多発性脳梗塞とはどのような病気でしょうか?

多発性脳梗塞に付いて調べてみました。前兆などはあるのでしょうか?予防法や治療についてもまとめてみました。

  • rinko 更新日:2014/03/25

view512

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 多発性脳梗塞とは?

  •  

    多発性脳梗塞では多くの箇所に梗塞が出来ているのがわかります。

  •  

    高齢者になると多発性脳梗塞発病のリスクも高まります。

  • 脳梗塞は、血管が突然に詰まり、症状の進みが早く、一定時間が経過すると進みが止まるのが特徴です。梗塞範囲は一気に広がった後に更に広がることはありませんが、いちど壊死した脳細胞は生き返ることがなく、部分に応じた後遺症が出現します。
    出典 :多発性脳梗塞の症状【多発性脳梗塞Navi】
     

    急激に症状が進む病気です。異変にはいち早く気が付きたいです。

  • 多発性脳梗塞からなる血管性認知症は、まだら認知症と呼ばれる通り、知能が部分的に突出して低下するため、人格も保たれ、対人関係もある程度は維持できるようです。日によって症状に幅がある、感情のコントロールが難しく起伏が激しい、感情のコントロールが難しいために短所が目につくようになる、ということもあるようです。
    出典 :多発性脳梗塞と認知症【多発性脳梗塞Navi】
     

    いずれにしても生活面で自立が出来ない状態になってしまうのが多発性脳梗塞による認知症の場合です。また自主性の低下や意欲の低下が著しいのも特徴です。。

  •  

    既往症によって引き起こしてしまう認知症については家族やまわりの協力が不可欠になります。

  • 体の左右どちらかに麻痺(まひ)が出ます。コップや箸を落としてしまったり、うまく扱えなくなったりします。片麻痺は脳梗塞により発症する代表的な症状です。
    出典 :脳梗塞の前触れとは?脳梗塞の前触れ・予兆について解説〜高齢者の生活習慣病
     

    多発性脳梗塞の前兆として現れる症状には敏感であるべきです。ろれつも回らなくなります。多発性脳梗塞の特徴だと思います。

  •  

    二次災害にも結び付きますので脳の梗塞が疑われる場合には適切な治療と場合によっては入院加療などが必要になります。

  • 高齢者の場合には特に顕著にその症状が現れやすいとされています。普段と違った症状をキャッチした時には脳梗塞の前兆として扱い専門医への受診が賢明です。

  • 多発性脳梗塞の診断と日常の注意点

  •  

    まずはCT検査を受けてください。

  • 頭部CT検査で何がわかるのか?脳の先天性の病気(水頭症など)の診断、外傷による頭蓋内の血腫の大きさや場所、脳腫瘍の大きさや場所、種類、良性か悪性か、脳血管障害(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、微小梗塞など)の場所や傷害範囲がわかります。また、くも膜下出血の原因となる動脈瘤を発見することもできます。
    出典 :脳の病気の検査
     

    まず最初にCT検査を行い病状を把握する必要があります。

  • 適度な運動を行い無理をしない。汗をかく時は十分に水分を取る。煙草はゼロでアルコールは適度(ビール一日一本程度)。不飽和脂肪酸を取る。それには、紅花オイルやオリーブオイルに変える。魚(特にイワシなど)を中心とした食事にするなどが日常生活の工夫です。
    出典 :病気のはなし - 公立学校共済組合 関東中央病院
     

    家族も一緒に脳梗塞に付いての知識を得て再発防止に努める必要があります。

  •  

    無理をしないで自分に合った運動を探すことも大事です。

  • 多発性脳梗塞の治療

  • 脳梗塞の治療は、血管を詰まらせている血栓を取り除き、血流を再開させることが基本となります。緊急的に行われる血栓溶解療法は、血管に詰まった血の塊である血栓を溶かすもので、詰まりを解消して、その先の組織が壊死することを防ぐことができます。
    出典 :多発性脳梗塞の治療【多発性脳梗塞Navi】
     

    その時の症状に応じて治療法は選ばれますが基本的には再発をしないようにすることも大事なので血栓を防ぐということが主な治療になるようです。

  •  

    とにかく血液をさらさらに保ということが肝心なのです。