花粉症シーズンがスタート。花粉に反応しにくい強い体をつくるにはどう予防したらいい?

毎年冬から春にかけてとっても憂鬱なのが「花粉症」。年々その患者数は増加しているとも言われています。では、花粉症になっていない人も、またなっている人も、なるべく花粉に反応しない強い体をつくるにはどうしたら良いのでしょうか?

view191

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 花粉症に強くなるには、「免疫力」を高めて!

  • 「アレルギー物質」になるべく反応しないようにすることが、花粉症の症状を予防、また和らげる第一歩です。そのために重要なのは、「免疫力」の向上。

  •  

    アレルギー物質に反応しない強い免疫力を

  • 花粉症は簡単には治せませんが、症状を軽減することはできます。花粉症は、花粉に対して免疫が過剰に反応してしまい、アレルギー症状を引き起こすもので、からだの抵抗力=免疫力を高めることで、症状を和らげることができます。
    出典 :これで乗り切る!花粉対策 - Yahoo!ヘルスケア
     

    からだ自身を強くしてあげよう

  • 規則正しい生活で「免疫力」をUP

  • まずは、規則正しい生活で基礎体力を保つことです。寒い季節は起きるのがおっくうになりますが、できるだけ早く起きて朝日を浴びて、朝食をとりましょう。体内時計がリセットされ、代謝が上がるので免疫力も高まります。昼間はできるだけからだを動かしましょう。1日1万歩歩く! 30分歩く! というように目標を設定して、習慣化しましょう。時間がとれない人は、できるだけエレベーターは使わない、買い物は歩いていく、歩くときは速足で歩く、など普段の生活での活動量を上げましょう。
    出典 :これで乗り切る!花粉対策 - Yahoo!ヘルスケア
     

    運動もなるべく毎日取り入れよう

  •  

    規則正しい生活リズムが重要

  • 夜遅い時間の食事や間食を避ける、また煙草を控えるなども大切です。

  • 免疫力を高めるために有効な「食品」とは?

  • 免疫力を保つためには、腸内環境を整えて防御機能を強化することが大事です。そのためにはまず、納豆やみそなどの発酵食品、根菜類やきのこ、海藻など、食物繊維の多い食品をとることです。かぼちゃやにんじん、ブロッコリーなど色の濃い野菜にはビタミンやミネラル、抗酸化物質が豊富なので総合的に免疫力アップに役立ちます
    出典 :これで乗り切る!花粉対策 - Yahoo!ヘルスケア
     

    緑黄色野菜も多く摂取。

  •  

    日本の調味料にはパワーがいっぱい。

  • 青魚やしそ、玉ねぎ、緑茶などには、アレルギー症状を和らげる働きがあります。体温が低い人ほど免疫力は下がるので、しょうがやねぎ、ごぼうなど、からだを温める食材を利用し、冷たい飲み物や料理を控えることも大事です。
    出典 :これで乗り切る!花粉対策 - Yahoo!ヘルスケア
     

    身体の体温を上げるものを摂取しよう。

  •  

    珈琲を緑茶にスイッチ。

  • 花粉症になってしまったら「控えたい」食べ物とは?

  • 昭和40年代以降、日本人の食生活は欧米化が進み、肉類の摂取量が増えて高タンパク・高カロリーの傾向になってきました。そのような食生活の変化と、花粉症の増加の関連性が指摘されています。

    もちろん脂肪の多い肉類はアレルゲンではないので、食べてすぐに花粉症が発症するというのではなく、長い期間にわたって、高タンパク・高カロリーな食生活を続けていると、花粉症になりやすいと言われています。
    出典 :花粉症になったら、こんな食べ物にご注意! [食と健康] All About
     

    食事の西洋化にも原因の一端があるのかも。

  •  

    日々の食事を見直してみて

  • 控えたいのは、腸内環境を悪化させやすい、あぶらの多い肉や、ファストーフード、菓子パン、スナック菓子などの加工食品です。ビタミンB群を消耗させてしまう甘い飲み物やお菓子もとり過ぎないようにしましょう。
    出典 :これで乗り切る!花粉対策 - Yahoo!ヘルスケア
     

    ついつい手がでるスナック菓子もなるべく控えて。