ニキビ跡を消す方法を探そう☆

厚化粧してもなかなか隠せない憎っくきニキビ跡を消す方法を探してみよう!

view209

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ニキビ跡を消すにはどうしたらいい?

  •  

    お化粧しても凸凹までは隠せない…。ニキビ跡を消す方法はないかしら?

  • ホームケアでニキビ跡を消す!

  • ニキビ跡もあまりひどくないものであれば、自宅でスキンケアを継続的に気長に行うことで、ニキビ跡を治す、改善することができるということを心においてください。皮膚科の治療を受けるにしても、自宅でニキビ跡に有効なスキンケアを行っている人と、行っていない人では違いがあるということを知っておいてほしいのです。
    出典 :現役皮膚科が教える自宅でニキビ跡を消す方法
  • ニキビ肌を正しく洗顔するポイントは、ニキビ肌に最適な洗顔剤を使用することと、たっぷりの泡でやさしく洗い上げることです。ニキビを治したい一心でゴシゴシ洗顔すると、お肌を傷つけてニキビを悪化させてしまうことがあるので注意しましょう。
    出典 :ニキビのスキンケア方法 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 市販の化粧水やクリームの中にはビタミンC誘導体を含むものもあります。Cはニキビを治すためにはとても重要な成分であり、ビタミンCにはニキビの原因でもある活性酸素を抑制する抗酸化作用があります。このような化粧水を毎日のスキンケアに取り入れるのも一つの方法です。
    出典 :ニキビ跡を治すスキンケア
  • 化粧水は直接手につけないで、コットンに含ませて使用するほうが、手に付いた汚れがにきび跡に付くことがなくて良いですよ。
    そして化粧水の後は乳液で、皮脂や表皮の油分を調整してあげてください。
    出典 :にきび跡スキンケアの基本:にきび跡治療とニキビケア〜原因と予防
  • にきび跡に刺激を与えることはできません。
    刺激がしないように作られた天然素材のUVカットミルク、油分の少ないクレンジング剤、抗酸化作用に優れたビタミンCやEが配合された化粧水というように、化粧品選びは慎重にしてください。
    出典 :にきび跡化粧品の基本知識:にきび跡治療とニキビケア〜原因と予防
  • また、にきび跡のケアができる化粧品といっても人によって相性がまちまちですから、人から勧められたとしても必ず自分の肌に合うとは限らないことがありますから注意が必要です。
    天然素材の成分が配合されていても皮膚アレルギーを引き起こしてしまうケースもありますからね。
    出典 :にきび跡化粧品の基本知識:にきび跡治療とニキビケア〜原因と予防
     

    ニキビ跡の肌はとても刺激に弱いです。天然成分だからと安心してはいけません。

  • ピーリングは皮膚科でも美容外科でも、また自宅でも行うことができます。自宅で行う場合、ピーリング石けんやジェルなど市販されているものを利用して行います。基本的に毎日行うものではありません。週に2回くらいがいいでしょう。
    出典 :現役皮膚科が教える自宅でニキビ跡を消す方法
  • 石けんの泡でパックをしている間、ピーリングの成分となるAHA成分が働きお肌がぴりぴり下感じがする場合もあります。酸が皮膚に浸透しているためぴりぴりした刺激を感じるのですが、これがピーリングの機能で、皮膚が柔らかくなり古い角質が除去されているのです。
    出典 :現役皮膚科が教える自宅でニキビ跡を消す方法
  • ただ3分以上お肌に乗せておくことは×。刺激が強すぎます。時間を守って洗い流し、ピーリングの後にはローションや美容液等、美容成分、水分をしっかり補給しましょう。
    出典 :現役皮膚科が教える自宅でニキビ跡を消す方法
     

    にきび跡には刺激はできるだけ与えないようにしましょう。

  •  

    正しい洗顔をこころがけ、定期的にピーリング石鹸でピーリング。
    低刺激の化粧水と乳液で保湿を心がけましょう。

  • ホームケアでニキビ跡を消すのにかかる期間はどれくらい?

  • ニキビ跡は赤く残ってしまっただけなら比較的早く治りますが、それでも数週間はかかることがあります。
    この赤いニキビ跡を法放置しておくと紫外線などを浴びて色素沈着がおこりやすくなります。色素沈着を起こして茶色いシミのようになったしまうとさらに治るまでの期間が長引きます。
    出典 :ニキビ跡を治す期間
     

    一か月くらいが目安のようですね

  • 皮膚科の薬でニキビ跡を消す!

  • ホームケアにも限界があります。なかなか治らないときは病院に行ってニキビ跡を消しましょう。

  • ニキビは皮膚病の一種でもあるので、ニキビを治療せずにそのままにしておいたり、素人判断で薬を選んだりすると、ニキビ跡が残ってしまう可能性が高くなります。
    ニキビがひどいなと感じたら、自己判断で放置せずに、ニキビ専門の皮膚科などの医療機関で早めに治療をうけたほうがいいです。
    出典 :ニキビ跡の治療法�
  • にきび跡の治療薬として、「ケロコート」という薬があります。「ケロコート」を使ったにきび跡の治療方法は、1日1回、「ケロコート」をにきび跡に塗るだけでよいので大変簡単です。
    出典 :外用薬を用いたにきび跡治療
  • 「ケロコート」は、にきび跡や火傷跡などさまざまな傷跡を消す治療薬として、多くの医療現場で使用されていました。皮膚科医や形成外科医からも高い評価を得ています。
    出典 :外用薬を用いたにきび跡治療
  • ニキビ後の治療薬に、ハイドロキノンというお薬があります。このハイドロキノンはトレチノインと一緒に利用すると有効であるといわれています。ハイドロキノンには、肌のメラニン生成を抑制する働きがあり、トレチノインは肌の新陳代謝をアップするという働きがあるので、組み合わせて利用することが望ましいのです。
    出典 :ニキビ跡に効果が期待できる外用薬
  • 保険対象外の治療法でニキビ跡を消す!

  • 保険対象外ですから費用はかかりますが、そのかわり短期間で効果が高いものも!

  • レーザー治療は、にきび跡がとてもひどく赤みがのこりやすい肌質の方や、凸凹やケロイドが残っている重症のにきび跡の治療として、最もお勧めの治療方法だといわれています。ひどいにきび跡の場合、年齢を重ねるごとに皮膚の凸凹がひどくなるという方もいらっしゃるようです。
    出典 :レーザー治療でにきび跡解消
  • フォトフェイシャルとは、1990年代に開発された方法で、顔全体に光を当てることによって様々な肌のトラブルに効果のある治療法です。
    出典 :ニキビ跡の治療法�
  • ニキビ跡の治療は、ニキビの炎症や、膿の原因となるポルフィリンというアクネ菌の代謝物にクリアライトを当て、活性酸素を発生させニキビ菌を死滅させる方法を用いています。
    出典 :ニキビ跡の治療法�
  • イオン導入は、ビタミンC誘導体を電流の流れにのせ、肌の深部へと送り込んでビタミンC誘導体の効果を高め、ビタミンC誘導体の肌への浸透性を高める治療法です。
    出典 :ニキビ跡の治療法�
  •  

    ニキビ跡を消すには様々な方法があります、自分にあった方法を見つけ美肌を取り戻しましょう