妊娠高血圧症候群の予防法

妊娠高血圧症候群の予防方法はないのでしょうか?
注意事項もまとめて紹介したいと思います!

view356

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 症状はどんなもの?

  • 症状はどんなものがあるのでしょうか?
    知っておくともし何かあった時には気付きやすいですよね。

  •  

    大きくあげられる症状は
    ・むくみ(浮腫)
    ・高血圧
    ・尿たんぱく
    の三つです!

  • こういう人は要注意!?

  • 糖尿病や高血圧、腎臓病の人、極端な体型の人
    ハードな仕事やストレス、睡眠不足がある人は要注意ですよ?

  •  

    まだありますよ?
    35歳以上の高齢初産と15歳以下の若年出産や多胎妊娠の人
    初産婦、過去に妊娠中毒症だった人も要注意です。

  • 危険は色々ついてくるのです。

  • 突然症状がでて悪化するなんて事も珍しくないのです。
    まったく症状が出ていなかったのに1~2日のうちに突然むくみがではじめ
    数日で入院してしまうケースもあったり・・・

  •  

    妊娠高血圧症候群が悪化してしまうと母体にも
    胎児にも影響があるため
    「帝王切開」
    になる事だってあるんです。

  • 遺伝で起きる可能性ってあるの?

  • 高血圧は多少遺伝に関係あるようですが、必ず発症するとは限らないのです!
    遺伝による心配はしなくてもよさそうですね♪

  •  

    それよりも日常の食事や生活習慣に注意しておきましょう!
    こっちの方の心配が大切ですよ?

  • 予防するポイント!!!

  • 妊娠中の体重の増加の目安は「7~10㎏」です。
    また、一日のカロリーは
    初期で 2000
    中期で 2250
    後期で 2450
    といわれているんです。

  •  

    塩分は控えめにとりましょう!
    ストレスも良くはありませんよ?
    適度に発散しリラックスが一番です!
    体重やカロリーを気にすると神経質になりがちですが
    ゆっくりと落ち着いて取り組んでいきましょう!