眉毛のケアしていますか?正しい眉毛ケアを行おう♡

顔の印象を変えるまゆげ・・・
「眉毛を抜くとまぶたがたるむ」という声も・・・
正しい眉毛ケアで綺麗な目元を目指しましょう☆

view1349

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 都市伝説に騙されない事♪

  • 皮膚について科学的に研究する人々からすると、どうやら
    「眉毛を抜くと皮膚がたるむ」というのは真っ赤な嘘、とは言わぬまでも都市伝説の可能性大。
    眉毛は毛が太く、抜いた部分の毛穴に雑菌が入りやすいので、
    毛嚢炎になるリスクが他の部位より高い。そのリスクへの啓蒙が
    いつのまにか「眉毛は抜いてはいけない」とすり替わってしまったのではないか。
    出典 :「眉毛を抜くとまぶたがたるむ」は都市伝説なの!? あの美人女医に聞いた正しい眉毛ケア| Life & Beauty Report(LBR)
  • 正しい抜き方を覚えておこう♡

  • ・眉毛を抜く際は器具を持っていない方の手で毛穴に負担のかからないよう周りの皮膚を押さえる等して、
     なるべく毛穴に負担がかからないようにする。

    ・毛抜きや手は徹底的に清潔に。

    ・メイクしたままで眉毛を抜くと器具や手の衛生に気を配っていても、メイクの成分や粉、
     雑菌などが毛穴に入ってしまう可能性が高いので、眉を抜く時はすっぴんの状態で抜くのが鉄則
    出典 :「眉毛を抜くとまぶたがたるむ」は都市伝説なの!? あの美人女医に聞いた正しい眉毛ケア| Life & Beauty Report(LBR)
     

    これだけは守りましょう

  • 抜くよりもカミソリが優しい

  • 眉からかなり離れた部分にポツンと生えている物など、どうしても抜きたくなる物以外の眉毛は、
    抜かずにこまめにカミソリで整えると、たるみやシワになりにくいと言うことです。

    また太さが気になる場合も、長さを整えるなどして、ボリュームをダウンすることで、
    太く見えるのを抑えることもできるので、抜かずにケアすることが一番だと言うことです。
    出典 :20代女性のトレンド眉毛ケアとアイメイクの最新事情 | 美容ブログ [女性の美学]
  • 眉毛も髪の毛と同じ!?

  • 最近は、女性も薄毛で悩む人が増えているようですが、眉毛も毛ですので、
    同じようにだんだん生え変わる力が衰えて、抜けた毛が生えてこなくなり、
    全体に薄く、まばらになっていきます。

    若い年代から薄かったり、細い眉が好きで抜いてばかりいて、今は眉頭の点だけしかない」
    という状態になっている、40代、50代の女性もいます。
    出典 :20代女性のトレンド眉毛ケアとアイメイクの最新事情 | 美容ブログ [女性の美学]
  • まつ毛と同じようにこすらないで、眉毛にも気をくばって

  • 眉毛は、描く時や、整える時には注目しても、クレンジングや洗顔の
    時には、全く意識もせず、ぞんざいに扱われている存在ではないでしょうか?
    眉の薄毛予防のためにも、洗う際にはゴシゴシこすったりせず、優しく、またアイブロウ
    を残さずしっかり落とすなど、スキンケアとヘアケアの基本を守って、
    少し眉毛を労わってあげるだけでも、10年後の眉が変わってくるはずです。
    出典 :20代女性のトレンド眉毛ケアとアイメイクの最新事情 | 美容ブログ [女性の美学]
  • まぶたのたるみの予防法

  • それでは瞼のたるみはどのように予防すべきなのでしょうか?
    たるんでしまった皮膚をきちんと元通りにするには切開手術しか無いとの説もあるだけに、
    出来る事ならばたるむ前に予防をしたいところ。
    眼輪筋を鍛える運動をしたり、紫外線ダメージによるコラーゲンへの
    損傷も日頃から防ぐよう先手で動きましょう。
    出典 :「眉毛を抜くとまぶたがたるむ」は都市伝説なの!? あの美人女医に聞いた正しい眉毛ケア| Life & Beauty Report(LBR)
  • 眉毛のお手入れのコツはこれらしい

  • 1.眉下や眉からはずれた毛など、要らない毛をカット

    2.眉下のラインを目のフレームと平行になるように決める。
     左右の位置や目を開いた時のバランスがポイント

    3.眉下のラインに合わせてカットする。眉コームで下にとかしてカットするとよい

    4.眉頭から長さを整える
    出典 :女性も男性も参考になる「眉毛のお手入れ」 基本からメイクのコツまで - はてなブックマークニュース
  • 眉毛カットのやり方がわかりません

     

    刃は寝かせず、切りたいラインと平行に
    スクリューブラシで毛流れを整えたら、中指と親指でハサミを持ちます。そして、切りたいラインと刃が平行になるように、片方の刃を、肌にあてて切りましょう。刃が肌から浮いていると、不安定になって失敗しやすいので、注意。

  •  

    ナチュラルに見せるには、元から生えそろっているような、ふさふさ感を演出することが大事。

    そのポイントは、眉頭。眉頭の毛先は、実はカットしないのが正解。眉頭をカットすると、断面がそろうことで人工的な印象が強まってしまうのです。カットするのは、1本だけ長く飛び出ている毛だけにして、自然な毛流れを活かしましょう。