肺癌は治りにくい?適切な治療を受けて肺癌に立ち向かうまとめ。

肺癌は癌の中でも治りにくいとされています。また加齢や喫煙によっても困難さは増します。
しかし従来からの治療法とともに新薬の開発やレーザー療法など新たな治療法が進化しています。

治療法や療費がどのくらいかかをよく知り、適切な治療法を受けるためのまとめ。

view1020

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肺癌を詳しく知ろう

  • 肺がんには、顕微鏡で見たがんの組織の特徴から、腺がん、扁平上皮(へんぺいじょうひ)がん、大細胞がん、小細胞がんなどの種類がありますが、臨床的には、その治療方法の違いから、小細胞がん、非小細胞がんと大きく2つに区別しています。
    出典 :肺がん - goo ヘルスケア
     

    肺癌は2種類に大別されます。
    この区分は病期の進行度合いの判断や治療方針などを考える際に基本的な材料となります。

  • とくに喫煙歴は重要で、(1)喫煙開始年齢が15歳以下であること、(2)喫煙量が多いことなどで、ますます肺がんを発症する確率が高くなります。また、他人のたばこの煙を慢性的に吸入すること(受動喫煙)も肺がんのリスクとされ、近年、非喫煙女性の肺がんも増加傾向にあります。
    出典 :肺がん - goo ヘルスケア
     

    肺癌になる危険因子として最も重要な事は喫煙。そして加齢。

  • 肺癌の診療

  • 肺癌診断の流れ

     

    このような順に肺癌であることが確定されていきます

  • 肺癌の治療とは

  • 肺癌の種類別の治療のポイント

  • 最近ではレーザー療法も注目されています

  • 肺癌の治療法の選択

  • 抗がん剤による化学療法について

  • がんの治療にかかる費用はどのくらい?

  • 入院が必要な治療法
    ●外科手術(約2週間)
    ●光線力学的治療(1~2週間)

    退院した後は、術後の経過を見るために受診が必要です。
    ●化学療法(約3~6ヶ月)
    ●放射線療法(約1~2ヶ月)

    化学療法の場合は、副作用の影響で大きく治療期間が変わってきます。副作用が軽い場合は外来通院で足りることがありますが、ほとんどは入院が必要です。
    ●粒子線療法(約1ヶ月)
    出典 :肺がんの治療期間のめやす
     

    肺癌の治療期間の目安