【冬太りダイエット】冬のうちにナンとかしなくちゃ!ネ♪

冬太りダイエット

年末年始、色々美味しいもの食べましたね?
ええ、見れば分かります♪
でも・・・“それ”で大丈夫?
暖かくなる前に、その冬太りをなんとか解消しちゃいましょう!
お互いに♪

view309

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  




     「冬太り」の原因って?

  • ①気温が下がり、体が冷える。

    ②毛細血管が収縮し、血行が悪くなる。

    ③新陳代謝が悪くなる。
    ↓※冬場はイベントで食べる機会が多い。
    ↓※寒さで体を動かさない。
    ④脂肪がうまく燃焼されない。

    冬太りに!!
    出典 :冬のダイエット
     

    うう・・・改めて言われると、その通りです・・・しかも美味しいものいっぱい食べちゃうし。

  • 冬太りする人の冬の生活を見ていくと、大きく分けて、次の二つが原因になります。
    1.エネルギー消費量が減る
     寒くて外に出る機会が減り、運動量が減る。
    「冬の間は、運動はお休みしちゃおう」
    「こたつでゴロゴロして、お菓子をつまんでいるのが幸せ」というタイプ
    2.エネルギー摂取量が増える
     付き合いから、忘年会・新年会などの宴会が多い。
     食事もたくさん食べ、お酒もたくさん飲む。
     正月に実家に帰ると、美味しい料理がたくさん出る。
     クリスマスやバレンタインなど、ケーキや甘いお菓子を何度も食べる機会がある。
    出典 :ストップ!冬太り 冬に脂肪をためない方法 1 「冬太りの原因」| 健康Salad“食・栄養”特集
     

    みなまで言わないで~~分かってます、おっしゃる通りでございますごめんなさい!w

  •  



    早速ダイエット!・・・の前に予防策!

  • まだまだ寒い冬・・・予防策も考えておかないといけません!

  • 鍋は好きな食材から食べるべし!

     

    鍋はみんなでシェアするので一人当たりの量が決っていなくて、つい食べ過ぎてしまう。さらに好きな食材を入れる前に満腹感が満たされていても、メインは必ず食べたいのは当たり前。私の経験では、しゃぶしゃぶで豚肉とちょっと高めの牛肉を用意した時、メインの牛肉の頃にはかなりの満腹状態に。それでも食べてしまうんですよね。だから、その後は鍋の時は好きな食材から食べるようにしています。もちろん、鍋は白菜など低カロリーの食材が多く、油を使わない調理なので、ヘルシーには間違いないのですが、やはり、入れる具の脂肪分が高い場合や、ご飯を一緒に食べる人は食べ過ぎには要注意です。

    引用)http://club.panasonic.jp/diet/winter/

  • シメの雑炊だと御出しを全部食べちゃうことになり、カロリーもオーバー!ここは「うどん」で我慢しましょう♪

  • <エネルギー消費量を増やそう!>

     

    冬は特に、体を動かすように意識しましょう。外が寒ければ、屋内で体を動かしましょう。階段の上り下り、お風呂上りのストレッチなど、その程度でも構いません。お掃除も力を入れてやれば、運動になります。少しずつ運動量を増やしましょう。夏より、代謝の良い冬の方が効率もいいですよ。

    引用)http://www.k-salad.com/food/feature/050_1.shtml

  • 食後のデザートには、パイナップルを

    パイナップルには、他のフルーツに比べて“パントテン酸”が多く含まれています。このパントテン酸は、脂肪や炭水化物のエネルギー代謝を助けてくれる効果があり、その結果、新陳代謝をあげて肥満を阻止してくれるのです。さらに! 大きな味方が“ブロメライン”という成分です。ブロメラインとは、タンパク質分解酵素というものでお肉を食べ過ぎたとき、パイナップルを食べることで消化を助けてくれます。一つ気を付けたいのが、このブロメラインの摂り方です。ブロメラインは生のパイナップルにしか含まれておらず、60度以上の加熱によって、活性を失ってしまいます。缶詰のパイナップルも同様で、生産過程での加熱によって、タンパク質分解酵素としての働きを失っています。必ず生のパイナップルを食べるようにしましょうね。
    出典 :あなたは大丈夫?危険な「冬太り」を阻止する強い味方2つ
  • 「冬太り」を解消しよう!

  • ●むくみ
    老廃物の体外排出が上手くいかなかったり、冷え等によってむくむタイプ。リンパドレナージュで滞った流れを解消したり、体を温めて血液の循環を良くするなどの方法が効果的です。
    ●脂肪
    摂取カロリーが消費カロリーを上回り、脂肪が蓄積して太るタイプ。食事管理や、運動など脂肪の燃焼を促す方法が必要です。
    ●セルライト
    脂肪や老廃物が絡み合った状態のセルライトは、マッサージでもみほぐし、代謝を良くして体外に排出しやすい状態にすることが必要です。
    出典 :冬のダイエット
     

    なるほど!どんな「冬太り」してるかで対応も違うですね!

  • 一日の冷えをお風呂でリセット

     

    冬のダイエットは、何をおいても「冷え対策」です。まずは毎日お風呂に入ることを心がけます。ぬるめの半身浴がいいとは言うものの、ぬるめのお湯に入るのは冬には結構つらいことも。それであれば特に温めにこだわる必要はありません。汗が出る程度の温かさのお湯に入って、汗を流して代謝を上げる。そうすることで、一日の中で実は一番消費カロリーが多いと言われる「就寝時」のカロリー消費をもっと効率よくさせます。

    引用)http://goodluckjapan.com/winter_diet/

  • ショウガを摂って代謝アップ!

  •  

    冬太りの原因でもある脂肪を燃焼させるには、体内の代謝をアップさせる必要がありますが、そのためには身体を内側から温めてあげると効果的なんですね。ですので、身体が温まるような食材を積極的に摂りいれましょう。たとえば、唐辛子、長ねぎ、かぼちゃ、鶏肉などが挙げられます。紅茶に少しおろしショウガを入れて飲むのもオススメです!砂糖の入れすぎと、おいしいので飲みすぎには気をつけましょう。

    引用)http://awonawilona.com/