どうしたら良い?「シェーディングの入れ方」を覚えよう

シェーディングの入れ方はどうしたら良いの?今更聞けない事のまとめ!

view84

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • シェーディングの入れ方を

  • ブラシにたっぷり粉を含ませる。シェーディングのブラシは大きめの方が失敗は少ないです。たっぷり取ったらブラシの外側についている余計な粉を手の甲やティッシュで落とし充分ブラシの中に粉が含まれてるのでブラシの外側の粉はいりません。むしろムラの原因になることの方が多いですあせる
    出典 :初心者メイク!分かりやすく解説☆ 番外編 シェーディングの入れ方|ヘアメイクのプロが教えるテクニック&プチプラ情報
  • リキッド→ルースの順番でベースを作る。ルースパウダーを使うとシェーディングパウダーがなじみやすいよ!えら 耳下からあごまでのラインをシェーディング。最初に耳下にブラシを置いて、上下に動かそう。
    出典 :http://howcollect.jp/article/3608
  • 「ハチ」とは眉山のライン上にある、おでこの左右のでっぱりのこと。一番出っ張っているところにブラシを置いて左右に動かそう。濃い色を使って、富士額のように色をのせるよ。生え際の真ん中から左右に広げる。小さめブラシでのせよう!
    出典 :http://howcollect.jp/article/3608
     

    顎にもおおきなブラシでふわっとのせてみましょう。

  • するのと

     

    しないのでは大きく差が出てきます。顔の輪郭がガラッと変わっているのがお分かり頂けるでしょうか?これがシェーディングの効果と言ったところですね。

  • 輪郭を引き締めるイメージ

  • 明るく美肌な印象ですが、顔がなんとなく膨張して見え、首との色の差も気になりませんか? 輪郭にシェーディングカラーをプラスすると、美肌はキープしながらも引き締まった仕上がりに。立体感も出て、美人顔に見えます。
    出典 :超簡単・シェーディングカラーの入れ方 | 美的.com
  • 「多くの人は、明るめのファンデーションを顔全体に塗っています。そのいつものファンデーションを顔の中心部に塗り、フェースラインにはシェーディングカラーをのせて」(佐藤さん)。リキッド派もパウダリー派も、それぞれ色がなじみやすいアイテムを選んでいるのでムラになる心配はありません。
    出典 :超簡単・シェーディングカラーの入れ方 | 美的.com
  • 簡単な説明だと

  • シェーディング:左45度前方を見ます。この状態で顔(右頬)の一番高いところ(鏡に一番近いところ)より外側にカラーを入れます。「茶」ではなく「濃いベージュ」がお勧めです。オレンジ系のベージュだと元気な印象になります(右45度を見て左頬も同じように仕上げます)
    出典 :ハイライトとシェーディングの入れ方 −chieco(チエコ)−
  • ハイライトのブラシは固めでも柔らか目でも好みで良いと思いますがシェーディングのブラシは柔らか目のほうがフンワリつくので失敗が無いと思います。解りにくい文章だったかもしれませんが、ご参考になれば嬉しいです。
    出典 :ハイライトとシェーディングの入れ方 −chieco(チエコ)−
     

    ムラにならないように注意してくださいね。

  • 面長さんにも効果的

  • 面長さんは縦長感を打ち消すことが大切!頬骨の最も高い部分より少し「下」の位置に、「水平」「横長」のだ円形を入れるのが最大のポイントです。卵型さんのように斜めに入れてしまうと縦長感が強調されてしまうので気を付けて。
    出典 :顔タイプ別☆小顔に見せるチークの入れ方|モテ子BEAUTY
     

    チークを入れた後に

  • 小ワザ…額とアゴにシェーディングを入れると小顔効果UP◎
    出典 :顔タイプ別☆小顔に見せるチークの入れ方|モテ子BEAUTY
     

    こうすると面長さんもびっくり小顔効果!

  • シェーディングは

     

    入れ方次第で色々と顔の印象が変わります!そのあたりも研究しながら楽しむ事が出来れば、面倒なメイクも楽しくなりますよ!