発達性障害は「心の病気」

やたらとまくし立ててしゃべり続ける人
ちょっとの事で過剰に不安がる人、全くといって落ち着きのない人。
大人になってもこんな様子でうまくコミュニケーションが取れない人
それはもしかしたら発達性障害なのかもしれません

view272

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 発達障害ってなんだろう?

  • 脳の機能に障害があることで、脳の発達に偏りが生じることです。
    これは、生まれつきの病気であり、その、脳の特性は大人になっても変わることはありません
    出典 :発達性障害とは|発達性障害とはどのような症状か? 【 1からわかる発達障害 】
  • 発達障害は、脳機能の生まれつきの障害です。発達障害がある人は、コミュニケーションや対人関係をつくるのが苦手です。また、その行動や態度は「自分勝手」とか「変わった人」「困った人」と誤解され、敬遠されることも少なくありません。それが脳機能の障害によるものだと理解すれば、周囲の人の接し方も変わってくるのではないでしょうか。
    出典 :発達障害って、なんだろう?|理解する ~発達障害って何だろう?~:政府広報オンライン
     

    発達障害は性格の問題ではなく生まれつきの障害なのです

  • 発達障害は、複数の障害が重なって現われることもあります

     

    障害の程度や年齢(発達段階)、生活環境などによっても症状は違ってきます。発達障害は多様であることをご理解ください。

  • 発達障害の子供の発達はとても波があります。一般的に10才の子供なら、発達段階は殆ど10才程度の生活レベル、知的レベルの発達がありますが、発達障害の子供の発達は、10才以上の発達を習得している部分があるかと思うと、10才にまるで満たない習得部分があります。発達障害の子供には発達にアンバランスが生じてしまうのです。
    出典 :発達性障害とは|発達性障害とはどのような症状か? 【 1からわかる発達障害 】
     

    良くも悪くもアンバランスな性格というのが特徴になります

  • 発達性障害の主の症例

  • コミュニケーション能力や社会性に関連する脳の領域に関係する発達障害の総称です。 自閉症、アスペルガー症候群のほか、レット症候群、小児期崩壊性障害、特定不能の広汎性発達障害を含みます。
    出典 :発達障害って、なんだろう?|理解する ~発達障害って何だろう?~:政府広報オンライン
     

    主にコミュニケーション能力に支障をきたす発達障害を指します

  • 自閉症

     

    自閉症は、「言葉の発達の遅れ」「コミュニケーションの障害」「対人関係・社会性の障害」「パターン化した行動、こだわり」などの特徴をもつ障害で、3歳までには何らかの症状がみられます。

  • 自閉症の人々の半数以上は知的障害を伴いますが、知能に遅れがない高機能自閉症の人々もいます。最近では、症状が軽くても自閉症と同質の障害がある場合、自閉症スペクトラムと呼ばれることがあります。
    出典 :発達障害って、なんだろう?|理解する ~発達障害って何だろう?~:政府広報オンライン
  • 急に予定が変わったり、初めての場所に行ったりすると不安になり、動けなくなることがよくあります。そんなとき、周りの人が促すと、余計に不安が高まって突然大きな声を出してしまうことがあります。周りの人から、「どうしてそんなに不安になるのか分からないので、何をしてあげたらよいか分からない」と言われてしまいます。
    出典 :発達障害って、なんだろう?|理解する ~発達障害って何だろう?~:政府広報オンライン
  • アスペルガー症候群

     

    アスペルガー症候群は広い意味での「自閉症」に含まれる一つのタイプで、「コミュニケーションの障害」「対人関係・社会性の障害」「パターン化した行動、興味・関心のかたより」があります。自閉症のように、幼児期に言葉の発達の遅れがないため、障害があることが分かりにくいのですが、成長とともに不器用さがはっきりすることが特徴です。

  • 友だちと話しているときに、自分のことばかり話してしまって、相手の人にはっきりと「もう終わりにしてください」と言われないと、止まらないことがよくあります。周りの人から「相手の気持ちが分からない自分勝手でわがままな子」と言われてしまいます。でも、大好きな電車のことになると専門家顔負けの知識をもっていて、友だちに感心されます。
    出典 :発達障害って、なんだろう?|理解する ~発達障害って何だろう?~:政府広報オンライン
     

    特定の事にものすごい集中力を発揮するのもアスペルガー症候群の特徴です

  • 自閉症、アスペルガーを広汎性発達障害(こうはんせいはったつしょうがい)と区別する場合もあります。
    また、知的障害を伴わない発達障害の仲間を高機能広汎性発達障害と呼ぶ場合もあります
    出典 :発達性障害とは|発達性障害とはどのような症状か? 【 1からわかる発達障害 】
  • 注意欠陥多動性障害

     

    「集中できない(不注意)」「じっとしていられない(多動・多弁)」「考えるよりも先に動く(衝動的な行動)」などを特徴する発達障害です。注意欠陥多動性障害の特徴は、通常7歳以前に現われます。多動や不注意といった様子が目立つのは小・中学生ごろですが、思春期以降はこういった症状が目立たなくなるともいわれています。

  • 学習障害

     

    全般的な知的発達に遅れはないのに、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなどの特定の能力を学んだり、行ったりすることに著しい困難を示すさまざまな状態をいいます。

  • 会議で大事なことを忘れまいとメモをとりますが、本当はメモをとることが苦手なので、書くことに必死になりすぎて、会議の内容が分からなくなることがあります。後で、会議の内容を周りの人に聞くので、「もっと要領よくメモをとればいいのに」と言われてしまいます。
    出典 :発達障害って、なんだろう?|理解する ~発達障害って何だろう?~:政府広報オンライン
  • 診断と治療の方法

  • 今日、広汎性発達障害を改善する薬物は存在しません。医学的な治療が求められるのは、広汎性発達障害児が示すてんかん、不眠、不安・恐怖などの情緒的問題、行動上の問題などです。
    出典 :広汎性発達障害<こころの病気> 治療方法 - goo ヘルスケア
  • 発達障害への対応として共通するのは、「子どもが障害をもちながら成長し、生活するにあたって必要な支援を適切に行う」ことが基本になるということです。これらの営みを療育といいます。その課題は、障害の特徴、年齢・発達とともに異なります。
    出典 :広汎性発達障害<こころの病気> 治療方法 - goo ヘルスケア