排卵痛の原因を教えて!

毎月排卵痛に悩む人もいれば、これって排卵痛なのかな?と疑問に思っている人もいると思います。排卵痛の原因から排卵痛を説明します。

view283

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 排卵の仕組み

  •  

    排卵とは、卵巣で卵子が成熟し、それが卵巣から飛び出してくる現象です。

  • 排卵痛とは

  • 排卵痛は、排卵直後の数日間に起きる症状ですが、排卵直前に生じる痛みもあります。
    排卵日の前後5日間に痛みが生じた場合には、排卵痛の症状と言うことになります。
    出典 :排卵痛と生理痛の違い|排卵日Q&A
     

    排卵は生理より14±2日頃にあると言われています。

  • 排卵痛とは、排卵期におこる痛みのことで、卵胞という卵子を入れる袋が破裂する少し前から破裂するころにかけて下腹部が痛くなるものです。
    出典 :排卵痛とは何か
  • 中医学的に排卵痛を解説します。排卵痛は「肝」の働きが低下し、めぐりが悪くなると起こる症状の一種です。
    「肝」とはストレスを受け止めるクッション。
    ストレスが溜まっていたり、何か大変なことが重なった時に卵巣が腫れたという女性が沢山いらっしゃいます。それは中医学的に肝の経絡が詰まってしまい、その経絡の上に乗っている卵巣、子宮の働きに影響があると考えます。
    出典 :排卵痛 女性のカラダ相談<漢方相談>
     

    めぐりが悪くなって卵巣が腫れるんですね。

  • 排卵痛の原因

  • ■黄体による卵巣の腫れと女性ホルモンの影響
    排卵後、卵巣の中には「黄体」というものが残り、卵巣全体が少し腫れた様な状態になります。これによってお腹の張りや痛みが出やすくなることがあります。また、同時に卵巣から多量の女性ホルモンが出始めるので、この影響で腸の動きが悪くなり、お腹が張りやすくなるのではないかと考えられています。
    出典 :排卵痛の症状・原因・治療法 [婦人病・女性の病気] All About
  • ■排卵で起きる卵巣からの出血
    排卵は、卵子が卵巣の壁を突き破って飛び出してくる現象。毎月の排卵で、卵巣の壁は多少傷つきます。その時少量の出血が起きるのは珍しくないことですが、卵巣からの出血量が多いとお腹の張りや痛みの原因となったり、卵巣の壁を突き破る時に強い痛みが生じることがあります。
    出典 :排卵痛の症状・原因・治療法 [婦人病・女性の病気] All About
     

    排卵の時にも出血があるんですね。

  • 卵胞が破れるときに少量の卵胞液や血液が出て、それらの液体がお腹の下の方の腹膜にたまったことで腹膜を刺激して起きる
    出典 :排卵痛とは何か
  • なぜめぐりが悪くなるのか原因は人それぞれです。
    1.ストレスが溜まっている(過労や外的要因など)
    2.気を巡らせるだけの力が不足している(過労や養生不足)
    3.精力が不足している(この場合、排卵時に腰痛が出ます)
    出典 :排卵痛 女性のカラダ相談<漢方相談>
     

    ストレスや身体の疲れなどは、排卵痛の原因にもなるんですね。体の不調にはストレスや疲れは厳禁なんですね。

  • まとめ
    1.卵巣の腫れ 2.卵胞を破って卵子が飛び出す 3.破れた時に出た出血による刺激 4.中医学的に肝の働きの低下によるめぐりが悪くなる

  • 排卵痛がある場所

  • 排卵痛の感じ方は主に腹痛ですが、その痛みの強さは個人差があります。

    また、排卵には出血を伴いますが、この出血が腹腔に至るとこれもまた腹痛の原因になります。
    出典 :腰痛と排卵痛の発症原因と関連性 | iGotit
  • 排卵時には大きなホルモンの変化が起こり、そのために子宮内では出産のために環境が大きく変わるという事を説明しましたが、これは子宮内だけに起こる現象ではありません。これらのホルモンが働きかけると骨盤などの骨格にも影響を及ぼします。骨盤の位置や角度が変わると、それまでとれていた体のバランスが崩れるようになり、その結果関節や筋肉に負担をかけることで腰痛が引き起こされることになります。
    出典 :腰痛と排卵痛の発症原因と関連性 | iGotit
     

    ホルモンの変化によって、骨盤などの骨格にまで影響があるんですね。
    腰痛も排卵痛の一種とは思いませんでした。