こたつにみかんの影響はコレ

柑皮症は肝機能が十分発達していない子供にも多いです
ダイエット中の女性が悩んでいるのも
この病気です
なにがいけないのかまとめました

view327

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 何故か肌が黄色くなる

  • 食生活はヘルシーで、身体にも気を使っているし、高級化粧品も使用しているのに、なぜか肌が黄色くなってきてる? このような症状で悩む若い女性が増えているそうです。

    実は、そんな若い女性を悩ます”肌が黄色くなる”原因があるのです! 知らないと、肌はどんどんと黄色くなっていくかもしれません。

    出典 :驚愕…美白どころか肌がどんどん黄色くなる食べ物が判明 - Ameba News [アメーバニュース]
  •  

    みかんだけ
    止めたって出てくるのが
    はだの黄色化です
    他にもいろいろな食べ物が原因になっています

  • ”ダイエット”で肌が黄色くなった・・・

  • ダイエット中は、野菜や果物を主に摂取します。明星先生の話によると、ダイエット中に肌の色が黄色くなって驚き病院に行くと、柑皮症と診断される女性が多くなっているという事です。

    原因は、野菜や果物といった緑黄色野菜に多く含む、”カロテノイド”の摂取過剰が柑皮症を引き起こすという事です。 
    出典 :驚愕…美白どころか肌がどんどん黄色くなる食べ物が判明 - Ameba News [アメーバニュース]
  •  

    主な種類はコチラ
    カロテノイドが原因で黄色化してしまいます

    美肌が台無しですよね

  • 基本情報
    カロテノイドとは、動物や植物に存在する、赤色、橙赤色、黄色などの天然色素の総称で、自然界では現在約600種類が見つかっています。
    カロテノイドは大きく分けると、アルコールに溶けるカロテン類と、アルコールに溶けないキサントフィル類に分類されます。
    植物に含まれるカロテノイドには、カロテン類として緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンや、トマトなどに含まれるリコピンなどが挙げられ、キサントフィル類としてはマリーゴールドに含まれるルテイン、みかんに含まれるβ-クリプトキサンチン、とうがらしに含まれるカプサンチンなどが代表として挙げられます。
    また、動物性の食品に含まれているカロテノイドは、鮭やいくらに含まれている赤い色素のアスタキサンチンが代表的で、キサントフィル類に分類されます。
    カロテノイドのカロテン類は、β-カロテンのように、体内でビタミンAへと変換されるものも存在し、それらはプロビタミンA(ビタミンA前駆物質)と呼ばれます。

    カロテノイドは、肝臓、肺、乳房、子宮頚部、前立腺、大腸、皮膚、網膜をはじめとする眼組織など、人間の体のいたる所に存在していますが、人間をはじめとする動物は、カロテノイドを体内でつくり出すことはできません。
    出典 :カロテノイド | 成分情報 | わかさの秘密
  • ベジタリアンになると肌が黄色くなる

  • ベジタリアンは肉や魚といった、タンパク質、脂肪や油類を摂取しない方が多いので、ビタミンAが体内に溜まってしまいます。

    ビタミンAやカロテンは”脂溶性ビタミン”の為、脂肪や油類といった脂質でなければ溶けません。その為、過剰摂取となったビタミンAは、体内に溜まってしまうのです。そして、血中のカロテン濃度が上昇して肌にでてきて、肌が黄色くなっていきます。

    出典 :驚愕…美白どころか肌がどんどん黄色くなる食べ物が判明 - Ameba News [アメーバニュース]
  •  

    ベジタリアンだから
    太りしらず
    かもしれません
    しかし
    肌が黄色くなっては
    美しいと言えるのでしょうか

  • これが盲点なカロテノイド

  • 過剰摂取で肌を黄色くするカロテノイドが含まれる食品は、緑黄色野菜だけではありません。カロテノイドが主に含まれる食品をご紹介します。

    (1)βカロテン・・・モロヘイヤ、人参、マンゴ、ほうれん草、ブロッコリー、パパイヤ

    (2)αカロテン・・・人参、カボチャ、アプリコット

    (3)リコピン・・・トマト、柿、スイカ

    (4)フコキサンチン・・・ワカメ、昆布、ひじき

    (5)アスタキサンチン・・・海老、蟹、イクラ

    意外な事に、海藻類,赤唐辛子、海老や蟹にも含まれているのです。特に、凝縮してある”野菜ジュース”にもカロテノイドは多く含まれています。
    出典 :驚愕…美白どころか肌がどんどん黄色くなる食べ物が判明 - Ameba News [アメーバニュース]
  • カロテノイドの健康効果




    ◎夜盲症を予防・改善する効果<β-カロテン>
    ◎血流を改善する効果<リコピン>
    ◎白内障や黄斑変性症を予防する効果
    <ルテイン・ゼアキサンチン>
    ◎眼精疲労を予防・改善する効果<アスタキサンチン>
    ◎抗ガン効果<β-クリプトキサンチン>
    ◎生活習慣病を予防する効果<カプサイシン>
    ◎メタボリックシンドロームを予防する効果<フコキサンチン>
    出典 :カロテノイド | 成分情報 | わかさの秘密
     

    カロテノイドにはこのような効果があります
    本当は摂取したいところですよね

  •  

    この時期おいしいかにが!!
    沢山食べ過ぎないように注意したいですが
    この病気
    ほっとけば治ります

  • 治療はコレ

  • 柑皮症は身体に悪い病気ではないので、一日のカロテノイド摂取量は300gまでにすれば柑皮症は防げるという事です。

    また、もし柑皮症になったとしても、カロテノイドを摂取しなければ、自然と治るそうです。
    出典 :驚愕…美白どころか肌がどんどん黄色くなる食べ物が判明 - Ameba News [アメーバニュース]