結婚式シーズン到来!二日酔いにならない方法まとめてみた

ジューン・ブライドに大型連休。年末や春といった飲み会シーズンの中でも、結婚式シーズンはお酒を飲む機会が多いです。そこで、二日酔いにならない方法まとめてみました。

view137

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 二日酔いにならないためにできること!

  • どんなにハードな飲み会でも、どれだけ楽しい飲み会でも、飲み過ぎれば二日酔いになってしまいます。次の日の仕事や私生活に影響が出ないように、二日酔いになりにくくなる方法を知っておきましょう。

  • 肝臓を助ける栄養素をたっぷり

  • ビタミン、たんぱく質をしっかり摂る

    ウコンやシジミなどの錠剤もいいですが、まずは肝臓の元となるたんぱく質をしっかり摂りましょう。たんぱく質の消化吸収を助けるビタミンB、CやE、Aなども一緒に補うとさらに効果的です。飲み会中には、から揚げなどの高カロリーメニューは避け、たんぱく質が豊富な鶏のささみや大豆料理を選ぶといいですよ。
    出典 :連日飲みでヤバ過ぎ!「二日酔いと体の疲れ」を防ぐ5つの秘策
     

    アルコールを分解してくれるのは、肝臓です。そんな肝臓の働きを助けてあげるために、飲み会中の食事には気を配りましょう。

  • 揚げ物や炭水化物、デザートばかりつまんでいたらすぐに太ってしまいます。

  • 果汁100%ジュースを飲む

  • フルーツジュースを飲む

    お酒を飲むと、脱水や低血糖が起こりやすくなります。特に寝ている間が危険なので、飲んだ日の夜は、就寝前にコップ1杯の水と同時に、糖質とビタミンB1が補給できるフルーツジュースなどを、1杯飲んでから眠りましょう。脳梗塞や心臓病の予防につながるとも言われています。
    出典 :連日飲みでヤバ過ぎ!「二日酔いと体の疲れ」を防ぐ5つの秘策
     

    飲んだお酒と同量以上の水分をとっていると、二日酔いになりにくくなります。特に、グレープフルーツジュースがオススメ。

  • カロリーは高くても、ナッツなど脂肪分の高いものを食べる

  • 二日酔い予防に脂肪は大きな効果を発揮します。
    脂肪分を食べることで、血中アルコール濃度のピーク時間を遅らせたり、血中アルコール濃度そのものの低下にも効果があります。バーなどのおつまみ、チャームがナッツ類やレーズンバターなど脂肪分の多い食べ物が多いのも二日酔いや悪酔いをせず、ゆっくりとお酒を飲んでもらいたい、とうい店側の配慮からです。
    出典 :二日酔い予防と対策 ~これで安心~
     

    ただし、脂肪分を多く含んだナッツなどはカロリーがとっても高いです。おいしいからと食べ過ぎると、明日明後日に後悔することも。ほどほどの酒量に抑えましょうね。

  • 早めに帰る

  • 早い時間に切り上げる

    二日酔いになりたくなければ、翌朝までアルコールが体内に残らないように逆算して切り上げることです。

    例えばビール大瓶1本分のアルコールを体内で分解するためにかかる時間は、平均的な体型の男性で約3時間と言われています。
    出典 :二日酔いになりたくない人のための5つの予防法 | 二日酔い防止マニュアル
     

    朝までずるずる飲み続ける・・・なんてことをすれば二日酔いになるのは当たり前。しっかりとアルコールを分解できるように、また飲み過ぎないように早めに切り上げるのがオススメです。

  • 色んな種類のお酒を飲まない

  • チャンポンは避ける

    いろいろな種類のお酒を飲むことで二日酔いになりやすくなると考えられていますが、実はこれはチャンポンそのものが二日酔いの原因になるわけではなく、お酒の種類を変えることで口当たりが良くなり、ついつい飲み過ぎてしまう原因になるためなのです。
    出典 :二日酔いになりたくない人のための5つの予防法 | 二日酔い防止マニュアル
     

    飲むお酒の種類は控えめに。できれば、同じお酒ばかり飲みましょう。味に飽きるので飲み過ぎを防ぐ効果もあります。

  • 吐き気に頭痛、肌から立ち上るアルコール臭・・・二日酔いになっても良いことはありません。いつも素敵な女性でいるために、お酒はほどほどにしましょうね。