あの楊貴妃が愛用した「ハトムギ」で美肌をゲットしましょう♪

世界三大美女の一人、楊貴妃が愛用したといわれる「ハトムギ」
その理由はもちろん「美肌効果」!

身近なこのハトムギで、あなたも楊貴妃気分で美肌をゲットしちゃいましょう♪

view1261

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    ハトムギはイネ科、キビ亜科、ジュズダマ属の一年生作物です。ハトムギの歴史は古く、インド北東部のアッサム地方からミャンマー付近にわたる地域で栽培され始めたと考えられています。インダス文明期に記された歴史的な詩節『リグ・ヴェーダ』の中にハトムギが登場することから、紀元前1500年頃にはすでにインドでハトムギ栽培が広まっていたのでしょう。中国へはそれから1500年後、後漢時代の名将・馬援が持ち帰ったとされています。滋養強壮食品として重宝されたハトムギは“ヨクイニン”と呼ばれ、司馬遷の『史記』の中にも記述が見られます。“世界三大美女”と称される楊貴妃も愛用していたとか。

    引用)http://www.hatomugi.com/hatomugi/hatomugi.html

  • かなり歴史のある植物なんですね。漢方薬の世界では「ヨクイニン」と呼ばれているそうです。

  • 日本にハトムギがやってきたのは享保年間(1716~1735年)のことで、中国から伝えられたそうです。当初は「トウムギ」「チョウセンムギ」「シコクムギ」などと呼ばれ、主に漢方薬や滋養強壮の料理に使われていました。江戸時代を代表する薬物学者・貝原益軒は大病をわずらった後や出産後の体力回復に、ハトムギを処方していたといいます。ハトムギは食糧というよりも、薬用植物としての側面が強かったようです。そして近代に入った1884年頃、厚生省がハトムギを保健食として推奨し、1943年には戦争による食料不足を補うため、増産がはかられたこともありました。
    出典 :国定農産|ハトムギとは
     

    日本でも、昔から薬用に使われていたんですね~。

  • ハトムギと言えば「はと麦茶」

  •  

    はと麦(別名:ヨクイニン)は「穀物の王様」と呼ばれ、タンパク質を多く含み、アミノ酸のバランスもよく新陳代謝を増進させる作用がある穀物です。さらに、ビタミンB1・B2、カルシウム、鉄、食物繊維も多く含みます。昔から「はと麦は肌をなめらかにする」と言われており、シミ、ソバカス、肌荒れ、アトピーの改善に効果があります。特に「イボ取り」効果は有名で、水いぼの改善などに利用されます。

    引用)http://www.riffle.jp/item/a00021.html

  • 「穀物の王様」と呼ばれるハトムギ

  • 特に、ハトムギは昔から「穀物の王様」と呼ばれているほど栄養価の高い穀物です。原産地は東南アジアで、イネ科ジュヅダマ属の1年性作物。イネ科の植物の中で、ハトムギはほかの穀物にくらべて、タンパク質や脂質を多く含み、ビタミンB2も豊富で、これは玄米以上です。ほかにカルシウム、鉄、ビタミンB1、食物繊維なども豊富に含まれています。「神農本草経」という漢方の原典で、ハトムギ(ヨクイニン)は上薬に分類されています。上薬とは、「日常の食生活に取り入れることにより、健康を維持・増進する優れた保健食品」という意味です。また漢方薬の世界では、身体の中で水の流れが滞ることにより起こる「水毒」に対して、処方されます。日本でも、昔から「イボとり」の薬として使われてきたハトムギ・・・・中国でも、日本でも共通しているハトムギのキーワードは、「水分の流れをよくして、新陳代謝アップ」のようですね。
    出典 :暮らしに役立つフィトセラピー 京都 かほ里 » Blog Archive » 「ハトムギ」は、穀物の王様
     

    栄養価も高く、新陳代謝を良くしてくれる。イボ取りにも効くそうです。まさに“王様”ですね!

  • ■ハトムギに含まれる美肌成分

  • 美しくあるために必要な栄養素が沢山含まれているハトムギ。それらは、タンパク質・カリウム・鉄分・ビタミンB群・ ナイアシン・パトンテン酸・ビオチンなど、美肌づくりには書かせない成分ばかり。それに加えてお米の8倍も食物繊維を含んでいるので、腸内環境を整え便秘を改善してくれる効果も。更に注目なのが、ハトムギに含まれる特有の成分”コイクセノライド”。これは、皮膚の角質細胞の代謝を活発にし、ニキビを抑えてくれるので吹き出物が気になる方は積極的に摂った方が良いかもしれませんね。
    出典 :肌荒れにも効果的!?栄養価が高いハトムギで美肌をつくる2/2 (Life & Beauty Report)|ウーマンエキサイト ニュース
     

    いや~美肌に効果がありそうな成分ばっかりですね♪でも、コイクセノライド?聞きなれない成分ですが・・・ハトムギ特有だそうです!

  • ■コイクセノライド

     


    「コイクセノライド(コイクセノリド)」は、ハトムギ特有の成分で、新陳代謝をアップさせる機能があることがわかっています。とくに皮膚の角質細胞の代謝を活発にすることで、角質細胞の代謝を活発にします。この作用から、皮膚の上皮細胞に働いて、肌の凹凸を滑らかにして、ニキビのもとができにくい美肌をつくる効果があります。

    引用)http://www.otona-nikibi.info/hato.html

  • これが「イボ取り」に効果がある理由みたいです!

  • ■効果的な摂り方

  • 沢山の栄養素をバランス良く含むハトムギですが、その中でも肌をなめらかにし、若々しく保つ働きがあるビタミンB群が豊富。これらを最大限に活かす摂取の方法は、ビタミンCとマグネシウムを同時に摂ってあげること。特にビタミンB群はビタミンCと一緒に摂る事で最大限効果を発揮してくれるので、ハトムギと一緒にこれらを多く含む食材を意識して食べると良いかもしれませんね!
    出典 :肌荒れにも効果的!?栄養価が高いハトムギで美肌をつくる2/2 (Life & Beauty Report)|ウーマンエキサイト ニュース
     

    一緒に食べるものにちょっと注意すると良いみたいですね!

  • ハトムギの栄養と効能

     

    ハトムギは穀類の中でも高タンパクで、タンパク質の消化率も優れています。米、小麦のタンパク質と違って、アレルギーの原因になることがほとんどないのも利点です。また精白したものをハトムギ、米、小麦で比較してみると、ハトムギは繊維、ミネラルをより多く含んでいることがわかります。

    引用)http://www.hatomugi.com/hatomugi/hatomugi.html