赤ちゃんの首すわり…時期はいつから?完全にすわっているのか判断する方法

新米ママは、赤ちゃんの首すわりについて分からないことも多いかと思います。
たいていの赤ちゃんは5ヶ月頃までに首がすわると言われていますが、完全に首がすわっているかどうかの確認はどうやってすればいいのでしょう?
赤ちゃんの首すわりの判断の仕方についてまとめました。

view4028

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんの首すわりはいつ頃が目安?

  •  

    生後しばらく経たないと、赤ちゃんの首はすわりません。
    そのため、ママはしっかりと首を支えてあげる必要があるのです。
    赤ちゃんの首がすわると、ママは少しだけ子育てに余裕ができるかと思います。
    では、実際に赤ちゃんの首がすわる目安の時期はいつ頃なのでしょうか?
    多くのママは、この首がすわる時期を間違えていると言われています。
    生後2ヶ月くらいで縦抱きができたら首がすわった、ということではありません。
    だいたい、赤ちゃんの首がすわるのは生後3ヶ月から4ヶ月あたりなのです。
    そのため、首がすわったかの判断は3ヶ月あたりから始めるのが望ましいでしょう。
    このようなことから、生後2ヶ月で首すわりの判断をするのはやめましょう。
    赤ちゃんの首はとってもデリケートな状態です。
    赤ちゃんの首すわりの時期は早ければ良いという訳ではないので、焦る必要はありません。

  • 首がすわるのが遅めの場合には、その後、おすわり、立っちなどが出来るようになる時期が全体的に少しゆっくりペースになる事があります。
    出典 :BABYPARA|妊娠・出産・育児を応援する参加型サイト
     

    赤ちゃんの成長の遅れは、ママにとって大きな不安要素になります。
    そのため、首がすわるのが遅かった場合に何らかの障害を考える人も多いかと思います。
    しかし、赤ちゃんの首がすわる時期は人それぞれ違います。
    周りの赤ちゃんは首がすわっているのに我が子だけ首がすわっていないなんて思わずに、気長に待ちましょう。
    もちろん、それ以外の行動も含めて不安に感じることがあるならば医師に相談してみるのも良いでしょう。

  • 赤ちゃんの首すわりを判断するには?

  • 完全に首がすわった赤ちゃん

     

    首がすわった赤ちゃんは、画像のようにうつ伏せの状態で首を上げることができるようになります。
    ママにとって、赤ちゃんをうつ伏せにするのはちょっと不安ですよね。
    窒息してしまうのではないかと考えてしまうかもしれません。
    しかし、首がすわったかの判断をするためには、うつ伏せにするのも大切なことなのです。
    ただし、うつ伏せにする際にはママは必ず赤ちゃんから目を離してはいけません。
    このようなことに注意して、首すわりの確認をしてみましょう。

  • 首すわり 確認方法:引き起こし

     

    赤ちゃんを仰向けに寝かせて、両手を引っ張って起こしてみて下さい。
    この時に、頭がガクッとせずに起き上ったら首がすわっていると言えるでしょう。
    このような方法で首すわりの確認をする場合、赤ちゃんの手は優しくゆっくり引っ張るようにしましょう。

  • また、縦に抱いた時に首をまっすぐの状態で保てるかも判断材料になります。
    赤ちゃんの首がすわったかどうかは、これら3つの項目によって判断することができます。
    全ての項目をクリアした場合に首がすわっていると言えるでしょう。
    ただし、首がすわったとしてもしばらくは首を支えてあげることが大切です。
    赤ちゃんの首は徐々に安定していきます。
    いくら首がすわったからと言っても、雑に扱ってしまったら首がガクッとなることもあるのです。

  • 3~4ヶ月健診で一番のポイントは、首すわりと股関節脱臼がないかのチェックです。
    出典 :赤ちゃんの定期健診 3〜4ヶ月健診-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    赤ちゃんの首すわりの確認は、定期検診でも行われます。
    この時も、前述した判断方法が基本となるようです。
    ただし、どの赤ちゃんも3~4ヶ月検診で首がすわっているとは限りません。
    しかし、たとえこの時期の検診で首がすわっていなくても不安に思う必要はありません。
    医師は、首がすわっているかどうかということではなくて、首が安定してきているかを診ています。
    そのため、首がすわっていないからどこかに異常があるとは考えなくて良いでしょう。