どうして?想像妊娠になる原因と症状とは?

妊娠症状がでているのに妊娠していないのはどうしてでしょうか?想像妊娠になる原因と症状をみていきたいと思います。

  • kei 更新日:2014/10/02

view91

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 想像妊娠

  • 想像妊娠(そうぞうにんしん、pseudocyesis、false pregnancy)とは、実際には妊娠していないにもかかわらず、妊娠における様々な兆候が見られる心身症状の一種。精神状態が肉体の変化を起こす一例であり、多くは妊娠を強く望むか逆に強く恐れている神経質な女性にみられる。
    出典 :想像妊娠 - Wikipedia
     

    赤ちゃんを切望している女性なら考えられる症状です。

  • 強く赤ちゃんを望むこと以外に原因はあるのでしょうか?

  • 実際の妊娠時に見られる、こころやからだの様々な変化は、妊娠によって分泌される女性ホルモンの作用によって発生するものです。それに対し、想像妊娠による変化や障害は、妊娠を非常に強く望んだり、妊娠に対する大きな不安や恐怖がストレスとなり、その結果として体調を崩したり、ホルモンバランスが崩れたりして発生します。
    出典 :妊娠していないのに妊娠のような症状が出る「想像妊娠」とは〜原因と対策
  • よって想像妊娠が発生しやすい女性は、神経質であったり、高齢で妊娠に焦りを感じていたり、過去に流産の経験があったり、絶対妊娠したくないと思っていたり、といった女性が多いようです。
    出典 :妊娠していないのに妊娠のような症状が出る「想像妊娠」とは〜原因と対策
     

    妊娠に対して強い思いもあわせて、性格や過去の経験が関わってくるようです。

  •  

    それでは、想像妊娠になってしまった時の症状の出方はどうでしょうか?

  •  

    もうすこし、具体的にはどんな症状があるのでしょうか?

  • ・生理が遅れたり、止まったりする(生理不順・無月経)→ストレス、疲労、ホルモンバランスの崩れなどによる・胸やお腹が張ったり、子宮に赤ちゃんがいるような、胎児が動いたような感覚を覚える→ホルモンバランスの変化に伴う便秘や皮下脂肪の増加による・つわり(吐き気や嘔吐感がある)、母乳が出る、乳首や乳輪が大きくなるなど→ホルモンバランスの変化による
    出典 :妊娠していないのに妊娠のような症状が出る「想像妊娠」とは〜原因と対策
  • 想像妊娠に対しての予防や対策はあるのでしょうか?

  • 想像妊娠を引き起こす元となっているのは、妊娠に対する期待や不安によるストレスです。
    よって、大抵は妊娠検査薬や医師の診察によって、想像妊娠であること、妊娠していないことが判明すると、自然に解消します。
    出典 :妊娠していないのに妊娠のような症状が出る「想像妊娠」とは〜原因と対策
     

    ストレスが大きく関わっているのですね。

  • 想像妊娠を防止するためには、普段から疲労やストレスをためこまないような心掛けが大切です。
    「なるようになる」といったふうに気持ちを切り替えたり、適度な休息、気晴らし、リフレッシュによって心とからだの健康を保つことが妊娠への近道になります。
    出典 :妊娠していないのに妊娠のような症状が出る「想像妊娠」とは〜原因と対策