妊娠中の貧血は早めに治して!お腹の赤ちゃんや出産時に影響が出ます

妊娠中の貧血は決して珍しいことではありません。
貧血は赤ちゃんの成長を妨げてしまうため、早期治療が大切です。

view65

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中は貧血になりやすい

  • 妊娠すると、貧血になる妊婦さんが多くみられます。お腹の赤ちゃんはママの血液から酸素や栄養など得て成長します。そのため、妊娠中の血液量は増加するようになっています。ただ、血液量が増えても赤血球は増えないため、血液が薄まり貧血になることが多いです。
    出典 :妊娠中の貧血は早めの対策を! | ラルーン
     

    女性は普段から貧血になりやすいと言われていますが、妊娠すると更に貧血になりやすいようです。

  • 妊娠中に鉄欠乏性貧血に陥る妊婦は、全体の30~40%にもなるといわれているため、注意が必要です。
    出典 :妊娠中の貧血は早めの対策を! | ラルーン
     

    多くの人が妊娠中の貧血に苦しんでいるようです。

  •  

    妊娠中の貧血を予改善、または防するためにも鉄分の摂取は必要不可欠なのです。
    できれば妊娠前から摂取しておきたいですね。

  • 妊娠中の貧血は赤ちゃんに悪影響

  • 妊婦さんが摂取した鉄分は、優先的に胎児へと送られるため、軽度であれば、母体が貧血であってもほとんど影響はないといわれています。
    出典 :妊娠中の貧血が赤ちゃんに及ぼす影響
     

    多少の貧血であれば、影響はないようです。
    悪化しないために対策を行いましょう。

  • 貧血が悪化すると、お腹の赤ちゃんにも影響がでてきてしまいます。発育に遅れがでたり、未熟児になる場合もあるので、妊娠中の貧血は早めに対策をとることが大切。
    出典 :妊娠中の貧血は早めの対策を! | ラルーン
     

    貧血になると、赤ちゃんが育ちにくい環境になってしまいます。
    元気な赤ちゃんを出産するために、貧血改善に力を入れましょう。

  • 妊娠中に貧血になると、ママ自身はふらつき、疲労感、めまいや動悸、といった、一般的な貧血の症状に陥ります。
    出典 :妊娠中の貧血は早めの対策を! | ラルーン
     

    貧血になった場合のママの症状はこれらです。
    これらの症状は、妊娠中のストレスにも繋がります。

  • 貧血によって、めまいや立ちくらみなどを起こしたりすると、ふらついてお腹をぶつけたり、転倒してしまう危険性もあります。直接、胎児に影響を与えないとしても、二次的に影響を及ぼす恐れもありますので、軽い貧血だからといって軽視できません。
    出典 :妊娠中の貧血が赤ちゃんに及ぼす影響
  • 妊娠中の貧血は出産時にも影響する!?

  • 貧血によって体力が低下することで、強い陣痛がつかず、微弱陣痛になってお産が長引くことがあります。また、分娩後の子宮収縮が悪くなり、出血が多くなったりすることも。
    出典 :妊娠中の貧血が赤ちゃんに及ぼす影響
     

    貧血は、このような出産時のトラブルの原因となるようです。

  • さらに、分娩時に大量出血をすると、身体の回復も遅くなり、場合によっては入院が長引くこともあるので、赤ちゃんのお世話にも影響が出てきてしまいます。
    出典 :妊娠中の貧血が赤ちゃんに及ぼす影響
     

    出産後も貧血の影響は多々あります。

  • このように、貧血は妊娠中はもちろん出産時や出産後にも大きな影響を与えてしまうのです。
    そのため、まずは食生活を見直してみませんか?