知識をしっかり持っておこう「歯肉炎の治療」方法のまとめ!

歯肉炎の治療方法をしりましょう。歯を守る為にも早期発見・早期治療が求められるのです。

view122

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯肉炎は

  • 歯肉炎とは、歯周病の中でも初期の段階です。歯周病とは、歯周組織の病気を総称して呼びます。歯周病の初期の段階では歯肉に炎症が起きる程度で歯槽骨までは及びません。歯槽骨に損傷があると元には戻りませんが、まだ歯肉炎なら回復できます。
    出典 :【歯肉炎】 - 歯の治療マニュアル
     

    歯肉炎なら回復が狙えます。しっかりと対処をするべきなのです。

  • 歯肉炎にかかりやすいのは思春期や妊娠中の女性、甘いものをたくさん食べる人など歯肉炎にかかりやすい因子を持つ人たちです。気づきにくい歯肉炎ですが、早いうちに発見したいものです。
    出典 :【歯肉炎】 - 歯の治療マニュアル
  • ◯ 歯を磨くと出血する◯ 歯茎の色が赤く腫れている◯ 歯茎は下がっていないよく口の中がネバネバするといいますが、このネバネバの正体が「歯垢」というもので、これが歯の表面に付くとはがれないでどんどん増えます。
    出典 :どうしても歯肉炎の治療を自宅でしたい人|スクラビング法の歯磨きとは?
  • 歯肉炎は

     

    基本的に約成人の80%もの人がかかっているとされているのです。食後に歯磨きをしないなど、歯の清潔を保っていないという習慣がある人にはほとんどの可能性で含まれていると言っても良いでしょう

  • 歯肉炎の治療方法は

  • 歯肉炎の治療は、レントゲン撮影や歯周ポケットの測定をし、歯垢や歯石の除去をします。どんな治療法でもプラークコントロールをしなければ効果は表れません。症状によっては口の中を清掃したり、詰め物を新しくする、他の病気を治すといった治療もありますが、早期発見の場合は歯医者さんから指導を受けたブラッシングだけで治療できます
    出典 :【歯肉炎】 - 歯の治療マニュアル
     

    ブラッシングはとっても必要ですよ。

  • 歯肉炎の最大の原因は「歯垢」なので、歯垢を取り除くことで治療になります。磨き残した歯垢を取り除くには、何よりまず「ブラッシング」です。上手にブラッシングをおこなえば、歯垢はほとんど取ることができるし、歯茎も引き締まって浅い歯周ポケットならかなり修復されます。
    出典 :どうしても歯肉炎の治療を自宅でしたい人|スクラビング法の歯磨きとは?
     

    浅いものならすぐ治りそうですね

  • ブラッシングの目的は、歯の表面に付いた歯垢を取ることなので、取れればどんなやり方でも良いのですが、ブラッシングで歯茎を傷つけてしまうこともあるので、このだけは注意して下さい。歯肉炎を回復させるブラッシングのやり方で、最も簡単で清掃効果の高いものは「スクラビング法」です
    出典 :どうしても歯肉炎の治療を自宅でしたい人|スクラビング法の歯磨きとは?
  • 3種類の治療方法

  • 骨移植
    自分の骨か人工骨を溶けた歯槽骨部分に移植し補います。
    出典 :関内で歯周病・歯肉炎の治療ならカトレヤプラザ歯科へ
  • GTR法は、『Guided Tissue Regeneration technique』の略で、日本語では、『歯周組織再生誘導法』といいます。骨の無くなった部分に、医療用の水分をはじく皮膜を設置して、骨を再生させようとする方法です。
    出典 :関内で歯周病・歯肉炎の治療ならカトレヤプラザ歯科へ
  • 『歯周組織再生誘導材料』と言われるもので、主な成分は幼少期に、歯を生やすために必要な働きをするたんぱく質の一種です。 広がった歯周ポケットの歯垢や歯石、歯周病菌に感染した歯質を、器具を使って除去した後、エムドゲインを歯の根っこに塗ることにより、歯の発生過程に似た環境を再現します。その結果、骨や歯肉繊維を再生させます。
    出典 :関内で歯周病・歯肉炎の治療ならカトレヤプラザ歯科へ
     

    エムドゲインと呼ばれるものですね

  • 歯肉炎はブラッシングによるプラークコントロールを徹底することで改善していきます。ただし、改善したからといってプラークコントロールを怠ると歯肉炎、歯周炎へと移行します。
    出典 :北広島 歯医者|歯肉炎・歯周病治療|たばた歯科クリニック
  • 少し大きいですが

     

    こちらは参考画像です。治療の流れを示しています。わかりやすく書かれているので参考にしてみてはいかがでしょうか!