妊娠中のたばこは、ママや赤ちゃんにどんな影響を与えるの?

妊娠中のたばこが体に悪影響を及ぼすことは多くの人が知っているかと思います。
では、具体的にはどんな影響があるのでしょうか?

view82

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中のたばこが赤ちゃんに与える影響

  • 妊婦がタバコを吸っていると、早産のほか、流産、出血や破水の異常など、いろいろな妊娠・出産の異常が起こりやすくなります。
    出典 :妊娠中のタバコの害|禁煙タバコ生活
     

    妊娠中のたばこは、お腹の中の赤ちゃんの生死に関わる重大なことなのです。

  • 末梢血管が収縮するだけでなく、子宮そのものが収縮し、血液の流れが悪くなり、赤ちゃんは酸素不足や栄養不足に陥るのです。
    出典 :妊娠中のタバコの害|禁煙タバコ生活
  • 喫煙が胎児に及ぼす最も大きな影響は出生時の低体重です。喫煙量が多いほど新生児の体重が少なくなる傾向があり、出産時の胎児の体重が非喫煙者と比べると170g~250g少なくなります。
    出典 :妊娠中のたばこの影響
     

    我が子が未熟児で産まれてこないためにも、妊娠中のたばこは絶対にやめましょう。

  • 常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)とは妊娠中または分娩時に、正常位置に付着している胎盤が胎児の娩出より先に剥がれてしまうことです。
    胎児仮死、胎児死亡、子宮の摘出、さらには母体死亡なども起こりうる重要な疾患です。
    出典 :妊娠中のたばこの影響
     

    たばこの影響で、このような状態になることも考えられます。

  •  

    赤ちゃんが元気に産まれてくるためには、妊娠中の禁煙が必要不可欠なのです。

  • 赤ちゃんが何の前ぶれもなく突然、死亡してしまう乳幼児突然死症候群(SIDS)。これは、うつぶせ寝が一因とも言われますが、最も大きな要因の1つがタバコです。両親が喫煙している場合と喫煙していない場合では、発生率になんと4.7倍の開きがあります。
    出典 :にんぷの絶対禁煙!のススメ|プレママタウン
     

    妊娠中にたばこを吸っていた場合、出産後も赤ちゃんへ悪影響を与えます。

  • 妊娠中のたばこがママに与える影響

  • 子宮ガン
    女性にとってたばこの影響で一番怖いのは子宮ガンです。喫煙者の子宮ガンの死亡確率は非喫煙者に比べてみると、なんと1.6倍にもなります。
    出典 :妊娠中のたばこの影響
  • 肌の大敵
    たばこは女性の肌への大敵です。血管が収縮する事によって血行を悪くし、メラニン色素の代謝が悪くなりシミ・そばかすが出来やすくなります。妊娠中はとくに抵抗力がなくなっているので、なおさらです。
    出典 :妊娠中のたばこの影響
  • 口臭や歯槽膿漏にも
    たばこは口臭の原因でもあります。妊娠中は普段より悪化するのが早く、ヤニによって白い歯は失われ歯槽膿漏を引き起こします。
    出典 :妊娠中のたばこの影響
  •  

    妊娠中はもちろんですが、妊娠していなくても同様に悪影響があります。
    そのため、これから妊娠を望むなら早いうちからの禁煙をおすすめします。

  • 妊娠したら禁煙を!

  • 今、若い人の喫煙率が上がっています。20代の女性でも増加の一途。
    日本人の健康を害している最も大きな原因の1つが、タバコだといっても過言ではありません。
    出典 :にんぷの絶対禁煙!のススメ|プレママタウン
     

    最も妊娠する確率が高い20代の女性でも、多くの人が喫煙しているようです。

  • 理想的には妊娠する前にやめてほしい。というのは、妊娠に気づくのはたいてい月経が遅れてからなので、妊娠4週以降ですよね。ちょうどその頃が、胎児は脳や心臓など、とても重要な臓器を作っている大事な時期だからです。
    出典 :にんぷの絶対禁煙!のススメ|プレママタウン
     

    妊娠したらたばこをやめればよいのではなく、妊娠したいならたばこをやめましょう。