ジャパネットと違う!?【乳房外パジェット病】

皮膚がんの一種のがんです
肛門や外陰部にもできるがんを
まとめてみました

view413

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳房外パジェット病とは?

  • 皮膚に出来るがんの一種で
    乳頭部や外陰部、肛門周囲、脇の下に発生します
    皮膚の症状やかゆみ、痛みを伴います

    簡単に言えば乳がんの特殊の種類と言えるでしょう

  • 注意

     

    骨パジェット病とは違います
    ベーチェット病もありますが
    これも違う病気です

  • 症状は

  • ただれ、じくじくしてかさぶたが出来る
    軽いかゆみがでる
    湿疹やたむしと思われて長期放置される事も少なくないのです

  • パジェット病は

     

    リンパ節への転移を起こすこともありますが
    早く治療を始めると
    効果が高いと言われています

  • 進行評価基準

  • ・がんの浸潤の程度
    表皮にとどまるか、真皮に広がっているか
    ・真皮下の脈管に広がっているか
    ・近くのリンパ節への転移があるか
    最初に発生したがんに対して片側のリンパ節への転移か
    両側のリンパ節への転移か
    ・他の臓器への転移があるか

  •  

    リンパに流れると転移します
    皮膚がんのメラノーマも似たようながんに
    なってきます

    メラノーマは爪で分かる病気として
    知られていますね

  • 治療法

  • 外科的手術
    光線力学的治療
    放射線治療
    抗ガン剤治療
    などがあります

  • 光線力学的治療(レーザー治療)

     

    がん細胞に集まりやすくレーザー光線に反応しやすい
    性質を持つ物質を注入してがん細胞に取り込ませ
    がん組織を死滅させる方法です

  • メラノーマ(皮膚がん)

  • 皮膚の組織に出来るがんです
    パジェット病に含まれているがんの一つと言えるでしょう

    ネイルをしている人なら知っているかもしれませんね

  •  

    このように黒い筋が出ていたら要注意です

    メラノーマも立派ながんですよ
    予防はこれと言ってないですが
    気付かれにくいので注意が必要です