妊娠しやすい身体を作るには卵管つまりの治療が効果的

不妊に悩んでいる方の多くは、卵管障害を患っているそうです。卵管つまりの治療で卵管障害は改善できますので、妊娠しやすくなります。

view137

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不妊症には、たくさんの原因があります。
    卵管のつまりもその一つです。

  • 卵管が働きづらくなったり、働かなくなってしまったりして、妊娠しづらくなってしまったり、妊娠できなくなったりしてしまう卵管性不妊症です。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】卵管障害と不妊治療
     

    卵管性不妊症はけっこうメジャーは疾患です。

  • 卵管は子宮の左右に1つずつあり長さは約10㎝、
    直径は狭いところで1mm程度しかありません。
    出典 :卵管障害(卵管性不妊)
     

    直径1ミリとは、すごく狭いですね。

  •  

    女性の子宮と卵管は、図のようになっています。

  • 1mmの狭い卵管を受精卵が通って子宮に運ばれます。そのため、卵管の通りが悪くなったり、卵管が癒着したり、卵管が詰まる状態を、卵管障害(卵管性不妊)といいます。卵管障害になると、受精ができなかったり、受精卵が子宮まで移動できないため着床できません。
    出典 :卵管障害・卵管性不妊
     

    1ミリしかないのであれば、ちょっとのことで詰まってしまいますよね。

  • 卵管障害は不妊症の30%とも言われていて近年増え続けている不妊原因です。
    出典 :卵管障害(卵管性不妊)
     

    卵管性不妊が原因の方は、30パーセントいるということですので、3人に1人に当てはまると言うことになります。
    けっこう多いですね。

  • 受精卵が卵管に着床すると
    子宮外妊娠(リンク)を引き起こします。
    出典 :卵管障害・卵管性不妊
     

    卵管がつまると子宮外妊娠になる可能性もあるのですね。

  • 原因は感染

  • 卵管の内腔は非常に細く、一番細いところでは1mmくらいしかありません。このため卵管に感染が波及すると、容易に卵管閉塞が起こります。卵管閉塞を誘発する起炎菌は主に大腸菌、淋菌、クラミジア・トラコマティス、結核菌などです
    出典 :不妊治療基礎知識|三重県津市 西山産婦人科不妊治療センター[不妊一般治療・体外受精・顕微授精]
     

    菌に感染することで卵管が詰まってしまうのですね。

  • 感染源は、パートナーであることも

  • 卵管性不妊症は先進諸国で36%程度であるのに対して、アフリカ諸国などでは85%にのぼるというデータがあります。卵管性不妊症のリスク要因は、STD、複数のパートナー、若年化、人種差、社会経済、避妊手段の有無などが関係しています。
    出典 :卵管障害(卵管性不妊)
     

    85パーセントとは、異常な数値ですね。

  •  

    複数の男性と性交渉することは、感染する機会を増やします。
    子作りでなければ、きちんと避妊しましょう。

  • 卵管つまりの治療法は?

  • 子宮卵管造影検査は、検査後に妊娠しやすくなることで知られています。これは、造影剤が卵管内を消毒して内部の滑りをよくしたり、通過する際に卵管を少し押し広げて粘液などの軽い詰まりを解消したりするためです。痛みがあることで敬遠されがちな検査ですが、治療効果も期待できるので積極的に受けるようにしましょう。
    出典 :子宮卵管造影検査
     

    一般的な卵管つまりの治療として、卵管造影検査があります。かなりの激痛だそうですが、この検査だけで卵管のつまりが無くなり、妊娠するケースはけっこうあります。

  • 1)卵管通水治療
    通水治療は、水または水と薬剤の混合液を、卵管内に注入します。子宮卵管造影の造影剤の替わりに水を注入すると考えていただければわかりやすいでしょう。狭塞や癒着があって卵管に通過障害のある場合が対象です
    出典 :不妊治療基礎知識|三重県津市 西山産婦人科不妊治療センター[不妊一般治療・体外受精・顕微授精]
     

    軽度の方には、この方法が有効だそうです。