色のパワーで毎日の生活を快適に!カラーコーディネートをしよう

色にはそれぞれの健康に影響を及ぼす効果があるのです。上手にカラーコーディネートすることで、毎日を快適に過ごしましょう。

view453

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 色は凄い力を持っている!

  • 色は『光線医療』というものの存在からわかるように、精神面に与える影響以外にも、人の身体面にも影響を与えます。
    出典 :色で健康になる
     

    それぞれ、色には色んな意味合いや効果があります。

  • 色が持つ効果とは

  • 赤には男女問わず性腺の分泌を促進させる力があります。昔から赤いふんどしや腹巻は生殖器の発達をよくする力があるといわれてきました。
    出典 :健康と色彩 | カラーコーディネーターに聞く色の活用術
     

    赤色は火の色です。それだけに緊張感を保ったりという時に効果的。重要な用事がある時はさりげなく赤色を見ましょう。

  • 青は色彩学的にいうと寒色であり沈静色ですから熱を下げるてくれる色です。高血圧、水ぶくれ、風疹、インフルエンザ、不眠症にも効果的です。実際にこれらの病気の薬の色には青が使われています。
    出典 :健康と色彩 | カラーコーディネーターに聞く色の活用術
     

    不眠で悩んでいる人は、寝室や寝具に青色を置くと安眠出来るかも。

  • 緑は頭痛をやわらげたり、胸やけを抑えたりする力があります。また、草原や深緑をイメージさせるので、目に休息を与えてくれる色でもあります。植物が太陽を十分に浴び、水分や栄養を蓄え、生き生きと育っている状態の色は緑です。それだけに、鮮やかすぎると敏感な人には下痢をおこさせるほどなので注意が必要です。
    出典 :健康と色彩 | カラーコーディネーターに聞く色の活用術
     

    緑には落ち着きを与えてくれる効果があります。リラックスしたいリビングに観葉植物などを置くことで効果を発揮。

  • 橙、黄

  • 消化を助ける効果があります。胃腸の調子が悪いとき(便秘にも有効)に是非。
    出典 :色で健康になる
     

    食欲がわかない時は、黄色やオレンジのランチョンマットを敷くと効果があります。