重い病気・・・【インフルエンザ脳症】とは

インフルエンザの感染に伴い増えるインフルエンザ脳症。神経細胞などの全身の臓器が障害を受けてしまうのです

view117

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インフルエンザ脳症とは

  • インフルエンザ脳症は、インフルエンザの感染に伴い急激に発症し、神経細胞など脳に障害をもたらし、時には全身の諸臓器も障害を受ける(多臓器不全(たぞうきふぜん))、重い疾患です。
    出典 :インフルエンザ脳症 - goo ヘルスケア
     

    重い疾患なのですね

  • インフルエンザは引き金に

     

    インフルエンザは引き金になり、感染によって増えていったサイトカインの影響によって多臓器不全が起きると考えられているそうです。こう聞いても難しくてなにがなんやらですよね

  • 1995年ころから報告があり、2000年ころから一般に知られるようになりました。欧米では少なく、東アジアに多いと考えられています。日本の年間発症数は100〜500例で、病因別では最も多い疾患です。好発年齢は1〜5歳、ただし、2009〜10年に流行した新型インフルエンザでは、5〜10歳が中心でした。
    出典 :インフルエンザ脳症 - goo ヘルスケア
     

    幼児にもかかる危険があるのですね。もちろん今でもリスクは変わりません

  • 年間100~200人くらいみられ、その殆どが幼児(主に1~5才)です。この年令は熱性けいれんも起こしやすい年令であり、熱性けいれんと脳症によるけいれんとの鑑別が難しいこともあります。けいれんを起こしたからといって、全てが脳症というわけではありません。
    出典 :インフルエンザ脳炎・脳症
     

    大人にはあまりみられないようですね

  • インフルエンザ脳症は、小さなお子さんがインフルエンザに罹ったときに発病する、最も重い合併症です、毎年、数百人が発病し、死亡率は約30%、25%の子どもに後遺症が残ります。こうしたことから、社会的にも大きな関心を集めています
    出典 :小さないのち【インフルエンザ脳症とは?】
     

    子供に後遺症を残してしまう場合もあるようです

  • 小児科医を中心とした多くの医療従事者などの努力により、この数年間死亡率は15%程度まで改善してきましたが、それでもなお高く、又、他にも多くの難問が山積みしています。
    出典 :小さないのち【インフルエンザ脳症とは?】
     

    研究はまだまだ途中と言ったところですね

  • 症状は何を見たらよい?

  • (1)意識障害(2)意味不明の言動・異常行動 (突然走りだす、泣き叫ぶなどもあり)(3)長く続くけいれん などの症状が現れます。
    出典 :子育てパパ・ママのための インフルエンザ脳症Q&A
     

    インフルエンザの症状に加えてこれらが見られるようです

  • 発熱してからインフルエンザと診断される前にインフルエンザ脳症の症状が現れることがあるかもしれません。子どもが発熱した場合は、目をはなさずに注意深く見守ってあげましょう。現在は、早期診断 迅速で適切な治療により80%以上の子どもが治る病気です。
    出典 :子育てパパ・ママのための インフルエンザ脳症Q&A
     

    この早期発見が大切なのですよ

  • いままで季節性インフルエンザでは、主に5才以下の乳幼児がかかるとされていました。2009年の新型インフルエンザでは、5~9歳の発病者が多いのが現状です。注意をしてください。但し、現在の新型インフルエンザの患者数が多い年齢層が5~9歳です。
    出典 :子育てパパ・ママのための インフルエンザ脳症Q&A
  • 重症化する前に

     

    しっかりと気づいてあげる事が大切になってくるようです。気づいてあげる為にも、そしてかからないようにする為にも予防と観察が必要ですよ

  • 初期症状としては、インフルエンザの症状に加えて、(1)呼びかけに答えないなどの意識障害(2)意味不明の言動・行動 (突然走りだす、泣き叫ぶなどもあり)(3)持続性のけいれん などの症状が現れます。
    出典 :子育てパパ・ママのための インフルエンザ脳症Q&A
  • 脳の障害とインフルエンザ特有の様々な症状を起こします。高熱(多くは38℃以上)咳、鼻水、全身倦怠感、ノドの痛み、筋肉痛などのインフルエンザの症状けいれん意識がなくなる意識障害おびえ、恐怖、幻覚、幻視、突然大声を出したり、うわごとを言ったり突然怒り出したりする異常行動
    出典 :インフルエンザ脳症の症状・治療・予防法 [インフルエンザ] All About
  • インフルエンザ脳症は、発熱してから48時間以内に起こります。通常のインフルエンザでは見られない症状がないか注意する必要がありますが、異常行動が必ずしも脳症が起きている証拠とは限りません。
    出典 :インフルエンザ脳症の症状・治療・予防法 [インフルエンザ] All About
     

    気をつけましょうね