コレステロールを下げる!リノール酸☆

コレステロールを下げてくれるリノール酸ですが
注意点もしって摂取しましょうね☆

view149

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • リノール酸

  • リノール酸は、人体内で合成できない必須脂肪酸の一つで、n-6系列の代表的な多価不飽和脂肪酸で血中コレステロールを下げる効果があります。
    出典 :リノール酸 - 健康マトリックス
  • リノール酸の過剰摂取を防ぐために、α-リノレン酸、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などの、n-3系列の脂肪酸との摂取バランスを取ることが大切です。比率は、リノール酸などのn-6系列の脂肪酸4に対し、n-3系列の脂肪酸1の割合が望ましいとされています。
    出典 :リノール酸 - 健康マトリックス
     

    過剰摂取はダメですね!

  • コレステロールとの関係

  • コレステロールとの関係

     

    動物性脂肪に含まれ、コレステロールを増加させる
    飽和脂肪酸とは違い、魚類や植物に含まれる不飽和脂肪酸は
    コレステロールを減少させると言われているのです!
    理由としては、不飽和脂肪酸がコレステロールの排出を
    促す働きをすることにあるのです☆
    コレステロールは胆汁へ排出される形となり
    血液内のコレステロールは下がるという事だそうですよ!

  • 不足しないようにしよう

  • 体内で合成することができない必須脂肪酸は、不足すると身体に様々な影響を及ぼす。つまり、リノール酸の不足も身体に悪影響を与えることになる。リノール酸が不足した場合は、身体の成長を阻害する可能性や皮膚の炎症などが見られる可能性がある。
    出典 :【リノール酸】 コレステロールを減らすが過剰摂取は注意 | ダイエットSlism
     

    とっても良い効果ですよね

  • バランスが重要になる

  • (1)動物性脂肪に多い飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸の系列
    (2)穀類、種子に多いリノール酸系列
    (3)海藻、魚介、野菜に多いα-リノレン酸系列です。
    出典 :リノール酸の摂り過ぎはよくないといわれるが本当か/京都府ホームページ
  • ところが最近、(2)のコレステロール低下作用は短期的なもので、長期間多く摂ると、ガンや脳・心筋梗塞、アレルギー体質の引き金になるというデータが出てきて、(2)と(3)のバランスが大切と考えられるようになりました。(2)と(3)の適正比率はよくわかっていませんが、4対1かそれ以下という考え方が多いようです。
    出典 :リノール酸の摂り過ぎはよくないといわれるが本当か/京都府ホームページ
     

    このようにバランスを考えているのですね!

  • 油だけじゃなく

  • 植物油の中で(3)のα-リノレン酸が多いのはシソ油、エゴマ油ですが、価格も高く、あまり出回っていません。手に入りやすいものでは、ナタネ油、大豆油、サラダ油がありますが、(2)と(3)の比率は4対1程度です。サフラワー(ベニバナ)油はとくに(2)のリノール酸が多い油です。
    出典 :リノール酸の摂り過ぎはよくないといわれるが本当か/京都府ホームページ
     

    色々な方法で摂りましょう

  • リノール酸はなるべく生の状態で摂取するのがベストです。また、食物のほとんどは水が含まれているので熱を加えても問題ありません。しかし、リノール酸が入っている油やリノール酸が多く含まれる食品の焦げは用心する必要があります。リノール酸が多く含まれる油はベニバナ油やナタネ油があります。
    出典 :リノール酸とは?
     

    このように摂取するのが良いですね!

  • アトピーの原因にもなるので注意

  • とっても簡単に言うと

     

    簡単に言うと「オメガ6」 系は、アトピー性皮膚炎、喘息、炎症などを促進し、「オメガ3」 系は、逆に抑制する、ということになります!
    そして、私たちの現代の食生活の中で「オメガ6」が過剰になり、「オメガ3」をほとんど取らない状態が生まれ、アトピーが激増しているわけと言われているのです☆