「鼻閉」と侮るなかれ!鼻閉に潜む3つの原因とその病気

view147

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • また鼻づまり・・・と鼻閉を侮ってしまうことはありませんか?実は、慢性的な鼻閉には原因がきっちりあるんです。もしかしたら、病院へ行って何か対策をとれば、改善するかもしれませんよ。
    まずは大きな3つの原因を調べてみました。

  • 鼻閉の原因

  • 辛い鼻閉

     
     

    鼻閉もなかなか治らない・・・そうなるとQOL低下を引き起こします

  •  
     

    鼻閉は夜になりやすい原因です

  •  
     

    こういった症状がずっと続くようであれば、鼻閉を疑っても。

  •  
     

    そもそも、口呼吸は喉の中を乾燥させ、ウイルスや細菌によってかかる病気の危険性を高めてしまうそうです。やっぱり鼻閉も放置はいけないのです!

  • 鼻の骨・軟骨の変形

  •  
  • 鼻の骨が曲がってる!?

     
     

    多くの方が曲がっていますが、ひどいと辛い鼻閉に・・・

  •  
     

    ほとんどの方が曲がっていますが、それがひどいと慢性的な鼻閉を引き起こします。

  •  
  • 鼻の粘膜が腫れる

  •  
  •  
     

    アレルギーなどで粘膜が腫れることなんですね

  • ポリープや腫瘍など

  •  
     

    アデノイド肥大は子ども特有の病気で、何が原因で病的に大きくなるのか、症状が現れるのかははっきりとしていないそうです。

  •  
     

    切開をするという手段もあるんです

  •  
  •  
  • 鼻閉には、3つの原因があり、それぞれにアレルギー性鼻炎や子供ではアデノイド、癌などの病気もあります。著しくQOLを低下させてしまうこともあり、さらに鼻閉から心不全などにつながることもあるのです。
    鼻閉を軽くとらえないで、どういった原因があるのかを知ることで、それに対応した処置をして、鼻閉を改善することも出来ますよ。