白髪になるのはなぜでしょうか

白髪は、老若男女誰にでもなる現象です。なぜ白髪になるのでしょうか。

view279

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 白髪とは

  • 加齢や病気、ストレスなどにより、メラノサイトが徐々に減少すると、メラニン色素がつくられなくなってきます。するとそれに比例して髪の色素が薄くなり、白髪になるというわけです。
    出典 :白髪とは
  • 何歳から白髪になるの?

  • 多くの人は30歳代後半くらいになると、白髪の存在を意識し始めます。
    そして、40代前半以降から白髪染めを使うようになる傾向があります。
    出典 :白髪は何歳から生えてくる?|白髪染め口コミランキング
  • 男性と女性どちらが白髪が多いの?

  •  

    白髪や脱毛症にもなりやすい男性に対して、女性の場合は、髪の毛全体が白髪になることはほとんどありません。稀に男性のように白髪になる方もいますが、全体的には、白黒入り混じった灰色の状態を保つことが多いのです。髪の毛に関連する女性ホルモンが多い分だけ女性は白髪になりにくいと考えられます。

  • 白髪とストレスの関係

  • ストレスによる頭髪の影響には、円形脱毛症や薄毛という症状としても現れることがあります。
    出典 :白髪の原因は強いストレス
  •  

    白髪とストレスには密接な関係があります

  • なぜ白髪になるのでしょうか

  • 老化、ミネラル不足などの栄養障害、生活習慣、遺伝、ストレス、病気・疾患などが考えられます。
    出典 :なぜ白髪になるのか
  • 白髪は、もう黒い髪の毛にならないの?

  • 特定の病気やストレスが原因で白髪になった場合はその病気やストレスが治れば黒髪が蘇る例もあります。つまり弱っている色素細胞(メラノサイト)を活性化して白髪を黒い髪に戻すことは可能です。
    しかし、死んでしまった色素細胞(メラノサイト)を蘇らせるのは現時点では困難なようです。
    出典 :白髪は黒くなるか
  • 白髪を抜くと増えるの?

  • 白髪を抜くと毛根が炎症を起こしたり、毛髪が再び生えなくなったりする原因になるため、好ましいことではありません。また、白髪が増えることはありません。
    出典 :第6回 「白髪は抜くと増える」はホント? | 知って得する【白髪染め】トリビア | 【白髪染め】情報サイト いろみごこち
  •  

    無理に白髪を抜くことは、毛根が炎症しますのでオススメできません