すっきりと下痢を止める食べ物と飲み物まとめ☆

下痢はとても辛いものなのですが、下痢を止める食べ物を取り入れることによって、大きな効果を得られます。
下痢を解消させるためには、何を食べるのかということがとても重要です。
どのような食事のメニューにすれば下痢に効果があるのか、紹介します。

view7213

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは下痢についての理解を深めよう

  • 下痢とは糞便の状態が通常とは異なり液状あるいは液状に近い状態になっていることです。
    糞便の状態が変わるだけではなくて、便意が頻繁に生じるようになる点も特徴です。
    さまざまな原因によって下痢は引き起こされます。
    食中毒のようにはっきりとした原因を特定できるものの他に、神経性の下痢も存在しています。

  • 軟便と下痢は医学的には異なるものを指します。
    糞便に含まれている水分の量が7割から8割程度のものを軟便といい、8割以上が水分によって構成されている便は下痢といいます。
    軟便の場合は症状が軽く、腹痛を伴わないケースが多いです。
    一方、下痢の場合は、便が水に溶けてしまったり、水の中でバラバラになることが多く、お腹が痛くなってしまい、何度もトイレに行かなければ耐えられない状態となります。

  • 液体状の便が出た時は要注意

     

    毎回、自分の糞便の状態を確認する癖をつけておきましょう。
    そして、もしも便が液体状になってしまった場合は下痢になっています。
    早急に対策を取りましょう。

  • 下痢の時に食べるとよいものについて

  • 水分を多めに取ることが何よりも大切

     

    下痢をしているということは、普段よりも多く水分を体外に放出していることになります。
    体の中から失われてしまった水分を取り戻すために、多めに水分を補給しましょう。
    おすすめはスポーツ飲料やお茶などです。
    ジュースや牛乳などは避けましょう。
    また、飲み物を冷たくしすぎるのもよくありません。

  • 消化に良いものを食べるのが基本

     

    下痢をしている時は消化器官の働きが弱まっています。
    したがって、なるべく内蔵に負担をかけないように消化の良いものを中心に食べるとよいでしょう。
    おすすめとしては、りんごをすりおろしたもの、だいこんおろし、おかゆなどがあります。
    野菜をうらごししたものを使ったスープも栄養をきちんと補給できて、消化も良いためおすすめできます。

  • 下痢の際にはきちんと栄養を摂ることを優先しましょう。
    だからといって、何でもかんでも好きなものを食べればいいわけではありません。
    緑黄色野菜はビタミンやミネラルといった栄養素が豊富に含まれているためおすすめです。
    料理をする際にはできるだけ味付けを薄味にしましょう。
    下痢をしている時は、あくまでも必要な栄養を摂取するための食事であると割りきった考え方をするべきです。
    下痢を止める食べ物を摂取することを心がけましょう。

  • 下痢に効果のある飲み物について

  • 下痢をしている時に飲んでもらいたいものとして紅茶があります。
    紅茶には腸を収斂させる効果があるため、これによって腸の動きが正常な状態へと戻ります。
    効果にはもちろん個人差があるのですが、紅茶を飲んでからすぐに腸の状態が良くなる人がいます。
    紅茶によって体を温めることもできます。
    砂糖はあまり入れないようにして、できるだけゆっくりと飲みましょう。

  • どのような飲み物を選択するにしても、お腹を冷やすことは厳禁です。
    できれば、日本茶や紅茶を温かくして飲むとよいでしょう。
    お腹を温めることによって、下痢の症状を抑えることができます。

  • 下痢を予防するための方法

  • 下痢を予防するためには、暴飲暴食を避けることが第一です。
    食事は栄養のバランスの取れたものにして、食物繊維をたくさん取りましょう。
    アルコールや脂っぽい料理については、体調の良い時にだけ食べるようにしましょう。
    規則正しい生活習慣を心がけて、きちんと睡眠時間を確保しましょう。