瘀血改善には、冷え対策が必要不可欠!効果的な冷え対策とは?

瘀血改善の大きなポイントとなっているのが、冷え症の改善です。
特に女性は瘀血、冷え性に悩んでいませんか?
このような瘀血や冷え性は、早めの対処が必要と言われています。
普段の生活の中で、冷え対策を行ってみませんか?

view95

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 瘀血の原因を知る!

  • 本来体の中をサラサラとスムーズに流れるはずの血液が、体のあちこちで滞ったり、血液そのものが汚れてドロドロした血になり流れにくくなった状態を東洋医学では「瘀血(おけつ)」と言います。
    出典 :よもぎネット
     

    瘀血は、簡単に言うと血流が悪くなった状態を指します。
    血流が悪くなると、体の至る所に様々な影響を与えます。
    女性の場合は、生理不順や不妊症にも大きく関わっていると言われています。
    そのため、特に女性は瘀血を改善する必要があるのです。

  • 瘀血をひきおこす大きな原因は、血液循環の悪化です。血液循環の悪化をひきおこす要因として冷え・運動不足・栄養のアンバランス・ストレスなどがあげられます。
    出典 :よもぎネット
     

    こちらが瘀血の原因です。
    そのため、瘀血改善には冷え対策・運動・バランスの良い食事・ストレスを溜めないことがとても重要なポイントと言えるでしょう。
    具体的にどのようなことが瘀血改善に効果的かまとめました。

  • 瘀血改善=冷え症改善

  • 「冷えは万病の元」と言われますが、冷え症の多くには瘀血も深く関係しています。
    出典 :女性特有の症状と瘀血(おけつ)治療 | 東京・鍼灸院-葛飾区新小岩
     

    瘀血の原因として最も大きいのが、体の冷えです。
    特に女性は、昔から体を冷やしてはいけないと言われています。
    これは、体が冷えることによって血流が更に悪くなり、様々な婦人病の原因となってしまうからです。
    不妊治療においても、冷え症の改善は必要不可欠なのです。

  •  

    瘀血を改善するためには、日常生活の中で体を温めることから始めましょう。
    瘀血改善に効果的なのが、お風呂に入った際に湯船に浸かることです。
    家事や仕事で忙しく、シャワーで済ませていませんか?
    冷えを改善するためには、湯船に浸かって体の芯から温めることを日課にすると良いでしょう。

  • また、普段から温かい服装を心がけることも瘀血対策になります。
    特に女性は、ミニスカートやショートパンツなど下半身が冷える服装を好みがちです。
    しかし、このような服装を続けることで瘀血は悪化していきます。
    腰やお腹周り、足は特に冷やさないよう普段から対策を行いましょう。
    おすすめの瘀血改善グッズは、腹巻きです。
    ぜひ家に居る時だけでも使ってみませんか?

  • あまり肉体労働をしなくなった現代人は、やはり血液の循環が悪くなりがちです。また運動不足は、冷えを増強することにもなります。
    出典 :よもぎネット
     

    運動を日課にすることも冷え症や瘀血改善に効果的です。
    特に瘀血改善におすすめの運動が、ウォーキングです。
    ウォーキングはジョギングと違って体にかかる負担が少ないため、毎日でも続けることができます。
    初めは短い時間でもかまいません。
    ぜひ、瘀血改善のために毎日ウォーキングを続けてみて下さい。
    徐々に代謝がアップしていくことを感じられますよ。

  • 瘀血改善のための生活習慣

  • 瘀血改善には、生活習慣の見直しが欠かせません。
    毎日、睡眠時間はしっかりと確保できていますか?
    3食きちんと食事を摂っていますか?
    バランスの良い食事を心がけていますか?
    暴飲暴食をしていませんか?
    これらに当てはまる人は、生活習慣を改善しましょう。

  • 子宮をはじめ、全身に新鮮な酸素や栄養をまわすためには、血液をさらさらにして、お血を改善。
    体を温める食材を積極的にとって、血行促進だ!
    出典 :体にいいもの食べた~い! お血改善して子宮力アップだあ
     

    冷え性を改善する食材を積極的に食べることで、瘀血改善にも繋がります。
    体を温める食材と言えば、根菜類ですね。
    特にしょうがは体を温めるのに最適な食材として知られています。
    ぜひ、毎日の食事にしょうがをプラスしてみて下さい。
    食事改善による効果を得るまでには時間が掛かりますが、徐々に冷えは改善されていくはずです。

  • 瘀血改善のためにはストレス解消!

  •  

    私生活でのストレス、仕事のストレス、人間関係のストレスなど現代ではストレスがたまりやすいと言われています。
    また、仕事や家事に追われてストレスが発散できない人も少なくありません。
    このストレスこそが瘀血の原因となってしまうのです。

  • 東洋医学では、感情も体に大いに影響するという見方をしています。とくにストレスを発散せず、内にためこみやすい人は要注意です。
    出典 :よもぎネット
     

    日頃のストレスをうまく発散することができない人は、健康状態も悪くなってしまいます。
    そのため、たまには自分の趣味や好きなことをしてストレスを発散してみませんか?

  • このように、瘀血は日常の中の疲れや冷え、ストレスが積み重なって起こります。
    なんとなく体調がすぐれない場合には、瘀血の可能性があります。
    ぜひこのような瘀血改善を試してみて下さい。