大丈夫かなぁ?「妊娠出血の量」についてのまとめ

妊娠出血の量について知っておこう!気になったときは産婦人科に相談するのがベターです。

view146

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠出血?

  • おりものに少量混じったものから、ドバっと大量にナプキンやトイレットペーパーに鮮血につくもの、または少量の出血が何日間もダラダラと続く場合もあります。出血の基本的な考え方は、真っ赤で鮮血なほど危険が迫っています。逆に薄茶色や黒っぽいものは、以前の出血が後になって流れてきていることがほとんどです。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
  • また「腹痛やおなかの張りを伴っているか?」ということが1つの判断ポイントになります。腹痛やおなかの張りがあるときには、出血がなくても「まずは安静」と考えてください。もし出血があったときには、慌てずに清潔な生理用ナプキンをします。そして次の3つの状況をしっかり理解して、念のために病院に連絡してください。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
  • 初期の場合

  • 妊娠初期の出血は、出産した妊婦さんの約2割が経験したことがあると言われています。少量の出血から生理の出血を超える出血量の時もあり注意が必要です。妊娠初期の場合は、着床時出血といって受精した卵子が子宮内膜に根を張るときに起こる出血が出るときがあります。通常、安静にしていれば治まることが多い出血です。
    出典 :妊娠初期の出血
  • しかし、流産の兆候としてみられるものもあります。一般的におりものが茶色になったり、鮮血の出血量が多いときに流産が疑われます。流産を経験した人に聞くと、レバーのような血塊が出たり、卵の白身のような半透明状のものが出たりしたとの経験談があります。
    出典 :妊娠初期の出血
     

    このような場合は医師に連絡をとってくださいね。

  • チャートがある

  • このような

     

    チャートがあるのですが、トラブルが起きるとどれかわからないですよね。ある程度の予想はつくのでこちらを参考にしてみるのも良いかもしれませんね。

  • 妊娠出血の量については

  • ・どの位の量が出ているのか?
    下着に付くぐらいの量、ナプキンで確認できるぐらい、生理の時のような量、大量に出血など。
    出典 :妊娠初期の出血

  • 生理のときの量と比較してどのくらいかをメモして。かたまりが出た場合も報告を。
    出典 :(1)出血 - gooベビー
  • 対処としては

  • しかし、出血の中には危険な出血もあります。特に、出血量が多く、腹部に痛みを伴う場合は注意が必要です。その場合はすぐに受診しましょう。特に初期には、子宮外妊娠(異所性妊娠)による大量出血という恐れもあります。検査薬で陽性の判定が出たら、必ず産婦人科で子宮内に胎のうがあるか確認してもらうことが必要です。
    出典 :妊娠初期の出血 赤すぐ|妊娠初期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
  • 出血の原因を妊婦さん自身が判断することは難しく、診察してみなければわかりません。たとえ少量の出血であっても、子宮の中では大出血している可能性も。早急に対処しなければ、赤ちゃんやママの命にかかわる事態になるケースもありますから、すぐに病院へ行きましょう。
    出典 :(1)出血 - gooベビー
     

    勝手な判断は難しいので、しっかりとつきとめて安心する事もまた大事な事だと思いますよ。