髪の「うねり」を改善してストレートヘアを手に入れる方法☆

湿気でセットした髪にうねりがでてしまう・・・
そんな事はありませんか?
今回はその原因と対処法をご紹介したいと思います☆

view345

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • うねり

  • うねりが出てしまう原因として、根元の髪の毛が、髪の毛の生えている方向とは反対に、くせがついてしまうことが考えられます。ですから、それを予防するためには、シャンプーをした後、髪の毛の根元を中心に、適切なブローをすることです。
    出典 :うねり【髪の傷みケア~美髪になれる3つのポイント】
  • コーミング

  • ドライヤーの時間を短くしたい人は、ここで軽くコーミングをすると、水分がしっかり落ちます。
    しかし、髪の毛が濡れた状態でコーミングをすると、キューティクルがはがれる恐れがあるので、くしは、目の粗いものを使用し、軽くとかす程度にとどめておきましょう。
    出典 :うねり【髪の傷みケア~美髪になれる3つのポイント】
  • ブロー

  • ブロー

     

    毛の流れに沿って髪の毛を乾かすことにより、キューティクルも整い、髪につやもでるので、一石二鳥ですよね。ドライヤーをかける前に、洗い流さないトリートメントを塗布して、熱から髪の毛を保護します。その後、髪の毛の生えている方向に沿って、根元から乾かします。
    この時、毛の生えている方向と違い、前側から乾かすと、根元がふくらんだり、うねってしまうので、注意が必要です。

    引用:http://www.damaged-hair.net/care/post-20.html

  • ドライヤーでキューティクルを引き締める
    やり方はとっても簡単。入浴後、ドライヤーで8割程度髪を乾かしたら、冷風に切り替えて1分ほど冷たい風を当てるだけ。この時に根元から毛先に向かって手グシでとかしながら行うとさらに効果的にキューティクルを整える事が出来ます。
    出典 :2/2 簡単ヘアケアで梅雨のうねり髪対策 [ヘアケア] All About
  • 原因は頭皮に?

  • 頭皮

     

    年齢による髪のうねりの原因は頭皮にあります。
    脂質不足によるうねり
    髪は80%のタンパク質、13%の水分、5%の脂質で構成されていますが、このバランスが崩れると適度な水分量を保てなくなるため、髪はうねるようになります。

  • シャンプー

  • すぐに始めて頂きたいのが毎日のシャンプーの見直し。お顔と頭皮は1枚で繋がった同じ皮膚ですから、シャンプーでも頭皮に必要な潤いは残し、不要なものだけを優しくしっかり落とすことがポイント。洗い方も大切ですが、アイテム選びもとても重要です。
    出典 :第7回 髪のうねり、それは「頭皮の老化」が原因 - 3 - ヘアケアの極意 - MSNライフスタイル
  • 髪を濡らすことで水分が内部に侵入。シャンプー時などは最大で約30%まで髪の水分量は上がります。
    出典 :簡単ヘアケアで梅雨のうねり髪対策 [ヘアケア] All About
  • シャンプー選びのポイント

  • できるだけ多くの種類の洗浄成分が配合された商品を選ぶことがポイントです。ひとことで「汚れ」と言っても皮脂や汗、角質、ヘアケア剤など汚れの種類はさまざま。洗浄成分も汚れによって得意、不得意があるので、少なくとも5種類以上の洗浄成分が配合されたものがおすすめです。
    出典 :第7回 髪のうねり、それは「頭皮の老化」が原因 - 3 - ヘアケアの極意 - MSNライフスタイル
  • キューティクル

  • 水分コントロールが出来ないという事は、いくらコンディショナーやヘアオイルで水分を与えても保持することが出来きません。空気が乾燥すると必要な水分まで出て行ってしまいます。冬のパサつきも、梅雨のうねりもキューティクルのダメージが原因なのです。
    出典 :簡単ヘアケアで梅雨のうねり髪対策 [ヘアケア] All About