強い肌を手に入れて美人顔を目指そう!!!気になる肌を強くする方法まとめ!!!

お肌を守るのも大切ですがお肌を強くすることも大切です!!!
気になる肌を強くする方法をまとめてみました!!!
お肌が強くなればメイクのノリも良くなるはずです!!!

view1394

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • お肌を強くするには体質改善が大切です!!!

  • 体質改善による肌改善は、体の内側から働きかけて、身体が持つ機能をしっかり高めていくことです。それによって、肌が本来持つ力を取り戻すことができれば、トラブルに負けない肌になるだけでなく、化粧品を使う種類や量も減ります。スキンケアにかける時間もぐっと短縮できます。
    出典 :体質改善で、強い肌を手にいれる | スキンケア大学
  • 体質改善は食べ物から???

  • 体質改善をするにあたって、もっとも重要なのが食生活の見直しです。バランスよく食べているように思えても、個人や家庭によって、食材には偏りが出てしまう場合があります。気をつかっている方ほど、その偏りには気付きにくいので、無意識のうちに、少しずつ身体の機能を弱めているパターンがあります。
    出典 :体質改善で、強い肌を手にいれる | スキンケア大学
  • 肌を強くする食べ物ってどんな物があるの???

  • ビタミンA

    肌荒れや皮膚病を防ぐ栄養素。
    脂溶性ビタミンといって、油と一緒にとることで吸収率がアップします。
    ビタミンAを多く含むのは、うなぎ、レバーなど。
    緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテンやリコピンなどは、体内でビタミンAになる他、高い抗酸化作用も期待できます。
    出典 :肌の乾燥から身を守る食べ物ってあるの? : タニタ運営[からだカルテ]
  • ビタミンC

    抗酸化作用が強く、肌の再生をうながすコラーゲンの生成に必要な栄養素として知られています。
    ビタミンCを多く含む食品としては、果物(かんきつ類・いちご、キウイ)の他、芋類にも多く含まれています。
    芋類のビタミンCは熱に比較的強いので、レンジ蒸しなどの調理をしても損なわれません。
    出典 :肌の乾燥から身を守る食べ物ってあるの? : タニタ運営[からだカルテ]
  • コラーゲン

    お肌を構成しているたんぱく質の成分。肌のハリ、弾力を保つためには欠かせません。
    ふかひれや手羽先が有名ですが、骨や軟骨、皮に多く含まれるので、魚のアラなどにも多く含まれています。
    コラーゲンは水に溶けて流れやすいので、魚の缶詰や、アラ炊き、手羽先の煮込みなどの料理がコラーゲンを効率よくとることができるのでオススメです。
    出典 :肌の乾燥から身を守る食べ物ってあるの? : タニタ運営[からだカルテ]
  • ビタミンE

    抗酸化作用が高く、「若さを保つビタミン」ともいわれています。
    ビタミンA同様、油と一緒にとることで吸収率がアップする脂溶性ビタミンです。
    かぼちゃや胚芽、ナッツ類、レバーなどに多く含まれますから、パンプキンサラダにくるみやナッツをトッピングするといいですね。比較的高カロリーの食材が多いので注意が必要です。
    出典 :肌の乾燥から身を守る食べ物ってあるの? : タニタ運営[からだカルテ]
  • 肌を強くするには生活も見直しましょう!!! 肌トラブルを起こす生活とは?

  • 不規則な生活や栄養バランスの乱れなど

     

    夜ふかしをした翌朝、肌のツヤがなくなった経験を持つ人も多いでしょう。

  • 肌トラブルを起こす生活は次の通り。

    ●不規則な生活。
    ●栄養バランスが乱れた食事。
    ●ストレスがたまった状態。
    ●夜ふかし。
    ●睡眠不足。
    ●仕事などによる過労状態。
    ●空気の乾燥。
    ●日焼け。
    ●間違ったスキンケア。
    ●肌に合わない化粧品の使用。
    出典 :肌 | 肌トラブルを起こす生活とは? : 症状・改善- セルフドクターネット
     

    こんな生活をしているとお肌はどんどん弱っていきます!!!
    自分の生活を見直してみましょう!!!

  • ちなみに肌をどれくらいで生まれ変わるの???

  • 28日周期でつくり変えられます!!!

     

    皮膚を健康で美しく保つには、皮膚の表面だけを手入れするのではなく、全身の健康状態をよくすることが必要です!!!

  • 皮膚は外側から「表皮」、「真皮」、「皮下組織」という3層から成りたっています。それぞれの働きは次の通りです。

    ●表皮……温度や湿度、紫外線、細菌などから体を守る。
    ●真皮……毛細血管やリンパ管、神経、皮脂腺などがあり、皮膚に必要な栄養素を供給。汗や脂を分泌して皮膚の乾燥を防ぐ。また、肌の張りを保つコラーゲンが存在する。
    ●皮下組織……体温の放出を防ぎ、外力に対するクッションの役割を果たす。表皮のいちばん下にある基底細胞は、約2週間で表面の角質層に押し上げられ、水分の少ない角質細胞になります。さらに約2週間で垢となってはがれ落ちます。
    出典 :肌 | 肌はどれくらいで生まれ変わるの? : 症状・改善- セルフドクターネット
     

    肌の役割を知ることも大切です!!!
    全ての機能が働かないと強い肌は作られないのです!!!