緘黙症の治療ができる病院へ行ってみませんか?

緘黙症で悩んでいるなら、緘黙症の治療ができる病院へ行ってみましょう。
緘黙症を治すには、専門医への受診が必要です。

view58

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 緘黙症は引きこもりになるケースもある

  • 現代社会の大きいな課題となっている「ひきこもり」。
    場面緘黙症はひきこもりになる原因のひとつです。
    出典 :不登校、ひきこもり
  • 子供時代の場面緘黙症が、一度は収まったものの治りきっておらず、社会に出て環境が大きく変わった事がきっかけとなり、再びしゃべれなくなる大人の方も少なくありません。
    そうなると会社に行けなくなり、次第に外に出るのが怖くなってひきこもりになってしまいます。
    出典 :不登校、ひきこもり
     

    緘黙症は、大人になっても治らないケースが珍しくありません。

  • 大人の場合、完治はより難しいという事なので非常に大きな課題ですね。
    出典 :不登校、ひきこもり
     

    できれば、子供の頃から緘黙症の治療ができる病院へ通うことが望ましいようです。

  • 緘黙症の治療ができる病院

  • 選択性緘目の症状が比較的軽い場合は、子供が成長するにつれて自然に治っていくことが多いといわれています。
    出典 :選択性緘黙(症状・治療)
     

    中には、病院へ通うことなく緘黙症が治る子もいます。
    しかし、放置した結果大人になって就職に影響が出る人も少なくありません。

  • 一方で選択性緘目の症状が重い場合は、治療として精神療法・行動療法・カウンセリングなどが行われます。
    出典 :選択性緘黙(症状・治療)
     

    まずは専門医で診察やカウンセリングを受けてみましょう。

  •  

    緘黙症の治療ができる病院は、精神科もしくは心理士のいる病院です。

  • 緘黙症を治すために

  • 場面緘黙症の治療にはカウンセリングが重要です。
    カウンセリングに合わせて薬を用いる事もありますが、薬だけで治るという物ではありません。
    出典 :治し方、カウンセリング
     

    緘黙症の治療ができる病院では、カウンセリングから治療がスタートします。

  • とは言え、場面緘黙症の子にいきなり先生と話をするのは無理な事です。
    最初のうちはいっしょにゲームをしたり、絵を描いたりすることでコミュニケーションを図って行きます。
    出典 :治し方、カウンセリング
     

    緘黙症の子は、初対面の先生とはお話しすることができない場合が多いようです。
    しかし、中にはママやパパが居ることに安心して家庭と同じように会話ができる子もいます。

  • そういった事を繰り返すうちに、周りの人にアイコンタクトで意思を伝えようとしたり、小さな声を発するようになれば上手くいっている証拠です。
    出典 :治し方、カウンセリング
  • 前進がまったく見られない場合は児童相談センターなどに問い合わせ、心理士の居る病院へ行ってみましょう。
    箱庭療法などで良くなる事もあります。
    出典 :治し方、カウンセリング
  • 心理療法の一種です。セラピストや心理カウンセラーなどが行います。
    セラピストが見守る部屋の中で、箱の中に自由におもちゃをいれていきます。
    作品が完成した後で、セラピストがその作品(表現)から、箱庭の制作者の心のなかを読み取るのです。
    出典 :心理学における箱庭療法の進め方 - Yahoo!知恵袋
     

    箱庭療法とは、このような心理療法です。
    緘黙症の治療にも効果があるようです。