ヒ素混入事件などがあったヒ素中毒ってなに?

過去に事件になったヒ素混入
この事件のヒ素とヒ素中毒について調べてみました

view223

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ヒ素中毒

  • 一般的には、長期にわたって、経口、経気道的に比較的少量の砒素化合物にさらされる場合に起こる慢性中毒症です。 慢性中毒で最も重要なのは皮膚症状です。全身の皮膚に色素沈着として現れる黒くなる現象に伴い、皮膚が白くなる脱色素斑も合併してきます
    出典 :慢性砒素中毒 - goo ヘルスケア
  • 亜砒酸(あひさん)を経口摂取すると、体内のさまざまな組織や酵素のSH基と結合し、嘔吐、下痢、腹痛などの消化器症状をはじめ、低血圧、脱力感、頭痛、皮膚の紅斑、結膜炎などの全身症状が起こります。いったん組織に沈着した砒素は遊離しにくく、やがて慢性中毒の症状も起こします。
    出典 :急性砒素中毒 - goo ヘルスケア
  • 中毒症状とは

  • Q2:ヒ素中毒の症状は、どのようなものがありますか? A2:急性ヒ素中毒の症状は、悪心、嘔吐、水様性下痢、腹痛、筋肉のけいれんなどです。脱水症状が強くなるとショックをきたします。
    出典 :ヒ素中毒
  • 経気道曝露と違い、疲労、倦怠感、めまい、体重の減少などの全身症状が最初にみられ、同時に皮膚の角化症、顔面、四肢、体幹部の色素異常が認められます。 日本では土呂久鉱害や笹ヶ谷鉱害の慢性中毒者中にボーエン病が認められ、角化、色素異常、いぼや膀胱がんがあり、また多発性であることが特徴です。
    出典 :慢性砒素中毒 - goo ヘルスケア
  • 慢性中毒は、嘔吐、食欲減退、皮膚に発疹や炎症を生じ知覚障害や運動障害を起こすこともある。経口摂取による中毒の基本的な処置方法は催嘔,胃洗浄の他,下部消化管にヒ素が確認されれば吸着剤と下剤の投与を考慮する必要があるが、その有効性は確かめられていない
    出典 :ヒ素中毒 - 薬学用語解説 - 日本薬学会
     

    ヒ素って怖いですよね

  • 急性と慢性

  • 急性中毒の場合は通常は摂取後1時間以内に起こるが、ときには数時間たってから発症することもある。重症患者の場合は、にんにく臭い呼気と排泄物から、この中毒が疑われる 腸管系の影響としては、口腔、咽頭、喉頭に炎症を起こし、焼けるような腹痛、口渇、嘔吐、米のとぎ汁のような下痢あるいは、血性の下痢を起こす。
    出典 :�q�f�̒m��
  • 繰り返し摂取した場合には、症状がはっきりと出ないので、診断が難しい。 皮膚では角化症、色素沈着などが起こり、顔面やまぶた、くるぶしなどに皮下浮腫が起こり、爪に白い線状ができ、また、爪や頭髪が脱落することもある。口内炎、食欲不振、体重の現象は、よく見られる。
    出典 :�q�f�̒m��
     

    慢性のほうが大変そうですね

  • 診断は

  • 職業性の場合は

     

    職業性の場合には、砒素の曝露期間と作業環境中の濃度を調べることが不可欠です。眼・鼻・口腔粘膜刺激症状、皮膚症状、末梢神経炎は診断に重要です。業務上疾病として現在診断基準で認められているのは、鼻中隔穿孔、皮膚障害、末梢神経炎です。

  • 治療方法

  • 治療薬

     

    治療薬として、キレート剤であるジメルカプロール(バル)が使われてきました。予後は、全身性の黒皮症は曝露から離れると徐々に軽快します。しかし色素沈着や白斑は持続的であり、角化症も改善しにくい傾向にあります。末梢神経炎は軽度であれば治ります。

  • Q4:ヒ素中毒の治療は、どのように行いますか?A4:ヒ素を飲んで1~2時間以内では、胃洗浄と60~100gの活性炭を投与します。
    出典 :ヒ素中毒