因!?食後低血圧の3つの恐怖と予防法について | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
  • 食後1時間~2時間程度ゆっくりと過ごすことです。食後低血圧は、通常30分~1時間もすると元の血圧に戻ります。ですから、その間をゆったりと過ごすことで食後低血圧による、失神リスクを減らすことができます。また、食後に血圧を測り、低血圧気味の場合は、特に安静を心掛けてください。
    出典 :脳卒中や心筋梗塞の原因!?食後低血圧の3つの恐怖と予防法について | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け