摂食障害の治療ができる病院

摂食障害は通院や入院で治療することは推奨されます。
摂食障害を専門とする開業医院も近年では増えてきてるそうです。
摂食障害の治療ができる病院とはどんな条件の病院なのでしょうか?

view277

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 通院か入院か

  • 摂食障害では、入院治療が必要な場合、効果的な場合があります。
    出典 :通院か入院か◇摂食障害の治療
  • 過食症の場合

     

    過食症の場合は、拒食症より餓死などの身体的危険は少ないですし、患者さん本人も治したいという思いがあり、治療に意欲的な場合が多いので、基本的には通院治療で十分です。

  • 過食があまりにひどく、自分では全くコントロールできない状態に陥ってしまっているときは、入院して食事を管理してもらい、いったんそこから抜け出すことが効果的な場合があります。
    出典 :通院か入院か◇摂食障害の治療
     

    症状が重い場合は入院も必要になってきます

  • また、嘔吐や下剤乱用がひどく重度の電解質異常があるとき、うつ状態がひどいとき、自傷行為や自殺企図がみられるときも入院治療が必要な場合があります。
    出典 :通院か入院か◇摂食障害の治療
  • 排出型で嘔吐などがひどく、重度の電解質異常があるとき、うつ状態がひどいとき、自傷行為があるときも入院治療が必要です。ただ、拒食症で生理が無かったり体重減少があっても重度でなく、患者さん本人が治療に積極的な場合は、通院治療でも改善させていけるようです。
    出典 :通院か入院か◇摂食障害の治療
     

    当人に治したいという意思があるのであれば入院ではなく、通院で済むケースもあります。

  • 拒食症とは、拒食で標準体重の80%以下のやせが3ヶ月以上続き、無月経が起こる状態です。拒食症は、心労などによる一時的な食欲不振と異なって病的な特徴があります。
    出典 :拒食症の中国鍼灸治療|摂食障害の治療なら中国鍼灸院
  • 約50%の患者さんがダイエットをきっかけにやせ始めますが、ダイエットの有無にかかわらず、体重が増えることを怖がり、「やせていればなぜか安心」「食べることは罪悪」という考えにとらわれます。
    出典 :拒食症の中国鍼灸治療|摂食障害の治療なら中国鍼灸院
     

    痩せることへのこだわりの強さが大きな要因となっています

  • 拒食症でも過食症でも、家庭で対応できる限界を超えた場合には、家族と患者さんの間の葛藤が深まって泥沼化してしまう場合もあります。
    そのような場合も、入院治療のほうが良いと判断される場合があります。
    出典 :通院か入院か◇摂食障害の治療
  • 外来通院による治療

  • 治療に対する動機づけが形成されたとはいえ、状況によっては絶えず心が揺らぐことを念頭において治療に当たる必要があります。少し体重が増えだすと肥満恐怖が生じ、治療への動機が弱くなったり、巧妙にカムフラージュしたりします。したがって、常に病気を治そうという動機づけの強化、維持に配慮しなければなりません。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック 摂食障害 外来通院による治療、入院による治療
     

    常に治そうという意思を維持し続ける事が大切です

  • そのために治療者は、この病気の資料を提示しながら、患者さんに病気の内容を伝え、自身を変えて、生活を変えるように決意させることです。そして、この病気を否認していた状態から病気を認めて治療を受ける動機づけを高めることです。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック 摂食障害 外来通院による治療、入院による治療
     

    さらに治そうと努力している間に生じる心理的抵抗や、治った状態や予防についても十分説明が必要です

  • 摂食障害の治療ができる病院のリンク