慢性副鼻腔炎の治療のまとめ!鼻水が止まらない!鼻がつまる人必見です

慢性副鼻腔炎の治療方法をまとめました。どんな治療をするのか?完治することはできるのか?詳しい内容を調べてみました。鼻水で悩んでいる方は参考にしてみましょう。

view218

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 慢性副鼻腔炎の治療

  • 慢性副鼻腔炎の治療の具体的な内容について調べてみました。鼻水などでお困りの方は、病院で治療することも選択に入れてみてはどうでしょうか?その後まったく鼻水に悩まされないという方も多いそうです。

  • 慢性副鼻腔炎の治療の種類

  • 慢性副鼻腔炎の治療は、数回の外来治療で治すことは困難で、治療期間はある程度長くなります。治るまでの期間は個人差が大きく、予測が困難な事が多いです。
    出典 :副鼻腔炎|くさの耳鼻咽喉科
     

    慢性化したらじっくり時間をかけて治しましょう。

  • 近くの小さな耳鼻科の診療所に行きました。そうしていわれたのが、 「こりゃ、大変だ…。なんで、こんなにほっといたんだよ!あぁ、これは治すのは無理に近いな」と医師から言われ大変ショックを受けました。
    出典 :慢性副鼻腔炎(蓄膿症) 治療レポート レポート(1)
     

    慢性化して酷くなった人もいるそうです。

  • ネブライザー治療

     

    蒸気を利用して薬剤を患部に届かせる治療方法です。

  • 普通ネブライザー液は、水だけではなく、抗生物質や粘膜をきれいにする目的の薬液は規定分量を病院によって違うにしろ、入れています。要するにこの薬液をいかに病的になってる副鼻腔粘膜にとどかすかの
    目的がネブライザーです。
    出典 :���@�o���ƕ@�l�u���C�U�[
     

    単なる蒸気による治療ではありません。

  • 鼻茸が出来ている副鼻腔炎

     

    鼻炎が慢性化するとポリープのようなものができ、手術が必要となります。

  • 手術は内視鏡を用いてポリープを切除し、副鼻腔の病的粘膜を可能な限り鉗子で切除します。鼻づまりを除く目的で、鼻中隔(鼻腔を左右に区切っている中隔)の弯曲を矯正したり、鼻茸だけを切除する方法や、肥厚した下甲介粘膜を切除する方法を単独あるいは組み合わせて行います。
    出典 :慢性副鼻腔炎 : 耳鼻咽喉科の病気 | 医療法人財団 神尾記念病院
     

    鼻詰まりの原因となるようです。

  • ヤミックカテーテル

     

    カテーテル状のもので患部に直接薬剤を届ける治療方法です。

  • 患者さんは座ったまま(薬を注入するときは横になる)、両側で15分程度で治療は終わります。治療期間は、それぞれの患者さんにより異なりますが、週1回、3週間連続して外来で受ける、といった具合です。
    出典 :慢性副鼻腔炎(蓄膿症)
     

    比較的負担が少ないのだとか。

  • 一方、気管支喘息を伴った慢性副鼻腔炎は一般に難治性です。まず気管支喘息の治療を内科の専門医にしてもらいます。そのうえで慢性副鼻腔炎に対して、耳鼻咽喉科専門医が抗ロイコトリエン薬を中心とした抗アレルギー薬を使用します。副腎皮質ステロイド薬の点鼻薬も頻繁に使用されています。
    出典 :慢性副鼻腔炎 - goo ヘルスケア
     

    アレルギーを持っていると治療も複雑になってしまう。

  • 副腎皮質ステロイド薬の全身投与

     

    アレルギーを抑えるために利用されるのがステロイド剤です。

  • ステロイド薬とは自分の体で作られる副腎皮質ホルモンだけではアレルギー性鼻炎や喘息などの局所の炎症を抑えきれないために、薬として外からも与えて、より強力に炎症を抑えようとする薬です。
    出典 :花粉症、アレルギー性鼻炎情報が満載! 鼻のおまもり
     

    症状が酷い時には選択される場合もあります。

  • 副腎皮質ステロイド薬の量が多くなると副作用が心配になります。このような薬物治療を行っても、効果の少ない場合には、内視鏡を使用した鼻内副鼻腔手術が行われます。
    出典 :慢性副鼻腔炎 - goo ヘルスケア
     

    ステロイド剤の投与は慎重に。