大人の女なら“美しくなるため”の「体の洗い方」を覚えましょう♪

もうすぐクリスマス!
ソワソワしてるだけじゃダメ!
今からきちんと美しい女性でいるための、
正しい体の洗い方を覚えておきましょう♪

そうすれば・・・ネ♪

view1143

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ゴシゴシ洗っちゃダメ!

  •  

    臭いが気になる人は、ついごしごしとこすって体の汚れや臭いの原因を落としきってしまいたいものです。しかし、これは逆効果。体の表面は、表皮を守る常在菌によって弱酸性に保たれ、皮膚から体内へ悪い菌が侵入するのを防ぐバリアの役目をしています。入浴などの際にこすり過ぎることによってこの必要な菌がこすり取られてしまい、皮膚の抵抗力が落ちて悪い菌が繁殖し臭いを発生するといわれています。ですから、体を洗う時はごしごしと洗いすぎるのは逆効果だということはしっかり頭に置いておきましょう。

    引用)http://www.drntsoap.com/woman/wash.html

  • ゴシゴシ洗えばキレイになる・・・ワケではないのです!

  • ナイロンタオルは使わない

     

    ナイロンタオルはなぜよくないのでしょうか?ナイロンタオルは肌に刺激が強いのです。触ってみても分かると思いますが、固くてバリバリしているタオルは肌を傷つけてしまうのです。顔じゃなくて体だから大丈夫、と思うのは間違いですよ。背中などはニキビもできやすい部分です。肌に刺激のあるタオルでこすっていると、ニキビを悪化させてしまいます。肌を傷めるということは乾燥させてしまうということ。乾燥すると顔と同様、シワやシミができやすくなります。

    引用)http://josei-bigaku.jp/beauty/karadaarai3214/

  • 刺激の強いボディソープはNG

  • ボディソープは泡立ちがよく手軽に使えるので人気があります。しかし、肌にはよくないものが多いのです。ボディソープには界面活性剤が含まれているものが多く、肌を傷める原因になります。また、油分を含んでいるものはすすぎ残しとなり、肌トラブルの原因になるのです。ボディソープを使って体を洗うと、体がかゆくなるのは肌が乾燥しているため。洗浄力の高いボディソープはそれだけ肌に刺激を与え、肌を乾燥させてしまうのです。
    出典 :こんな体の洗い方は肌を乾燥させる。体のNG洗い方とは? | 美容ブログ [女性の美学]
     

    こちらも必要な油分まで落としてしまう可能性が・・・

  • 低刺激性の洗浄成分のもの

    肌への低刺激性に配慮した「アミノ酸系洗浄成分」が入っているもの、また「パッチテスト済み」と記載があるものが、肌にやさしくおすすめです。
    出典 :秋冬の肌トラブルに悩める方へ!ボディソープを使ったボディケアのポイント | nanapi [ナナピ]
     

    アミノ酸系は泡立ちにくいものが多いみたい。その中でもできるだけ泡立ちの良いものを選びましょう!

  • すすぎ残しに注意!

  •  

    キレイに洗ったら、すすぎはていねいにしっかりと。シャワーでざっと流して、湯船に入るのはいけません。脇の下や背中、首筋や耳の裏、太ももの内側、足の裏などソープのすすぎ残しがないように、しっかりと泡を洗い流しましょう。

    引用)http://josei-bigaku.jp/beauty/karadaarai3214/

  • 臭いの気になるところは丁寧に

  • 例えば、ワキガや脇汗などが気になるときは脇やその周囲、足の臭いならば足の隅々まで、デリケートゾーンが気になるときはその周辺までを丁寧に洗います。特に、足やデリケートゾーンなどの凹凸の多い部分は、細かいところまで丁寧に洗うことが大切です。汚れが残っていると、雑菌が繁殖して臭いの元となります。もちろん、ごしごしとこすり過ぎるのは逆効果ですので気を付けましょう。特に女性の場合、デリケートゾーンを石鹸などでこすり過ぎると膀胱炎を起こすことがありますので注意してください。
    出典 :効果を高める正しい体の洗い方を紹介
     

    洗い残しは、更に臭いの元に!クリスマス前ですからね~これは要注意ですよ!

  • 熱い湯船はいけません

  •  

    特に寒い冬は熱い湯船につかると、体の芯から温まる、と思っていませんか?熱いお湯は湯冷めしやすく、すぐ体が冷えてしまいますよ。何より熱いお湯は肌によくないのです。お湯の温度が熱いと必要な皮脂を溶かして、肌を乾燥させやすくしてしまうのです。これでは肌のうるおいもなくなってしまいます。理想は38~40度もしくは42度くらいの温度に調節しましょう。また、肌への刺激を防ぐには、入浴剤を入れて入る方が肌にはいいですよ。保湿効果のある入浴剤などを入れて入るようにしましょうね。

    引用)http://josei-bigaku.jp/beauty/karadaarai3214/

  • 熱いお風呂だと体の潤いまで落としちゃうみたい。注意!