燃え尽き症候群の対処法

よく耳にする「燃え尽き症候群」。そして誰もが一度は、多かれ少なれそれに囚われた経験があるのではないでしょうか?その対処方法とは???

view446

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも、燃え尽き症候群とは?

  • 燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム)とは、アメリカの精神分析学者H・フロイデンバーガーが命名した病名で、「燃え尽き」とは自分が最善と信じて打ちこんできた仕事、生き方、対人関係の持ち方が、まったく期待はずれに終わったことによってもたらされる疲弊の状態と定義されています。

    燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム)は、一連の心身の兆候が組み合わさって出現する症候群で、今までエネルギーに満ち溢れ、仕事に没頭していた姿とは全く対照的な状態になってしまう病気です。また、自責感を持つことがなく、自己信頼感がなくなり、周囲の人たちに対して怒り・敵意・不信感・攻撃性が向けられる点でうつ病とは異なりますが、燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム)からうつ病へと発展する人も少なくありません。
    出典 :燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム) | こころの病を改善・克服するサイト
  • 重症化すると、人によってうつ病を発症する人もいるらしく、注意したいところです。

  • 燃え尽き症候群 新しい世界に触れよ!

  • 燃え尽き症候群の症状とは?

  • <燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム)の症状>
    燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム)では、単なる疲労感や意欲の減退にとどまらず、以下のような症状をきたします。
    ◯消耗し尽くした感じで、疲労や意欲の減退が起こる。(※1)
    ◯ストレス性の身体症状(頭痛・肩こり・不眠・胃腸障害など)が現れる。
    ◯自分に自信が持てなくなる(すべきことを成し遂げたという気分が実感できなくなる=個人的達成感の減退)。
    ◯周囲を思いやる余裕がなくなる。
    ◯人間関係が苦痛になり、かかわりを拒否したり無関心になったりする(人を物のように扱ったり、事務作業に集中するようになる)。
    ◯自分を正当化したり、些細なことにこだわって相手を責めたりする。
    ◯感情のバランスを失い不安定になる。
    出典 :燃え尽き症候群(バーンアウト・シンドローム) | こころの病を改善・克服するサイト
  • どんな人がこれに陥りやすいか?

  • これに当てはまる人は赤信号

  • この疾患は、教師や看護師等の「対人援助職」に就いている人をはじめ、仕事一筋のビジネスマンや子育て一筋の専業主婦等も陥りやすいといわれています。

    ビジネスマンにしても専業主婦にしても、共通しているのが「一つのことに打ち込んで、高い目標を掲げている」ことです。その目標が達成された、或いは達成されなかった際に燃え尽きてしまい、バーンアウト症候群を発症させてしまうのです。

    頑固で一途な性格の人も要注意

    何かにひたすら打ち込むことが出来る人の性格は、頑固であったり一途であったり、或いは周囲の思惑を無視して突っ走る傾向にあります。そういった性格である人は、特に注意が必要といえるでしょう。具体的には、以下のような性格の人です。
    やる気満々で理想の高い人
    猛烈社員型のビジネスマンやキャリア・ウーマン
    高い目標を持つ受験生

    また、社会的な対人関係に於いても、燃え尽き症候群が発症する可能性があると指摘されています。具体的には以下のような特徴の人です。
    対人関係で要領の悪い人
    世渡りが下手な人

    燃え尽き症候群は完璧主義者の人に多い

    バーンアウト症候群(燃えつき症候群)に陥りやすい人の典型的な性格として、「完璧主義」が挙げられます。完璧主義な性格の人は、仕事が順調に進んでいるときは、高い成果を挙げる事ができます。しかし、ほんの小さな躓きをきっかけに、一気に気力を失ってしまう可能性があり、その結果「燃え尽きて」しまうのです。

    自分の性格が完璧主義な部分がある・・・と感じている人は、多少の失敗や妥協なら問題ないというくらいの気持ちで仕事に取り組み、「全てを完全に仕上げる」という考え方を、少し和らげるようにしてみましょう。

    そして、自分が達成してきたこと、できる事に焦点を当てて、自己を肯定的に評価するといった方法で、上手にストレスを発散していく必要があります。
    出典 :バーンアウト症候群(燃えつき症候群)の症状と原因・対処方法 | うつ病にならないための知識
  • どのように対処すればいいのでしょうか?

  • 身体的な対処法としては、まずは生活のリズムや内容(生活習慣)を見直すことです。心だけでなく、体への負担も大きなストレスの元。体への負担が減るだけでも、心にゆとりが生まれ、その結果が燃え尽き症候群の対処法となるわけです。

    体への負担を軽減する具体的な方法としては、以下のものがあります。
    しっかりと時間をかけて入浴する
    十分な睡眠をとる
    バランスのとれた食生活を心がける
    仕事が終わってからのテレビやパソコンの時間を減らす
    適度な運動を行う
    出典 :バーンアウト症候群(燃えつき症候群)の症状と原因・対処方法 | うつ病にならないための知識
  • 治療と言うよりは、普段の日常生活の改善ですね

  • プチ状態の時に、早めに対処するのも手です