肌質改善は体質改善がカギ!

乾燥、テカリ、ニキビに肌荒れ…、お肌の悩みはつきないものです。
そんな肌質改善したい女子必見!
肌質改善のカギは体質改善からだったんです。

  • yuuri 更新日:2014/01/08

view403

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • お肌の改善…したいですよね

  • 30代前半も終わりかけていますが、30代になって2年位は20代の頃の名残もありあまり気にならなかったのですがこの2年位で肌が一気に調子が悪くなり(敏感、老化)しかも色々改善しようと頑張っても効果が目に見えなくて落ち込んでしまいます。
    出典 :もうすぐ35歳 何をしても肌が改善されません : 美容・ファッション・ダイエット : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
     

    頑張っても改善されない肌質…一体どうすれば?

  • 高校生の肌質になりたい(◞‸◟;)~~
    ニキビとかいらん(◞‸◟;)~~
     

    ニキビも悩みのタネですよね。

  • まずは自分の肌タイプを知ろう

  • 改善の第一歩!まずは自分の肌質をチェックしよう

  • 普通肌
    「普通肌」は全体的にしっとりした質感があって、べたつきも気にならない健康的なお肌と言える肌質タイプです。
    出典 :肌質改善で肌質を変える方法
     

    これがまさに理想のお肌ですね。

  • 乾燥肌
    「乾燥肌」は全体的にカサカサした感じがあって、つっぱる感じがある肌質なのが特徴です。
    出典 :肌質改善で肌質を変える方法
     

    冬はさらにつらくなる乾燥肌です。

  • 脂性肌
    「脂性肌」はお顔全体的にテカテカしている肌質です。べたつき感が特に気になります。
    出典 :肌質改善で肌質を変える方法
     

    脂性肌だとニキビもできやすくなりますよね。

  • 混合肌
    「混合肌」はTゾーンはべたつき感が気になるのに、目元や口元他の部分はかさつきが気になるような肌質です。お肌の状態が、部分的に違うのが特徴です。
    出典 :肌質改善で肌質を変える方法
     

    ベタつくのに乾燥してる…。
    一番やっかいなお肌です。

  • 肌質改善の共通点は体質改善!

  • その具体的な方法とは?

  • 体質改善をするにあたって、もっとも重要なのが食生活の見直しです。バランスよく食べているように思えても、個人や家庭によって、食材には偏りが出てしまう場合があります。気をつかっている方ほど、その偏りには気付きにくいので、無意識のうちに、少しずつ身体の機能を弱めているパターンがあります。
    出典 :体質改善で、強い肌を手にいれる | スキンケア大学
     

    体質改善には食生活の見直しが一番なんですね。

  • 肌質改善したいなら食生活を見直すべし!

  • 体質改善に良い食べ物&栄養素とは?

  • まずは乾燥肌の人から

  • ・ビタミンA
    新陳代謝を良くしてターンオーバー(肌の再生)を促進。
    →うなぎ・卵黄・緑黄色野菜
    ・ビタミンB
    乾燥肌を始めとして、いろいろな肌トラブルに有効。
    →豚肉・豆類
    ・ビタミンC
    肌の「ハリ」を作るコラーゲンを生成。
    →果物・野菜
    ・ビタミンE
    血行が改善されるので冷えが原因の乾燥肌に有効。
    →大豆・玄米・アボカド
    出典 :乾燥肌の体質改善|食べ物と栄養素
     

    乾燥肌の人はこれらを摂って体質改善しましょう。

  • 脂性肌の人の食生活は?

  • 1.ビタミンB2

    働き : 脂性肌の大敵、脂質・糖質などの代謝を促進し、皮膚に新陳代謝を活性化させます。

    多く含む食品 : レバー(豚・鳥・牛)、うなぎ、うずらの卵、サバ等

    2.ビタミンB6

    働き : 皮脂の分泌を抑制、肌の免疫力を高める

    多く含む食品 : にんにく、まぐろ、牛肉、カツオ、いわし、サケ、さんま、アジ等

    3.ビタミンC

    働き : 肌の潤いを保ち、皮脂の過剰な分泌を抑制する。

    多く含む食品 : ピーマン、パセリ、ケール、レモン、にがうり、柿、キウイフルーツ等
    出典 :食生活を見直せば脂性肌は改善できます | 原因と改善方法-脂性肌・オイリー肌 | 脂性肌改善!オイリー肌を治す方法やファンデーションなどを紹介
     

    とくにレバーは積極的に摂りたい食材ですね。

  • 砂糖を使った甘いお菓子、脂っこい食べ物、酒類などは皮脂量を増やします。加工食品は、肌を健やかにする亜鉛の吸収を阻害する場合があります。これらは肝臓への負担もかかる傾向があるので摂り過ぎないようにしましょう。
    出典 :脂性(オイリー肌)を治すための食事:脂性肌(オイリー肌)の治療と対策
     

    脂性肌の人はこんな食べ物に注意です!