日本が誇るスーパーFOOD「寒天」のススメ

ダイエット&美容の味方「寒天」。ぽっこりお腹もニキビも撃退!
アンチエイジングにも効果ありとか。
夏のスイーツだけでなく工夫次第で年中・毎日摂り入れられる食材なんです。
そのパワーや取り入れ方は?

view641

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ゼリーのようなプルプルのあいつ。そもそも寒天とは?

  • 寒天(かんてん)は、テングサ(天草)、オゴノリなどの紅藻類の粘液質を凍結・乾燥したものである。日本国内の流通量では2000年(平成12年)以降、工業的に製造された輸入品の数量が従来製法を含む国産品を上回っている。食用のゲル(ゼリー)の材料という点では、牛や豚から作られるゼラチンに似ているが、化学的には異なる物質である
    出典 :寒天 - Wikipedia
     

    あいつは海の恵み・・・☆

  • 地味なあいつですが、どんな栄養や効果があるのでしょうか?

  • 寒天に含まれる炭水化物は多糖類のガラクトースで、ゼラチンの7~8倍の凝固力を持っています。
    (中略)
    ガラクトースは腸内では消化吸収されませんので、エネルギー源としてはゼロのノーカロリー食品です。
    腸内の老廃物や毒素を吸着し、体外へ排出するのを助けますので、便秘の解消に役立ちます。

    出典 :寒天の栄養、効能効果-健康に良い免疫力を高める食べ物
     

    便秘解消にはもってこい!の食品ですね

  • おなかスッキリ

  • 寒天に含まれる食物繊維は、食品の中でも特に多い。寒天の食物繊維が胃 酸で分解されるとアガロオリゴ糖という物質になり、このアガロオリゴ糖 にはがん細胞の成長を防ぐ作用や抗酸化作用がある。さらに寒天の食物繊 維は、腸内をきれいにして便秘・肥満・高血糖を防ぐ働きもある。

    また寒天はカルシウムも豊富で、骨や歯を丈夫する作用や、目や脳の健康を保つ働きがある。 そして寒天は、独特の喉ごしで味わう冷たさが脳を刺激・活性化し、元気 の素となるホルモンが分泌され免疫力が高まり、風邪の予防にも役立つ。

    現代人に不足しがちな食物繊維を摂れ、生活習慣病(成人病)対策にもな る、とてもヘルシーな食材が寒天である。

    出典 :寒天 食の栄養 食材の栄養 医学・健康情報サイト J-Medical
  • 低カロリーなのに栄養豊富。
    腹持ちも良くて、デトックス&ダイエットには最適!

  • 注目していただきたいのは「高い保水力」。この保水力が体の中で、どんな働きをするのかというと、腸の中でかさばって、余分な糖が吸収される事を防いでくれます。この働きが血糖値の急激な上昇を抑えてくれるのです。

    出典 :女性に捧げる “老けたくない”SP|NHK あさイチ
     

    NHK「あさイチ」では、そのアンチエイジング効果を取り上げていました。

  • 寒天ゼリーばかりはちょっと飽きる…毎日飽きずに摂取するには?

  • ごはんやお味噌汁に入れて

  • 洗ったお米に入れ、普通に炊いて下さい。
    (米1合に対して、粉寒天1g目安です。 棒・糸寒天なら2gです。)
    <ポイント>
    ご飯に光沢ができ、モチッとおいしくなります。おまけに食物繊維も摂れます。



    出典 :寒天レシピ|基本|寒天ごはん
  • 寒天入りドリンク

  • ■「粉寒天ドリンク」
    粉寒天ドリンクは、85~95度の飲み物200mlに、粉寒天2gを加えてよくかき混ぜ、冷えて固まる前に飲むことが基本。煮溶かして飲む方が効果的だそうです。(水だと胃腸で効果を上げずに排出する部分が若干あるそうです。)
    粉寒天は無色無臭なので、抵抗なく飲めます。コーヒー、紅茶、お茶など砂糖なしで飲めるドリンクに入れて飲むのがオススメ。スープやみそ汁なんかに入れてもいいよね!
    出典 :COLUMN:「戦う!お姉さま」
  • これなら毎日無理なく取り入れられますね!

  • 寒天マスターになるためのオススメSHOP